高身長・低身長すぎて困ってます

CAST湊 胡遥湊 胡遥

作者:レモン

新二コラ学園恋物語新二コラ学園恋物語2021.10.24

ここはニコラ中学校、
2年1組。





この教室では
いつものように今日もまた、
あの女子とあの男子の
ケンカが始まっていた――――





湊胡遥14才。





――――あんたねぇ、
身長小さいくせに
生意気な口
きくんじゃないわよ!!!!!!





野田義斗14才。





――――いちいちうるせぇな!!!!!!
電柱女が!!!





胡遥「・・・は?
今、なんて言った?」





義斗「電・柱・女!!」





胡遥「ふざけんじゃないわよ!!!!!!」





義斗「そのまま事実を
言っただけですけど~?」





胡遥「んもぉ~!
頭に来た!!!
少~しも
黙っていられないのね!
小猿男は!!!」





義斗「それはこっちの
セリフですぅ~」





胡遥「うるさいなぁ!
小猿男のクセに!!!!!!」





義斗「お前もだよ!
電柱女が!!!!!!」





そんなケンカを
続けていると――――





ガラララっ!





「またケンカしてるの~?」





彼――――





まぁ、毎度現れる
救世主のレオンだ。





胡遥「れれれ、レオン君っ!?」





義斗「おぉ! レオン!」





レオン「2人は本当に
仲良しだね~!」





胡遥、義斗「んな訳あるかっ!!!!!!」





レオン「ほらハモった~!笑」





胡遥「ちょっと
ハモんないでよ!!!」





義斗「お前が
俺に被せんなよ!!!」





レオン「まぁまぁ、
そんなにケンカしないでよ~」





胡遥「レオン君が言うなら~/////」





義斗「・・・」





お気づきの人もいると思うが、
そう!





湊胡遥はレオンのことが
好きなのだ!





胡遥「じゃあ私は
これにて退散!
じゃあね~!!!」





義斗「なんだアイツ・・・?」













*。・----。・----・。*





その日の放課後――――





胡遥は
とあるショップに
寄っていた。





胡遥「なんかいいの
ないかなぁ~、、、」





胡遥が悩んでいると――――





店員「撮影準備いい~?
義斗く~ん」





義斗「はい、OKです」





そう言いながら
出てきたのは
義斗だった!





胡遥「・・・え?
義斗?」





義斗「は?
・・・お前、胡遥?」





胡遥「ぶふっwwwwww
待っwwてww!
義斗が女装とかwww
笑えるwww!」





義斗「そんなに笑うな!////////」





胡遥「そうだっww
写メ!ww
写メ撮んなきゃwww」





義斗「なっ!
お前っ――――」





パシャパシャ!!!





胡遥「はぁ~、
笑いすぎて
お腹痛いわww」





義斗「・・・・・お前、覚えとけよ・・・」





胡遥「そんじゃ、
バイバイ~」





義斗「無視かよ・・・」





店員「ありがとうございました~」













*。・----。・----・。*





次の日――――





胡遥「おっはよ~!!!
義斗!!!」





義斗「・・・・おはよ」





胡遥「朝からそんな元気
無くしちゃって
どうしたんですかぁ~?」





義斗「・・・お前分かるだろ」





胡遥「あぁ~そういえば昨日
あんな出来事があったなぁ~。
まぁまぁ、そんなことより!
お手伝いして欲しいことがあってぇ~!!!」





義斗「・・・ぜってぇやんねぇ」





胡遥「あ、じゃあこの昨日の写メ
SNSにばらまくね~」





義斗「おい!
それだけはっ・・・」





胡遥「ふふ~ん、実は!」
『今度の日曜日
映画見に行かない?』って
レオン君から
言われちゃったの~//////////」





義斗「・・・それが?」





胡遥「それでデートの予行練習に
付き合って欲しいんだよね~/////」





義斗「付き合わなかったら
どうなんの?」





胡遥「ええっとね~
写メばらまくwwww」





義斗「はぁ~、、
分かったよ」





胡遥「おっけーい!
じゃあ今日の放課後ね!」





義斗「・・・了解」













*。・----。・----・。*





その日の放課後――――





胡遥「モールに到着!」





義斗「・・・面倒くさ」





胡遥「まぁまぁ!
んん~そうだなぁ~
最初は映画見に行こ!」





義斗「わかったよ!」





胡遥「じゃあまずは
ポップコーン買お~」





義斗「俺は――――」





胡遥、義斗「キャラメル味で!」





胡遥、義斗「・・・ハモった?」





胡遥「ま、いっか~!
さ、映画始まっちゃうから急いで!」





義斗「そんなに急かすなよw」











・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・





――――うち、あんたのこと好き!





