秋色リップ ~ベージュピンクの恋~

CAST宮本 和奏宮本 和奏

作者:ラブリー

新二コラ学園恋物語新二コラ学園恋物語2022.11.04

私の名前は、
宮本わかな。





学校では
地味なJK演じてる。





学校以外では?





それはね・・・





有名雑誌ニコラの
モデルとして
がんばってる!!





なぜ学校で、地味子
演じてるのかって?





それは・・・





もしモデルってことが
学校中にバレたら・・・





「なんでアイツが?」とか
「ムリムリ~
どんな雑誌だよww」とか、
言われてしまうかもしれないじゃん!!!





でも、そんな私にも
好きな人が・・・





それは、同クラの
南るわ君!!





みんなから人気だし、
超かっこいい☆





私には、とても無理!!





そう思うでしょ?





それがね・・・
南君も違う雑誌のモデルで
実は何度か会って、話したり、
あそんだりしたことあるんだあ~。





もちろん私のことも知ってて、
ないしょにしてもらってる。













* ‐‐‐ * ‐‐‐ *





そんなある日。





私に悲劇が
おこってしまう。





いつも通り学校で
お昼休みをすごしていると・・・





同クラのるきちゃんが





「わかなちゃんって
メガネとかはずしたら、
ニコラのモデルに
うり二つみたい!!
同姓同名だし!!!」





と言った。





もちろん否定したが
しんじてくれない。





どんどん広がって、ついに
「メガネはずしてくれない?」
と、クラスの人や
他クラの人にまで言われ、
はずしてしまい
バレてしまった。





当然みんなおどろき、
だんだんとあの言葉が・・・





「どうしてあの子?」
「なんかがっかり」





と言われ、
逃げ出してしまい、
次の日、
私は学校を休んだ。





なのに、
家のチャイムがなった。





親もいなかったので
ドアをあけると、
そこには、南君がいた。





「なんで、
るわくんがいるの?!
昨日のこと聞いた?」





「聞いたからきたんだよ!!
あのなあ、
あんま気にするなよ!!
ほら、これ塗って
明日、本当のお前でこい!!」





と、帰ってった。





袋をあけると、
プリントにまぎれて
細長い、きらっと光るものが。





それは、リップだ。





けっして目立ちすぎない
ベージュピンクの。





どん底で落ち込んでた
私の勇気がわいてくる!!





私は、モデルなんだ!!
見返してやるぞ!





と次の日、
明日にそなえた。











* ‐‐‐ * ‐‐‐ *





当日私は、ゆる巻きポニテに
いつもの美白テクして、
きっちりだった制服も
ゆるくして、
もちろんくちびるには、
あのリップ!





おそるおそる
教室へ行くと・・・





「え、あれわかなさん??
ありえない!!
ちょーかわいい!!
やっぱモデルだったんだ!!」





と言われ、ルワは
私を見てグッとポーズ。





最後に私は、
るわを放課後よんだ。





るわは、
なんて言われるか
しってた。





なんて言ったって?
それはね・・・





「ずっとずっと
好きなんだよ」って///





返事は?





るわはね・・・





「お前のこときらいなら
リップは絶対あげないよ!!」





だって/////







*The End*

Like

この物語に投票する

宮本 和奏が主人公の物語が主人公の物語

NEWS!NEWS!

nicola TVnicola TV

物語募集

「ニコラ学園恋物語」では、ニコ読の
みんなが書いたニコモを主⼈公にした
オリジナルラブストーリーを⼤募集中!

応募する

主人公別 BACK NUMBER主人公別 BACK NUMBER

  • nicola TV
  • 新二コラ恋物語 恋愛小説を大募集!