おおぞらへはばたけ!

CAST懸樋 大晴空懸樋 大晴空

作者:のんちゃん

新二コラ学園恋物語新二コラ学園恋物語2019.10.04

こんにちは!
かけひおおぞらです!

俺は、ダンスが
大の得意なんだー。

・ある日・

音楽を聴きながら、
学校に向かっていた。
ノリノリだった。笑

りり「おおぞら!
おおぞら!」

りり「おおぞら!」

おおぞら「あっ、ごめん!
りり!」

りり「おはよ!
ついでに言うけど
ちょうノリノリだった」

おおぞら「マジか」

りり「あっ、恥ずかしい?
ごめんごめん!
楽しそうだったからさ!」

おおぞら「おっおう、
楽しい!」

りり「なになに、
聴かせてよ!」

おおぞら「おっおい!」

俺のイヤホンを
片方ずつつけて聴いた。

ちなみに、こいつは
藤本りんかみあ。
結構面白いやつ。

ってか、この曲
知らないでしょ。

りり「へー、
こんなの聴くんだ!」

おおぞら「良い趣味してるじゃん!」

まさかこんなことを
言われるとは。

あんな「りり!
何してんの?
遅いよ」

りり「あっ!
ごめんごめん!」

って、こいつあんなを
待たせてたのかよ。

りり「おおぞら!
ごめん! 後でね!」

おおぞら「あんなに謝れよ!」

白井あんなは、
りりの仲良しだ。

*。・ 学校で ・。*

あんな「おおぞら、
りりと音楽聴いてたとか
ほんと?」

おおぞら「ほんとだけど、
りりが勝手に聴き出してさ」

あんな「へー、おおぞらは
りりが好きなんだ」

おおぞら「なわけないだろ!」

まあ、好きかもだけど。

かける「おおぞら君、
りりが好きなの?
へー、残念だけど
それはムリ」

おおぞら「はぁ?」

かける「俺が、
もらうから」

女子「キャー!」

おおぞら「お前には、
あげないから」

かける「いや、むりむり!」

確かに、かけるには
強いみかたがいる。

それは、女子たちだ。
モテモテだからこそ
みかたなんだ。

おおぞら「なら、
ダンスで勝負だ!
お前もダンス好きだろ?」

かける「ふん!」

りり「何してるの?」

かける「りりをかけての
ダンス対決だ」

おおぞら「!
明日、勝負だ!」

りり「えっ?」

おおぞら「俺、
絶対勝つから!」

*。・ 放課後 ・。*

おおぞら「絶対、
かけるになんか
勝てないよ」

弱気になっていた俺。

あんな「ほんとは、
怖いの?」

おおぞら「あんないたんだ。
怖いに決まってるよ。
自ら負けにいくようなもんだよ」

あんな「おおぞら!
ほんとにいいの?
りりが好きなんでしょ!
りりが待ってるんだから!」

りり「あんな! 帰ろ!」

あんな「ほら! 笑って!」

おおぞら「おう!
りり、あんな!
またな!」

*。・ 夜 ・。*

家のマンションの下で。

おおぞら「1234!
あっ、ダメだ」

ここが決まらないよ。

りり「頑張ってるね!
おおぞら!」

おおぞら「あっりり!
見られてたか」

りり「ちょっと心配でさ。
遅くまで起きてるんだもん」

おおぞら「心配かけてごめん。
俺さ!」

ぎゅっ!

りり「絶対に勝ってね。
私、待ってるから。
おおぞらのこと!
『おおぞらへはばたけ!!』
これが、私からの
おまじないだよ!」

おおぞら「りり!
ありがとう!
絶対に勝つから!」

りり「それでこそ!
私の思うおおぞらだよ!」

*。・ その頃 ・。*

かける「おおぞら、
マジでりりに
勝ちにいってるのかな。
ダンスがしたいだけとか?」

あんな「それは、
ないと思うよ!」

かける「あんな、
何してんの?」

あんな「同じマンション
なんだから、いて当然!」

かける「俺の応援?」

あんな「さぁね!
多分、りりは
ダンスの上手さよりも
好みで決めるかもね!」

かける「なら、俺だな!(笑)」

あんな「そう、言うと思った」

・LINE・

おおぞら《かける!
明日は、
良い勝負しような!》

かける《当たり前だろ!》

*.*.*.*.*.*.*.*.*

そして、教室の中では、
みんなが集まっていた。

あんな「司会者は、
あんなです!
よろしく!
戦うものは!
かけひおおぞら!」

廊下から、
中に入る。

女子「おおぞら、
結構かっこいいかもよ!」

「きゃー!」

男子「おおぞら!
ファイト!」

あんな「そして、
雨宮かける!」

女子「キャー!
かっこいい!」

男子「かっけっる!」

やっぱり、
みかたが多いな!

でも、負けない。

あんな「そしてー!
この2人が狙うのは!
藤本りんかみあ!」

女子「りり!
かわいい!」

りりは、
お姫様みたいな
ドレスを着ている。

りり「私を捕まえてみて!、」

男子「マジなやつだ!」

あんな「どちらが、
王子の服を着れるか!」

おおぞら「かける!
良い勝負をしようね!」

かける「のぞむところだ!」

かけるからは、
ジリジリと
イナズマが見えた。

あっ、本気だ!
でも、俺も!

あんな「まずは、
かけるから!」

ノリの良い音楽!

上手い、さすがに
圧倒されるくらい。

キメ顔も
かっこいいし。

俺がやったら、
〈ニヒッ!〉
こんな顔になるよー!泣

あんな「おおぞら!
ファイト!」

おおぞら「おう!」

あんな「続いて、
おおぞらです!」

俺の得意とする、
空中での決めポーズ!

俺らしく、
はばたけ!

ピース!
ニコッ!

りり「うふふ、」

女子「おおぞら!
可愛いかも!」

男子「おおぞら!
きまってるぞ!」

いつの間にか、
みんなの応援が!

最後!
クールに! キメっ!

シャキーン!

よしっ!

あんな「それでは、
りりに告白を!」

かける「りり! 好きです!
美しい愛! これこそ!
藤本りんかみあです!」

おおぞら「りり!
好きだよ!」

イェイ!
ピース!

りり「うふふ、」

かける「なんで笑うの?」

りり「えっ!
可愛いから。
それに面白い!」

あんな「結果を!」

りり「おおぞらが好きです!!」

おおぞら「やった!」

かける「くやしい!」

おおぞら「かける!
ありがとう!
かけるのおかげだよ!
ダンス対決がなかったら
伝えられなかったよ!」

かける「おおぞら!
良いやつだな!」

そして、俺は、
王子のかっこうして
りりと踊った!(笑)

りり「おおぞらに
はばたけてたよ!」

おおぞら「いやー
もっとだよ!
これからもっと上へ
はばたくから!」

りり「うん!」

*end*

Like

この物語に投票する

懸樋 大晴空が主人公の物語が主人公の物語

NEWS!NEWS!

nicola TVnicola TV

物語募集

「ニコラ学園恋物語」では、ニコ読の
みんなが書いたニコモを主⼈公にした
オリジナルラブストーリーを⼤募集中!

応募する

主人公別 BACK NUMBER主人公別 BACK NUMBER

  • nicola TV
  • 新二コラ恋物語 恋愛小説を大募集!