――――俺もだよ





胡遥「この映画
超胸きゅんだなぁ~」





義斗「これ男が見るもんじゃ
ねーだろ」





胡遥「そうだったね~
・・!
ボップコーン
もうこれしかない!」





義斗「食べすぎだろw」





胡遥「うるさい!////
こうなったら
全部食べてやる!」





・・・・・・!!!





――――なんと胡遥と義斗の手が
重なっていた。





義斗「・・・・これ
俺のポップコーンなんだけど」





胡遥「っ!?
ごめ~ん!!!!!!!!!」





パコ~ン!!!!!!!!!!!!





そんな音と同時に
ポップコーンの容器ごと
ひっくり返った。













*。・----。・----・。*





――――映画終了後、





胡遥「ごめ~ん!!!」





義斗「頭めっちゃ
ベタベタなんだけど」





胡遥「お詫びとして、
あのクレーンゲーム奢る!!!」





義斗「いや、
お詫び料安っ!!!」





胡遥「いいからっ!」













それから数十分後・・・





胡遥「よしっ!
取れたぁ~!
はいっ! あげる!」





義斗「ありがと」





胡遥「もっと喜んでよ~!」





義斗「どんなリアクション
したらいいかわかんなくてww」





胡遥「ま、別にいいけどさ!」





――――そんな会話をしながら
2人は帰った。













*。・----。・----・。*





そして日曜日――――





胡遥「お待たせ~!」





レオン「あ! 胡遥ちゃん!
じゃあ早速だけど行こっか!」





胡遥「うん! そうだね!」





レオン「じゃあ、
映画観ない?」





胡遥「確かに~!」





そう言って
レオンが見ようと言ったのは
難しそうな時代劇の映画だった。













*。・----。・----・。*





――――映画終了後





レオン「いやぁ~
面白かったね~!」





胡遥「う、うん!
そうだね!
じゃああの
クレーンゲームやんない?」





レオン「ごめん!
僕クレーンゲーム苦手なんだ!」





胡遥「そ、そうなんだ!
あ! ちょっとトイレ
行って来ていい?」





レオン「分かった~!」





――――――――





胡遥「はぁ~」





なんか想像と
全然違ったな~





そんな独り言を
呟いていると――――





男「ねぇ!
そこのお姉さん!
暇だったら
僕たちと遊ばない?」





胡遥「えっ、、、」





(どうしよう、、、
断れない、、、)





と、その時!





ドガッ!!!!!!!!





胡遥「えっ!?」





義斗っ!?





義斗「走れ!!!」





胡遥は義斗に
手を掴まれながら走った――――





胡遥「はぁはぁ・・・
なんでここに?」





義斗「お前がこの前みたいに
やらかしてねぇかなぁって
思って」





胡遥「・・・ははっ
そんなことする訳
ないじゃん・・・
はぁ~・・・
デートって難しいね~」





そう言いながら
胡遥は涙を流していた。





胡遥「・・・きっとさ、
レオン君、
私のこと好きじゃないと
思うんだよね・・・」





義斗「そう思うんならさ、」





そう言って義斗は
胡遥のことを
強く抱き締めた。





義斗「俺にすればいいじゃん」





胡遥「・・・なんで
・・・なんで・・・
そんなに優しくするのよっ・・・」





そう言って胡遥は
大粒の涙を流した。





義斗「一応これ・・・
告白だぞ?」





胡遥「そんなの・・・」
『はい』に
決まってるじゃない!」





義斗「マジで・・・?」





胡遥「うんっ!」





――――電柱女と小猿男。





時にはいいハッピーエンドを
迎えるようです――――







*end*

Like

この物語に投票する

湊 胡遥が主人公の物語が主人公の物語

NEWS!NEWS!

nicola TVnicola TV

物語募集

「ニコラ学園恋物語」では、ニコ読の
みんなが書いたニコモを主⼈公にした
オリジナルラブストーリーを⼤募集中!

応募する

主人公別 BACK NUMBER主人公別 BACK NUMBER

  • nicola TV
  • 新二コラ恋物語 恋愛小説を大募集!