ありがとう! 恋をくれて!

CAST広瀬 まのか広瀬 まのか

作者:のんちゃん

新二コラ学園恋物語新二コラ学園恋物語2019.09.27

こんにちは!
私、広瀬まのかです。





ニコ女子校の高2。
女子校だから、
恋なんてことは
出来ないし。





ちょっとつまんないの。





でもね。
女子校のすぐ近くに
ニコ男子校があるの!





だから、
チャンスがないかなー?
って、待ってます!











*。・ ある日 ・。*





せな「まのか! おはよ!」





まのか「おはよ! せなー!」





この子は、
組橋せな!
仲良しなんだー!





さっきの話だけど、
もちろん男子校の人たちも
結構、周りで歩いてるのを
見かけるよ!





せな「まのか!
ごめん、忘れ物した!!」





まのか「分かった!
先行くね!」





あっ、雨が降ってきた。





ザー





傘ないのにー。
しかも、
まだ登校中だよー。





はぁー。
せな遅いなー。





バタン





いつの間にか、
倒れていた。





目を覚ますと、





まのか「うーん、
ここどこ?」





目の前には、
男の子がいた!





まのか「えっ! なんで!
なんで、男の子が!?」





かける「逆に言うけど、
なんで女の子がいるんだよ」





まのか「ここは?」





かける「男子校ですけど」





まのか「なっなんで!?」





かける「お前が、
男子校の前で
倒れてたからだよ!
それで俺が男子校の
保健室に運んだわけ!」





まのか「あぁ、そう。
ありがとう!」





かける「なんで、
倒れてたんだ?」





まのか「多分、
体調の問題かも」





私は、雨だと
体調をくずしやすい。





かける「お前、
広瀬っていうの?」





まのか「そうだよ!
あなたは、
雨宮って言うんだ!」





かける「広瀬?」





まのか「はいっ!」





かける「違うって!(笑)
下の名前!」





まのか「あっ!
あはは、
恥ずかしいー。
まのかだよ!
そちらは?」





かける「かける!
よろしくな!」





雨宮かけるかー、
結構良いやつかも!





先生「雨宮さん、
ありがとう!
広瀬さん、
女子校の先生には
連絡しました!
今から、むかえますか?」





まのか「はい!
ありがとうございました。
ご迷惑をお掛けして
すみませんでした!」





かける「ちゃんと、
良いやつだなー」





まのか「じゃあね!
かける!」





かける「あっえっ!
じゃあね! まのか」





先生「あらっ!
仲良くなるの早いわね」













*。・ 学校 ・。*





せな「まのかー!
心配したよ!
まさかの男子校に
いるなんて!」





まのか「ごめん、
心配かけて!」





はるか「ねぇねぇ!
まのか!
かっこいい人いた?」





まのか「倒れて、
運ばれたんだから
見てないよ!」





はるか「誰に、
運ばれたの?」





まのか「男子校の生徒」





はるか「キャー!
すごい!
いいなー!」





まのか「もう、
はるかは良いから!」





せな「まのか!
すごいね!」





まのか「もう、
せなまで」





でも、確かにかけるは
かっこよかった。





また、話したいなー。













*。・ 次の日 ・。*





まのか「せな! おはよ!」





せな「おはよ! まのか!
あっ! 忘れ物した!
先行っててー!」





まのか「えー!!
いきなり?(笑)」





せなにしては、
珍しい。





いつもなら、
後で気がつくのに。





かける「まのか!
よう!」





まのか「あっ!
かける!」





かける「すっかり
元気になって!
良かったな!」





まのか「うん!
ありがとね!
ほんとに!」





かける「良かった。
助けて」





・ ・ ・ ・ ・





せな「まのかが、
雨宮かける様と
うまくやってるの
知ってるもんね!」





はるか「せなの演技力
サイコー!」





それにしてもまのか、
羨ましいー!







・ ・ ・ ・ ・





まのか「かける、
今度映画行かない?」





かける「いいよ!」





かけると、LINEも
交換したよ。





それにしても、
最近せなは
忘れ物ばっかり。





いつもより多いし
おかしいなー。





はるかも、
いつもより
ニヤニヤしてるし。











*。・ LINE ・。*





まのか《かける!
明日楽しみー!》





かける《ごめん、
まのか急に用事が入って》





まのか《そっそっか、
分かった!》





ちょっと悲しかった。













*。・ 次の日 ・。*





せな「おはよー、
まのか!」





まのか「もう、
忘れ物しないで!」





せな「えっえっと、」





まのか「また忘れたの?」





せな「そっその、」





はるか「せな!
忘れ物したでしょー?」





まのか「なんで、
はるかがいるのよー!」





はるか「えっと、」





かける「まのか! 行こ!」





まのか「うん」





せな「まのか、ごめんね!」





はるか「まのかのためなの!」





かける「昨日はごめん、」





まのか「良いの、
好きな人が
出来たんでしょ?」





かける「えっ?
もちろん、出来たよ」





まのか「なら、バイバイ!」





かける「おい、待てよ!」





まのか「もう、良いのよ!」





かける「まのか!
好きだー!」





まのか「えっ? かける」





かける「はい!
これ!
お誕生日おめでとう!」





まのか「あっ、ありがとう!!」





かける「昨日、
買いにいっててさ」





まのか「うん!」





かける「せなと、
はるかに聞いて」





まのか「えっ!?」





かける「まのかの誕生日。
はるかが、
俺にLINE交換したいって
いってきて。







・その日・





はるか「雨宮様!
LINE交換しよ!
雨宮様が、好きです!」





かける「ごめん、
まのかを知ってるなら
交換しよ!」





かける「ってなって、
協力してもらったんだ」





かける「俺、まのかが
好きなんだ!」





はるか「わかった!
協力する!」





かける「せなには、
一緒に俺と行けるように
してもらったんだ」





まのか「そうなんだ!
せな! はるか!」





せな「まのか!
ごめん!」





はるか「私も」





まのか「こちらこそ、
ごめん!
でも、ありがとね!」





せな・はるか「ずっと友達だよ!」





まのか「うん、
それと! 雨宮!」





かける「はいっ!」





まのか「下の名前!」





かける「かけるだけど?」





まのか「かけるのまね!」





かける「! 好きです!」





かける「ありがとう!」







*end*

Like

この物語に投票する

広瀬 まのかが主人公の物語が主人公の物語

NEWS!NEWS!

nicola TVnicola TV

物語募集

「ニコラ学園恋物語」では、ニコ読の
みんなが書いたニコモを主⼈公にした
オリジナルラブストーリーを⼤募集中!

応募する

主人公別 BACK NUMBER主人公別 BACK NUMBER

  • nicola TV
  • 新二コラ恋物語 恋愛小説を大募集!