本当の恋

CAST野崎 奈菜野崎 奈菜

作者:パンダマン

新二コラ学園恋物語新二コラ学園恋物語2019.11.17

私、野崎ナナ!
中2です!





アム「あー、やっぱ
カッコいいなぁ!」





ナナ「あの人、
感じ悪いよ。
なんでみんな
顔で決めるの?」





アム「ナナには
わかんないよね。
レンは、イケメンで
優しくて。
クラス、いや・・・
学校1なんだから!」





ナナ「ふーん」





アムは同じクラスの
佐藤レンが好きなんだって。
ほんとは性格悪いのに。





白井先生「席について!
今日は転校生が来たよ!」





ざわざわ。





オオゾラ「転校してきた
懸樋です・・・」





白井先生「ありがとう。
懸樋オオゾラ君です。
仲良くしてあげてください」













*。・ 休み時間 ・。*





アム「あー、期待しちゃった。
全然イケメンじゃなかった!」





ナナ「何言ってるの」





白井先生「野崎。
ノート理科室まで
運んどいて!」





ナナ「はい」













*。・ 廊下 ・。*





ナナ「重いよー!
白井先生!」





オオゾラ「大丈夫?
持つよ」





ナナ「懸樋くん?
ありがとう!」





オオゾラ「お礼なんて
言わないで。
俺、ひまだし」





ナナ「私、野崎ナナです」





オオゾラ「よろしくね」





この日をさかいに、
私とオオゾラ君は
仲良くなった。





カラオケ行ったり、
カフェしたり。





ついには
遊園地まできた。





アムがよく言ってる
デート?





オオゾラ「あー。疲れた、
休憩しよう」





ナナ「うん。
あ、なんでさ、
始業式の日、
何か静かっていうか
今とは全然違って
何かやる気ない
みたいだったの?」





オオゾラ「やる気ない?
ゴメン。もう帰る」





ナナ「え?
聞かない方が
良かった?」













*。・ 次の日 ・。*





アム「やっぱレンに会うと、
ドキドキするな」





ナナ「ドキドキ?」





アム「もしかして、
ナナも?」





ナナ「考えるだけで
何かドキドキして
ワクワクして」





アム「それって、
恋だよ。
誰のこと?」





ナナ「オオゾラ。
でも、来てない。
私のせいかも。
ちょっと言ったら
ダメなこと
言っちゃったの」





レン「ゴメン。
聞こえちゃった、
ナナ!
オオゾラのこと
好きなんだって?」





ナナ「え?」





レン「あの、俺と
正反対のオオゾラを?」





アム「ナナ!」





レン「あー、俺のこと
愛してくれてサンキュー、
アム!」





アム「何言ってるの!
ナナは本当の・・・
本当の恋をしてるの!
私とは違って性格とか
ちゃんとわかって、
イケメンとかどうでもいいの!」





レン「俺はイケメンだよ!」





アム「だから、
イケメンじゃなくてもいい。
優しさが大切なの。
ナナはそれをわかってるの!」





ナナ「アム!」





アム「ナナ!
早くオオゾラの家に
行って!」





ナナ「うん。
ありがとう!」













*。・ オオゾラの家 ・。*





ナナ「オオゾラゴメン。
あんなこと言って」





オオゾラ「悪かったのは
俺なんだ。
俺のこと認めて
なかったのかと思って」





ナナ「それで、
今大変なの!
学校に来て!」













*。・ 学校 ・。*





オオゾラ「レン!
ナナによくも言ったな!」





レン「このイケメンで
カッコいい
俺と戦う気か?」





オオゾラ「ナナを
守りたいんだ!」





レン「まぁいいさ。
俺のこと好きな人!」





しーん





レン「なんだと?」





アム「あんな奴なんか
好きな人はいないよ!」





ナナ「私はオオゾラのことが好き!」





アム「これで、
オオゾラの勝ち!」





オオゾラ「俺も、
ナナのこと好き。
これからもよろしくね!」





ナナ「うん」







*end*

Like

この物語に投票する

野崎 奈菜が主人公の物語が主人公の物語

NEWS!NEWS!

nicola TVnicola TV

物語募集

「ニコラ学園恋物語」では、ニコ読の
みんなが書いたニコモを主⼈公にした
オリジナルラブストーリーを⼤募集中!

応募する

主人公別 BACK NUMBER主人公別 BACK NUMBER

  • nicola TV
  • 新二コラ恋物語 恋愛小説を大募集!