愛の力

CAST野口 義斗野口 義斗

作者:モチモッチーノきょん

新二コラ学園恋物語新二コラ学園恋物語2020.04.13






これは大正時代、
あるカップルに起きた
悲惨な話である。





マホ「おはよう、
ヨシト」





ヨシト「おはよう、
マホ」





俺はヨシト。
マホという彼女がいる。





マホには一目惚れで、
俺から告白をした。





俺の必死なアピールで
告白を受けてくれた。





マホが俺を好きで
付き合ってくれたのかは
わからない。





だけど俺は
マホのことが
大好きだ。





ヨシト「今日、一緒に
帰らないか?」





マホ「いいよ」





俺らは2人で
手を繋いで帰った。





そんなある時、そこに、
“鬼”が現れた。





マホ「キャァァァァ!」





ヨシト「マホ!」





時はすでに遅く、
マホも鬼と化して
しまった。





ヨシト「マホ、大丈夫か?」





マホ「はぁ、はぁ」





ヨシト「おい、
何をしている。
まさか、
俺を食う気か?」





マホ「はぁ、はぁ」





マホは泣いていた。





大粒の涙を
ポタポタと流して。





ヨシト「マホ、
俺はヨシトだ。
お前の彼氏だぞ!」





マホ「ごめん・・・
ごめんね・・・」





マホは泣き続け、
俺にゆっくりと
近づいてきている。





俺はどうしたらいいか
わからなかった。





けれど、俺の体は
自然と動いた。





ヨシト「俺はマホを助けたい」





マホ「うっ、うぅ・・・」





俺は走り出した。





ヨシト「マホー!」





マホに抱きついた。





ヨシト「俺はお前に殺されてもいい。
もしお前が俺を殺してしまっても
自分を恨むな。
俺が、俺がお前を助けて
やれなかったことが悪いんだ」





マホ「ア、ア、ァァァ!」





ヨシト「ごめん、ごめんね・・・」





俺、死ぬんだ。





でも、マホに
殺されるなら・・・





マホ「はぁ、はぁ・・・」





マホは俺を
殺さなかった。





ヨシト「マホ、マホ?
大丈夫なのか?」





マホ「はぁ、ヨシトのことを
殺したくないって、
強く願ったら、
大丈夫だったみたい・・・
私のヨシトへの愛は、
こんなに大きいんだよ」





マホは
俺を殺さなかった。





ヨシト「マホ、
俺のことを
そんな風に・・・」





マホ「当たり前だよ。
私のことをこんなに
愛してくれているんだもん。
私だってヨシトのことを
愛さないと、ね」





ヨシト「マホ、ありがとう。
マホ、大好きだ」





マホ「私の方が大好き」





こうしてマホは
俺への愛の力で人間に戻り、
俺にも怪我はなかった。





元は俺が守ってやれなかったせいで
マホが鬼になってしまったのに
マホは俺のことを救ってくれた。





マホが俺のことを
愛してくれているということも
しっかりとわかった。





この事件で俺たちの愛は
より一層深まったことだろう。







*end*

Like

この物語に投票する

野口 義斗が主人公の物語が主人公の物語

NEWS!NEWS!

nicola TVnicola TV

物語募集

「ニコラ学園恋物語」では、ニコ読の
みんなが書いたニコモを主⼈公にした
オリジナルラブストーリーを⼤募集中!

応募する

主人公別 BACK NUMBER主人公別 BACK NUMBER

  • nicola TV
  • 新二コラ恋物語 恋愛小説を大募集!