私だよ? 覚えて、ないの?

CAST北川 花音北川 花音

作者:パンダマン

新二コラ学園恋物語新二コラ学園恋物語2020.01.15






*。・ 始業式 ・。*





「北川カノンです。
よろしくお願いします」





今日、ニコラ学園に
転校した。





北川カノン。中2。





平凡な中学生です。





「北川さん、あそこ」





「はい」





ってえーーー!!!





そこには、
私の初恋の相手、
佐藤レンがいた!





レン、
私の幼なじみだった。





レンはいつも
私を守ってくれた。





モテモテのレンが
幼なじみなんて
嬉しかった。





でも、私は
転校することになった。





小学生だったから、
スマホ持ってなくて
連絡もできなかった・・・













*。・ 放課後 ・。*





カノン「レン!!
久しぶり!!
覚えてる?」





レン「誰? おまえ」





カノン「えっ? 私だよ?
覚えて、ないの?」





レン「知らねぇよ。
そんな普通の女子なんか」





えっ? レン?
変わっちゃったよ。





声も態度も性格も。





あの頃には
戻れないの?





優しかったレン。





もうあのレンには
会えないの?













*。・ 次の日 ・。*





メアリ「ちょっと
来てくれる?」





カノン「はい!」





メアリ「昨日、レン君と
話してた?」





カノン「はい」





メアリ「やめてくれない?
あなた関係ないでしょ?」





カノン「でも、私の・・・」





メアリ「とにかく!!
やめてね?」





もうダメだ。





レンとはずっとずっと
遠い存在になるのかなぁ。













*。・ 登校 ・。*





あっ!
私はこけた。





レン「ダッセー!
何もないところで
転ぶのかよ」





カノン「すみません!!」





(走って逃げる)





は? 私
何言ってんだ。





レン「カノン?」





やっと会えたと
思ったのに。





レンは前とは違う。





私のことなんて
どうでもいいのかな。













*。・ 学校 ・。*





メアリ「カノンちゃん?
言ったよね。
忘れちゃった?」





カノン「何が・・・」





メアリ「レン君とは
話しちゃダメって
言ったよね?」





カノン「あっっ!」





レン「何があったんだ?」





カノン「レン!!」





メアリ「えっとね、
カノンちゃんが
私に悪口言ってきて・・・」





カノン「え?
言ってないよ?」





メアリ「嘘つき!!
もう行く!」





レン「何なのあいつ」





カノン「レン?」





レン、私を
守ってくれた?





レン?













*。・ 次の日 ・。*





私は風邪で
学校を休んだ。





ピンポーン





カノン「は、はい」





レン「カノン!
大丈夫か?」





カノン「なんでレンが?」





レン「は?
幼なじみだっただろ?」





カノン「え?
じゃあ、なんで
私を覚えてないって」





レン「ごめん!
俺、カノンが好きだった。
だから会えたとき、
嬉しくて冷たくなって・・・
ごめん」





カノン「レン!!
ありがとう! レン!!
会えて嬉しいよ~!」





レン「俺もだよ!」







*end*

Like

この物語に投票する

北川 花音が主人公の物語が主人公の物語

NEWS!NEWS!

nicola TVnicola TV

物語募集

「ニコラ学園恋物語」では、ニコ読の
みんなが書いたニコモを主⼈公にした
オリジナルラブストーリーを⼤募集中!

応募する

主人公別 BACK NUMBER主人公別 BACK NUMBER

  • nicola TV
  • 新二コラ恋物語 恋愛小説を大募集!