私のほっぺも紅色だから

CAST宮本 和奏宮本 和奏

作者:ジェルタイプ

新二コラ学園恋物語新二コラ学園恋物語2022.08.23

毎年行く自然公園は、
今年も綺麗な紅色に
染まっていた。





私はこの景色が好き。
何かが私を呼んでいるような、
そんな気がするから。





でも、その何かは
もう来ていたみたい。





レン「毎年、
来てますよね?
紅葉綺麗ですね」





ワカナ「え、
あ、はい・・・」





見たことは
何度もあった。
毎年来ていたから。





同い年位の男の子。





レン「あ、僕はレンって
言います。
レンでいいですよ!」





ワカナ「はい。
私はワカナって言います。
ここ、本当にお気に入りの
場所です!」





レン「僕、景色を撮るのが好きで
春夏秋冬よくここに来て
撮ってるんです。
確か、中1位からかな」





ワカナ「へぇ、すごい!
私はここに引越ししてすぐに
母と散歩で来たのがここで、
ちょうどこの時季くらいでした」





レン「思い出、あるんだ」





ワカナ「はい、
来年も来ると思います!」





レン「じゃ、約束だ。
来年も来てください。
ここにまた。
紅葉の季節に。
来年、いれば
ポートレートやってみたいです!」





ワカナ「じゃ、また。
いい写真を
撮ってくださいね!」





そして幼稚園以来の
指切りげんまんをした。













・*。・ 1年後 ・。*・





セナ「へぇ、ワカナ
今日も会いに行くの?」





ワカナ「うん」





セナ「でもワカナさ、
9月から今11月まで
毎日欠かさず
放課後から8時まで
ずっと行くじゃん。
恋してるだろー」





ワカナ「そ、そんなわけ・・・////
もう行くから!」





セナ「ふーん」





はあ、今日も来てない、か。





ワカナ「くしゅん!」





寒い・・・
もう今年は諦めよう。













・*。・ 2年後 ・。*・





今年もこれで
行くのも42回目か~。





もう来ないかな、
やっぱり。





多分大物になったんだ。
諦めよう。





レン「ワカナさんッ!
ワカナ!!」





ワカナ「え、レンくん?!」





レン「約束守れなくて
すみませんでした。
去年から僕
ヨーロッパに
勉強に行ってて・・・」





え、すごい人に
なったってこと?





でも今年だけは、





レン「ワカナさんに
会いたくて!
そのためだけに
日本にまた
帰ってきました!」





ワカナ「そんな、
私だけのために?」





レン「そこに
立っててください!
写真撮ります!」





パシャリ





レン「僕ワカナさんのことが
好きです!
これから遠距離に
なっちゃうけど
僕と付き合ってくれませんか?」





ワカナ「はい!
よろこんで!!」





レン「あれ、ワカナさん
ほっぺになにか塗ってます?
めっちゃ紅葉みたい」





ワカナ「いや、何も・・・」





レン「ワカナさんのほっぺの
真っ赤なのも
紅葉みたいで見頃ですね」





ワカナ「ちょっと!
バカにしないでよー////」





ちなみに、この写真は
大賞を見事に受賞したそうです。







*end*

Like

この物語に投票する

宮本 和奏が主人公の物語が主人公の物語

NEWS!NEWS!

nicola TVnicola TV

物語募集

「ニコラ学園恋物語」では、ニコ読の
みんなが書いたニコモを主⼈公にした
オリジナルラブストーリーを⼤募集中!

応募する

主人公別 BACK NUMBER主人公別 BACK NUMBER

  • nicola TV
  • 新二コラ恋物語 恋愛小説を大募集!