クリスマスの奇跡

CAST宮本 和奏宮本 和奏

作者:ほの

新二コラ学園恋物語新二コラ学園恋物語2022.12.24

クリスマス。
駅前のツリーはカップルで
にぎわっていた。





私は1人、
静かにツリーを見上げた。





2年前の今日、この場所で、
私、宮本ワカナは
たくさんの勇気を振り絞って
リュウノスケくんに告白した。





「俺も、好きだった」





そして、
私達は付き合い始めた。





みんなからも
羨ましがられるほど
ラブラブだった。





でも、そんな幸せな日々は
唐突に終わりを告げた。













*・.*・.*・.*・.*・.*・.*・.*





1年前の今日。





クリスマスデートで
このツリーを見た帰り
リュウノスケくんは亡くなった。





信号無視の車から
私を守ろうとして・・・。





リュウノスケくんが
着ていたコートから
私宛の手紙が出てきた。





=============
ワカナへ

メリークリスマス!!
これからもよろしく
ずっと愛してる

リュウノスケより
=============





という手紙と
リングが入っていた。





涙が止まらなかった。







それから1年が過ぎた。





リュウノスケのことを
忘れた日なんて
1度もなかった。





不意に涙が
こぼれそうになって
この場から
立ち去ろうとした時だった。





人にぶつかり、かばんを
落としてしまった。





中から
リュウノスケくんから
もらったリングが
転がって行ってしまった。





「待って!」





そう叫んだが、
リングは人ごみの中に
消えてしまった。





とにかく探さなきゃ!





急いでかばんを拾い上げ、
リングが転がって行った方へ急いだ。





でも、人ごみの中で
小さなリングを探すのは
至難の業だった。





どうしよう・・・





涙が頬をつたった。





その時。





「探しているのは、これ?」





と、手が差し出された。





その上には
リングがあった。





「はい!
ありがとうございま・・・!」





そう言いながら
顔を上げて驚愕した。





そこにいたのは
リュウノスケくんだったのだ!





「え!?」





動揺している私に
リュウノスケくんは、





「クリスマスプレゼント」





と言って優しく笑った。





溢れる涙を
抑えられなかった。





「泣くなって!
ほら、送ってくから」





そう言って
私の手を握った。







帰り道はたくさん話した。





話しても話しても
話は尽きなかった。





久しぶりに笑った。





そうこうしているうちに
私の家についた。





「もう帰らなきゃ。
早くしないと
天への道が
消えてしまうんだ。
じゃあな」





微笑みながらそう言って、
リュウノスケくんは
背を向けた。





「待って!
行かないで!
お願い!
待って・・・・・」





目が覚めると
私は自分の部屋にいた。





夢だったのか・・・。







がっかりしていると枕元に
手紙があることに気付いた。





開けてみると、そこには
リュウノスケくんからの
手紙が入っていた。





=======================
ワカナへ

今日、俺がワカナに会いに来たのは
ワカナに笑って欲しかったからだ。
俺はワカナの笑顔が好きだ。
でも、1年前のあの時から
全然笑わなくなってしまった。

あの出来事で俺は全てを奪われた。悔しい。
けどな、後悔はない。ワカナを守れたから。
だから、ワカナには俺の分まで
笑って生きて欲しい。
離れていてもずっと愛してるから。
大丈夫。ずっと見守っているから。

リュウノスケより
=======================





ありがとう、
リュウノスケくん。
私、頑張るからね!





私は涙を拭き、
笑顔で呟いた。





「ありがとう。大好きだよ」





リュウノスケくん、
聞いてくれたよね・・・。







☆end☆
*ニコ学名作リバイバル*
この作品は過去に投稿された作品をアレンジしたものです。

Like

この物語に投票する

宮本 和奏が主人公の物語が主人公の物語

NEWS!NEWS!

nicola TVnicola TV

物語募集

「ニコラ学園恋物語」では、ニコ読の
みんなが書いたニコモを主⼈公にした
オリジナルラブストーリーを⼤募集中!

応募する

主人公別 BACK NUMBER主人公別 BACK NUMBER

  • nicola TV
  • 新二コラ恋物語 恋愛小説を大募集!