友達卒業 ~クリスマスのキセキ~

CAST田中 南田中 南

作者:華恋

新二コラ学園恋物語新二コラ学園恋物語2020.02.21






こんにちは!
私、田中ミナミ。
ニコラ中学校1年A組、
吹奏楽部所属なの。





私は今片思い中で、
その相手は
戸部コウショウくん。





同級生で、
すっごいイケメン。





だから、学年1
モテてるって言っても
過言じゃない。













*。・ 学校 ・。*





ミナミ「コウショウくん、
おはよう」





コウショウ「お、田中。
おはよう」





こんな何気ない
会話だけで、
ドキドキする。





こんなイケメンが、
私の彼氏だったら
いいのにな。





コウショウ「お前、
太田に呼ばれてたぞ。
ウワサがなんとかって」





ミナミ「シズクが?
教えてくれてありがと?」





シズクは私の大親友!
恋バナやウワサ話を
するのはもちろん、
いつも一緒にいるの。





シズク「ねぇねぇ、
ミナミはコウショウくん
狙ってるんでしょ?」





ミナミ「そ、そうだけど、、」





シズク「それなら
悪い知らせだよ。
コウショウくんって、
B組の宮本さんと
付き合ってるらしいんだって、
宮本さんいいなぁ、
美男美女カップル・・・」





宮本さんは、
学年のマドンナ。





とっても大人っぽくて、
可愛くて、
私達の憧れ雑誌、
nicoLove(ニコラブ)の
モデルをしているらしい。





そんな宮本さんが
コウショウくんの
彼氏らしいのだ。





ミナミ「そ、そうなんだ、、」





じっとコウショウくんを
見つめる。





信じられない。
コウショウくんに彼女?
いるわけがない。





私はシズクの話を
否定する。





コウショウ「おい、田中」





そこへ、
コウショウくんに
呼ばれる。





ミナミ「えっえ、
な、何??」





コウショウくんの話を
聞いたので、
気が動転する。





コウショウ「何だよ、
どうした?
で、吹部、
今日の練習ないってさ」





ミナミ「え?
吹部今日練習ないんだ、、
そういえば、
サッカー部もだよね?
練習ないの」





コウショウ「そうだけど、
それがどうかしたのかよ」





ミナミ「なんでもない、、」













*。・ 家 ・。*





ミナミ「クリスマスパーティに
男子、誰誘おうかな、、
コウショウ誘いたいな、、」





ガサッ、
ゴソゴソ、、





ミナミ「何っ!?」





クローゼットを開けると、
なんとそこには人が。





赤いワンピに
赤いポンポン帽子。





リミ「きゃっ、」





ミナミ「誰!? って、
サンタ??」





リミ「は、はい。
サンタの末裔のリミです。
日本の偵察に来たんですけど、
人にバレそうになって、、
お願いします!
誰にも言わないで下さい!!」





ミナミ「言わないよ」





リミ「んー、ミナミさん、
片思いの相手をクリパに
誘いたいのですね?」





ミナミ「なんでわかるの?!」





リミ「さっき
言ってたじゃないですか」





リミ「それでは、
サンタの魔法で
恋が上手くいくように
まじないを
かけてあげましょう!」





ミナミ「そんなので
上手くいくわけないじゃん、、」





リミ「サンタを舐めては
いけませんよ?」





リミ「サンタクロースよ、
人々を幸せにし
笑顔をもたらせ。
クリスマス・マジカル!」





リミ「それでは
いいクリスマスを~」





ぼわっ、、





ミナミ「いなくなっちゃった、、」





ミナミ「コウショウくん、
クリパに誘ってみよ」







〈LINE〉





ミナミ《コウショウくん、
今度の土曜日の5時から
クリスマスパーティが
あるんだけど、来ない?》





コウショウ《そんなのあるんだ》





コウショウ《別に、その日
空いてるしいいよ》





ミナミ《わかった!
みんなに伝えておくね》





コウショウ《田中は行くの?》





ミナミ《行くよ!》





コウショウ《あと、
田中のこと
名前で呼んでいいか?》





ミナミ《なんで?》





コウショウ《別に。
苗字言いづらかったから》





ミナミ《ふーん。
別に名前で呼んでも
構わないよ》













*。・ クリスマスパーティ ・。*





コウショウ「ようミナミ!
元気にしてるか?」





ミナミ「コウショウくん!
やっほー」





シズク「おー!
結構来たんじゃない?
じゃ、始めよっか!」





レオン「そーだな!」





パーティは大盛り上がり。
クリプレ交換会をしたり、
飾り付けをしたり。





いよいよ終盤のとき。





コウショウ「ミナミ、
ちょっといいか?
耳貸して」





ミナミ「何?」





コウショウくんは
私にささやいた。





コウショウ「お前のこと、
好きだったんだ」





コウショウ「付き合ってくんね?」





突然の告白に、
顔がケーキの
イチゴのように
真っ赤になる。





ミナミ「も、もちろん!」





コウショウ、ミナミ「友達卒業、だね」





コウショウから
告白されるなんて
夢みたい。





クリスマスと同時に、
コウショウと付き合う。





私は幸せ者だ。





メリークリスマス!
いいクリスマスを!







*end*

Like

この物語に投票する

田中 南が主人公の物語が主人公の物語

NEWS!NEWS!

nicola TVnicola TV

物語募集

「新ニコラ学園恋物語」では、ニコ読の
みんなが書いたニコモを主⼈公にした
オリジナルラブストーリーを⼤募集中!

応募する

主人公別 BACK NUMBER主人公別 BACK NUMBER

  • nicola TV
  • 新二コラ恋物語 恋愛小説を大募集!