先輩と私

CAST吉岡 優奈吉岡 優奈

作者:たぴおかみるくてぃー

新二コラ学園恋物語新二コラ学園恋物語2022.11.03

「いやー、にしても
君ほんとに可愛いね」





「俺たちと遊ぼーよ」





ニヤニヤしてて
気持ち悪い・・・





私は絶賛ピンチ中です・・・!













* * * *





皆さんこんにちは。
私は吉岡ユナ。
中学2年生です。





今日はバレンタイン!





どうしてもチョコを
渡したい人がいるので、
ニコラ学園の高等部に
来ています。





龍之介っていうんだ!
私の彼氏なの!





あ、先輩いた!





そう思って
近寄ろうとしたんだけど。





その周りには
女の子がいっぱい。





「龍之介くーん、
チョコ受け取って~/////」





「私のもどうぞっ!」





もらわないで・・・っ!





そんな私の願いが
伝わったのかは
わからないけど。





「ごめんね。
俺、彼女いるから、
その子以外からは
もらいたくないんだ」





「「「「きゃあぁぁぁぁぁーっ!」」」」





絶叫が響き渡り、
先輩が質問攻めにあってる。





先輩出てくるまで
待ってよっ!





「ねぇ、君中学生?
中等部にこんな可愛い子
いるなんて
知らなかったー」





「ね、ね、
誰か待ってんの?
俺たちが一緒に
探してあげようか、
なオオゾラっ!」





誰だろう・・・





「あ、もしかして君も
龍之介狙い?
龍之介なら多分こないって。
てか、さっき彼女いる
発言してたし、
中学生になんて興味ないってw」





私、龍之介先輩の
彼女だもんっ!





「いやー、にしても
君ほんとに可愛いね」





「俺たちと遊ぼーよ」





ニヤニヤしてて
気持ち悪い・・・





男の人が
手を伸ばしてきて、
思わず逃げる。





「逃げんなって」





「いやっ」





触らないで・・・





「助けて・・・
龍之介先輩・・・」





「龍之介なんて
助けに来るわけないでしょーw」





「ん?
俺が助けに来ないって
言ったの?」





あ、





「龍之介、せんぱ・・・」





「は?
お前マジでこの子と
つるんでんの?
さっき彼女いるって
言ってたじゃーんw」





「え、浮気っ!?
龍之介硬派だと
思ってたのにー・・・w」





やめて・・・





「え?
オオゾラとヨシト、
何言ってんの?」





「「は?」」





「ユナちゃんが
俺の彼女だけど・・・」





「は!? まじかよっ!
おい、ヨシト逃げるぞっ」





「お、おう!」





やっといなくなった・・・





安心した瞬間、
力が抜けた。





「ユナちゃん!
大丈夫!?
助けるの遅くなっちゃって
ごめんね?」





「だ、だいじょぶです・・・!」





「なんか俺に
用事あった・・・?」





あ、そうだった!





「龍之介先輩!
ハッピーバレンタインっ!」





そう言って準備してきた
チョコを渡す。





「うわっ、嬉しいな~。
ありがとう」





「これからもよろしく
おねがいします・・・!
先輩大好き・・・/////」





「ん、俺も好きだよ」





今年のバレンタインは
色々あったけど
最高の思い出です!







*END*

Like

この物語に投票する

吉岡 優奈が主人公の物語が主人公の物語

NEWS!NEWS!

nicola TVnicola TV

物語募集

「ニコラ学園恋物語」では、ニコ読の
みんなが書いたニコモを主⼈公にした
オリジナルラブストーリーを⼤募集中!

応募する

主人公別 BACK NUMBER主人公別 BACK NUMBER

  • nicola TV
  • 新二コラ恋物語 恋愛小説を大募集!