私の最高の王子様

CAST野崎 奈菜野崎 奈菜

作者:Pink

新二コラ学園恋物語新二コラ学園恋物語2019.08.31

私は中学2年生の
野崎奈菜。





「お嬢さま」として、
生まれ育ってきた。





中学校は無理言って、
普通の男女共学学校に
入学させてもらった。





だが、高校は女子だけの
超有名学校に
行かないといけない。
という決まりがあります。





だから・・・
今のうちに
恋愛を楽しまなきゃ!





メ「奈菜ちゃん!
おはよう」





ナ「おはよう!」





この子は
林めありちゃん。
同じ「お嬢様」である。





そして、超モテる。





メ「奈菜ちゃん、
高校は女学校よね?」





ナ「うん。
だから、今のうちに
恋愛を楽しまなきゃ! って
思ってる(笑)」





メ「私もその高校行かなきゃだから、
奈菜ちゃんも一緒で嬉しいっ!
恋愛か・・・
奈菜ちゃんは
モテるからいいな~」













*。・ 放課後 ・。*





ユ「奈菜! 帰るぞっ」





この人は小原ゆいと。
家が隣同士で、幼馴染。
で、好きな人。





ナ「待ってー」





ナ「ごめん。
遅くなって!」





ユ「許さない」





いつもこんな感じです。





ナ「許さないで結構です。
あ~あ。ゆいとが
私の初代王子様かな! って
思ってたのに」





ユ「何それ?(笑)」





ナ「なんで笑うの?
私は高校ゆいとと
同じところに
行けないんだよ?」





何言ってるんだろ・・・





ユ「ごめん」





ナ「許さない」





私の王子様は
ゆいとだけだったのに・・・





メ「奈菜ちゃんとゆいと君ー!!」





めありちゃんが
走ってきた。





最悪・・・
めありちゃんは、
ゆいとが好き。





メ「ハァ・・・ハァ・・・
私も一緒に帰っていい?」





もう来たんだから、
ダメとは言えないし。





ナ「い、いいよ!」





ユ「・・・」





メ「2人で帰ってたのに、
ごめん。
本当2人って
お似合いだよね~」





ユ「ありがと」





え?
「ありがと」って。





あっ・・・
メアリちゃんが
固まってる。





メ「ゆ、ゆいと君は
好きな人いるの?」





ユ「いる。誰だと思う?」





完全に私、
はぶかれてる・・・





メ「んー。
な、ななちゃん・・・
じゃないよ・・・ねー(笑)」





ユ「その、『じゃないよねー』
って人が俺の好きな人」





メ「え? 奈菜ちゃん・・・?
私も好きだったのに!
ゆいと君のこと。
この私が好きになってあげたんだから、
ありがたく思えー」





メアリちゃんは
走って帰っていった。





ナ「ねぇ? あれ本当?」





ユ「本当。
・・・俺のお姫様に
なってくれませんか?」





ナ「よろしく! 王子様」





ユ「今日俺の家来なよ?」





ナ「待って。その前に、
両親に伝えなきゃ。
私と結婚してくれるんでしょ?」





ユ「はい。お姫様。
幸せにします」





ナ「私は良い王子様を
連れてきたって
自慢しないと!」





ユ「俺も世界一かわいい
お姫様もらったよ!」





私たちはハグをした。







~end~

Like

この物語に投票する

野崎 奈菜が主人公の物語が主人公の物語

NEWS!NEWS!

nicola TVnicola TV

物語募集

「新ニコラ学園恋物語」では、ニコ読の
みんなが書いたニコモを主⼈公にした
オリジナルラブストーリーを⼤募集中!

応募する

主人公別 BACK NUMBER主人公別 BACK NUMBER

  • nicola TV
  • 新二コラ恋物語 恋愛小説を大募集!