夢の実現

CAST野崎 奈菜野崎 奈菜

作者:ゆっかーラブ

新二コラ学園恋物語新二コラ学園恋物語2020.06.28






こんにちは。
私、野崎ナナ。
ニコラ学園中等部に通う
中学3年生。





私の学校は
中高一貫校だから
大学受験を目標に
コツコツ努力しています。





ナナ「あった、あった」





私は今、新しい参考書を
買いに来ている。





『ニコラ大学医学部』





手に取った
参考書の名前。





そう、
医学部志望なんだ。





私の家族は代々
医者の家だから、
将来の夢はもちろん医者。





??「え、お前って
医学部志望なの?」





この声は学級委員の
大倉タカト!
医学部志望ってばれた・・・





タカト「俺も医学部志望なんだ」





ナナ「え?」





彼が持っている本をみると
私と同じ本の名前だった。





ナナ「タカトくんも
医者になりたいの?」





タカト「そうだ、
小児科の医者になりたくて」





ナナ「ホント?
私もだよ!」





タカト「オー、そうか。
一緒に頑張ろうぜ!」





ナナ「うん!」





なんだろ、タカト君と
一緒にいると楽しい。













*。・ 次の日 ・。*





カノン「ナナ、おはよ!」





この子は北川カノン。
私の大親友。
彼女の将来の夢は弁護士だ。





ナナ「カノン、おはよ!
聞いてよ~」





カノンに昨日の出来事を
話した。





タカトくんと
一緒にいると
楽しく感じることも。





カノン「それ、恋だよ!
ナナおめでとう!」





ナナ「しっ!
声大きいよ」





カノン「ごめん、ごめん」





タカト「北川、野崎
おはよう」





カノン「おはよう!」





ナナ「おはよう!」





タカト「野崎、
昨日の参考書見たか?
分からないところあって」





カノン「おっと、
私はお邪魔かな!
私は自分の席に戻ろ」





もー、カノンったら・・・





ナナ「少し読んでみたよ。
どこ解けるかわからないけど
試しに見せて?」





タカト「5ページの
これなんだけど・・・」





ナナ「あ、これ。
私も苦労してて
解けてないんだよね!
こめん・・・」





タカト「全然いいよ。
じゃあこうしようぜ!
放課後に一緒に解こう!」





ナナ「2人で?」





タカト「うん、このクラス
医学部志望
お前しかいないぽくて」





マジカ、
恋した瞬間に2人きり、





でもこれは
チャンスなのかな。





ナナ「いいよ、頑張ろう!」





タカト「おう、
じゃあ4時からな」





ナナ「オーケー!」













*。・ 4時 ・。*





タカト「やっぱ、難しい・・・」





ナナ「先生に聞きに行く?」





タカト「いや、
もう少し頑張る」





ナナ「そうか!
じゃあ、私も!」













*。・ 30分後 ・。*





タカト「解けたぜ!
スカッとした」





ナナ「ちょうど私も解けた!」





放送「最終下校時刻になりました。
残っている生徒は
帰りましょう・・・」





ナナ「もうこんな時間?
帰らなと」





タカト「あ!
家まで送ってくよ。
悪いね、
付きあわせちゃって」





うそー!
勉強会のあと、
2人で下校?





ナナ「悪いよ、タカトくん、
家遠いじゃん」





タカト「気にするなって、
早くしないと
置いてくぞ~」





ナナ「待って!」





この出来事をはじめ、
タカト君とは一緒に
勉強することが多くなり、
仲良くなっていった・・・













*。・ 3年後 ・。*





うわー。
明日、医学部受験・・・





早いし、
あっという間だったな。





スマホ「ピコン」





ナナ「あ、タカトからラインだ」





タカト《ナナ!
いよいよ明日だな!
頑張ろうぜ!》





ナナ《うん、タカトこそ!》





タカト《うん、もう
明日に向けて寝るわ。
おやすみ》





ナナ《私も寝よ。
おやすみ~》













*。・ 次の日 ・。*





「ニコラ大学医学部受験会場」





ナナ「よし、行くぞ」





私は門に1歩
足を踏み入れた。





ナナ「あった、私の席。
タカトいるかな」





1番前の席にいて
私はあんしんした。





ナナ「今、声掛けるのやめとこう」













*。・ 30分後 ・。*





放送「いまから開始します・・・
はじめ」





よし、
絶対合格するぞ!





私たちは無事に
受験を終えた。





タカト「ナナ、お疲れ。
どうだった?
俺は手ごたえあった」





ナナ「私も!」





タカト「合格発表は
不安だけどな~」





ナナ「さすがに発表は
私も不安・・・」





合格してますように!













*。・ 1週間後 ・。*





タカト「ついに来たな」





ナナ「うん」





今日は合格発表の日。
心臓が飛びでそう・・・





タカト「あ、貼られ始めた」





ペタリ・・・





私の番号は30、
タカトは25・・・





20、22、23、25、
26、28、30





タカト「あった・・・
オレのもナナのも」





ナナ「やった!
嬉しすぎ・・・」





私はうれし泣きした。





タカト「おれ、受かったら、
ナナに言いたいことが
あったんだけど」





ナナ「なに?」





タカト「おれと・・・
付き合って下さい!」





うそでしょ・・・
こんなに嬉しい
連続ある?





ナナ「はいっ!
よろしくお願いします!」





こうしてタカトと私は
医学部生になった。













*。・ 6年後 ・。*





看護師「野崎先生!
大倉先生!
急変です!」





タカト「わかりました!
すぐ行きます!」





ナナ「行こう、急がないと」





試験に無事合格した私は
小児科医として働いている。





彼氏のタカトと一緒に・・・







*end*

Like

この物語に投票する

野崎 奈菜が主人公の物語が主人公の物語

NEWS!NEWS!

nicola TVnicola TV

物語募集

「ニコラ学園恋物語」では、ニコ読の
みんなが書いたニコモを主⼈公にした
オリジナルラブストーリーを⼤募集中!

応募する

主人公別 BACK NUMBER主人公別 BACK NUMBER

  • nicola TV
  • 新二コラ恋物語 恋愛小説を大募集!