恋の桜

CAST久野 渚夏久野 渚夏

作者:ありちゃん

新二コラ学園恋物語新二コラ学園恋物語2023.01.05

もうすぐ、
この高校生活が終わる。





あと・・・1時間で・・・







* ‐‐‐ * ‐‐‐ *





俺は久野なつ。





今は卒業式の登場前、
廊下で待っている。





正直はやく入れて欲しい・・・
肌寒い・・・





ゆなな「なーつくん!」





なつ「ゆなな・・・」





こいつは、高比良ゆなな。
俺の片思い相手。





この高校に入学し、
同じクラス、
隣の席になってから
一目惚れした。





頭も良く、運動は・・・
うん。普通





なつ「どした?」





ゆなな「もうすぐ・・・
卒業しちゃうね。
なつくんと離れるの
寂しい・・・」





そう。
ゆななは、高校を卒業したら
大阪のほうへ行ってしまう。





なつ「俺も・・・」





別れる前に
離れる前に





好き
と伝えたい。





音楽にのって
体育館の座席まで歩く。





中にはもう泣いてる人、
手を振っている人。





そうして卒業式は
終わった。





さぁここから本番だ。





このあとゆななを
桜が沢山咲く公園へ
連れていく。





そして・・・
思い出話をして告白だ!





なつ「ゆなな!」





ゆなな「・・・!
なつくん。
どうしたの?」





なつ「この後、暇?」





ゆなな「うん!」





なつ「じゃあ一緒に
公園行かないか?」





ゆなな「公園・・・?」





なつ「あぁ。
桜が沢山咲いている公園!」





ゆなな「! 行く!」





テクテクッ





なつ、ゆなな「着いた!」





ゆなな「綺麗だね~(ニコッ」





なつ「うん。綺麗」





ゆなな「・・・ッ?」





少し冷たい態度に
戸惑うゆなな。





なつ「懐かしいね。
高校入学式の後
一緒に桜見たこと
覚えてる?」





ゆなな「・・・覚えてるよ」













・*。・ 入学式の日 ・。*・





クラス表をもらい
教室に行く。





ガラガラッ





ザワザワ





入学式ながらの騒がしさ。





なつ「俺の席は~?」





ゆなな「私の席は~?」





なつ、ゆなな「ここかぁ!」





なつ「え?」





ゆなな「あ!」





なつ「ハモったね(笑)」





ゆなな「(笑)ねー!
あ、見て~!
ここから桜見える~!」





なつ「桜好きなの?」





ゆなな「うん!」





なつ「! 俺も好き」





ゆなな「! 綺麗だよね」





なつ「うん。
あ、この後暇?
良ければ桜見に行かない?
沢山見れる場所知ってる」





ゆなな「! 行きたい!」







ゆなな「懐かしいな~・・・」





その時から
俺はゆななが好きだった。





ゆななを知るうちに
もっと好きになっていった。





ゆなな「・・・」





ゆななが何かを
決意した顔で





ゆなな「私ッ!
なつくんのことがねッ」





―――告白





そう思った時には
俺はゆななの口に
人差し指を当てていた。





なつ「俺から言わせて」





ゆなな「・・・!」





なつ「俺さ、ゆななにあった時から
ずっとずっと
ずっとずっとずっとずっと
ゆななが好きだ」





だから、だから、





なつ「俺と、
付き合ってくださいッ!」





ゆなな「・・・ッ!(ポロッ」





!?





なつ「ごめん!
泣かせるつもりはなくて・・・ッ!」





ゆなな「ありがとう・・・ッ!
嬉しい・・・」





なつ「―――ッ!」





ゆなな「よろしく
お願いします・・・ッ!」





なつ「ゆなな・・・愛してるッ!」





ギューッ





本当は・・・
大阪に行って欲しくない。





ずっとずっと
そばにいて欲しい。





なつ「ゆなな。
また・・・いつか会おう」





ゆなな「へ?」





なつ「この日に・・・
この桜が咲いた時・・・」





また会おう。





ゆなな「ニコッ)うん。
約束ねっ!」





なつ「あぁ・・・」





ヒュゥゥッ





ゆなな「きゃ!」





風が吹いた。





桜がたくさん落ちてきた。





なつ「髪についてる(笑)」





ゆなな「あ! なつくんも!」





なつ「へ!?」













・*。・ そして5年後 ・。*・





今日も桜は満開だ。





あの時よりも満開だ。





またゆななに会える。
そう思い早めに来た。





ゆなな「なつくーん!」





なつ「ゆなな」





ゆなな「ごめん! まった?」





なつ「全然」





色々忙しくて
会うまでに
5年かかってしまった。





でも約束は果たせた。





それがなによりも
最高なことなのかもしれない。





ゆなな「ねぇねぇ
最近東京どう?」





なつ「大阪は?」





ゆなな「ちょっと
質問に答えてよ!」





なつ「(笑)」





今日も・・・
いやこれからも幸せです。







*end*

Like

この物語に投票する

久野 渚夏が主人公の物語が主人公の物語

NEWS!NEWS!

nicola TVnicola TV

物語募集

「ニコラ学園恋物語」では、ニコ読の
みんなが書いたニコモを主⼈公にした
オリジナルラブストーリーを⼤募集中!

応募する

主人公別 BACK NUMBER主人公別 BACK NUMBER

  • nicola TV
  • 新二コラ恋物語 恋愛小説を大募集!