気づいてくれたのは君だけだから。

CAST近藤 藍月近藤 藍月

作者:はむはむ

新二コラ学園恋物語新二コラ学園恋物語2021.10.20

こんにちは。
私は近藤あき。





ニコラ学園の中等部に通う
オタク女子です。





今の世間で言うと
いわゆる陰キャです。





ですが、そんな私にも
好きな人はいます。





(もちろんリアルです!)





あれは3カ月前の話・・・













・*。・ 3ヵ月前 ・。*・





「よし、完璧!」





私は生まれてはじめて
“メイク”というものをした。





うっすらだか、
私にとっては
大満足だった。





ガラガラ・・・





あき「おはようございます」





クラスメイト「あ・・・
おはよう・・・」





(やっぱり誰も
気づいてくれないんだ・・・)





レン「・・・」













・*。・ 放課後 ・。*・





レン「あのさ、
なんか今日
メイクしてない!?
スゲー可愛いよ!」





あき「あ、えと・・・
ありがとうございます・・・」





レン「あっ! 近藤!
俺に勉強教えてくんね?」





あき「・・・は、い」













・*。・ 話は戻って現在 ・。*・





これが私と私の好きな人、
レンの出会いの物語である。





勉強会は、週2回。





月曜日と金曜日の2日だ。





今日は水曜日。





あ~早く金曜日に
ならないかな~





そんなことを考えてると
あっという間に
金曜日になった。





レン「あき、やろうぜ~」





あき「分かりました」













・*。・ 30分後 ・。*・





レン「あきっ!
俺の問題
解いてくれないか?」





あき「いいですけど、」





レン「じゃあ、問題!
俺の好きな人は
誰でしょう?」





あき「えと~わ、
わ、かりません、、、」





レン「う~ん、
じゃあヒント!
俺の好きな人は
実はすごく可愛くて
すごく優しい!」





あき「ん~?
佐藤さんとか?」





レン「ブッブー!
ヒント2!
その人とは3ヵ月前に
出会いました!」





あき「え、3ヵ月前・・・?」





レン「うん、
もう分かったよね!
俺の好きな人はあき。
君だよ」





レン「あき、俺、あの3ヵ月で
あきのいいところいっぱいしって、
あきのこと大好きになりました!
俺と付き合ってください!」





あき「・・・!
私もこの3ヵ月で
レン君のこと
大好きになりました!
よろしくお願いします!」





私は生まれてはじめてやった
メイクに気づいてくれた
君のおかげで
今最高に幸せです!





本当にありがとう!







*END*♪

Like

この物語に投票する

近藤 藍月が主人公の物語が主人公の物語

NEWS!NEWS!

nicola TVnicola TV

物語募集

「ニコラ学園恋物語」では、ニコ読の
みんなが書いたニコモを主⼈公にした
オリジナルラブストーリーを⼤募集中!

応募する

主人公別 BACK NUMBER主人公別 BACK NUMBER

  • nicola TV
  • 新二コラ恋物語 恋愛小説を大募集!