スーパームーン&皆既月食の夜

CAST林 芽亜里林 芽亜里

作者:li

新二コラ学園恋物語新二コラ学園恋物語2021.06.10

こんにちは!
メアリです!





今日は
スーパームーンでもあり、
皆既月食でもあるんです。





なので今日は
学校のみんなと
家の近くの大きい公園まで
月を見に行きます。





夜8:00
私はワクワクしながら
公園に行った。





しかし、
空を見上げると
曇り空。





月は全く見えない。





「ねーみんなー!
今から肝試ししよ!」





ココハだ。
私の幼馴染で
さらに親友。





するとココハは
続けて言った。





「普通の肝試しじゃ
つまんないから、
男女1人ずつで、
ペア肝試ししよう!」





みんな賛成した。





私のペアになったのは
前から気になっていた
頭がいいナオヤだった。





嬉しい気持ちもあるけど
ちょっと照れる。





「よーし!
じゃースタート!」





ココハの声に合わせて
最初のペアが
スタートする。





私とナオヤの順番は
1番最後。





次々とペアが
スタートして
いよいよ私たちの番に
なった。





「うわー真っ暗!
怖いなー」





と私が言うと
ナオヤはこう言った。





「大丈夫だよ、メアリ。
俺がいるから」





肝試しが残り半分くらいに
なったときには
真っ暗で何も
見えなくなっちゃった。





その時、ナオヤは
私の手をとって言った。





「俺はメアリのことが
好きです。
付き合って下さい」





え!?
まさかナオヤが
私のこと好きだとは
思わなかった。





しかし問題が1つ。





親友のココハが
ナオヤのことが好きだから、
私は自分の気持ちをしまって、
ココハを応援していた。





だから、私は
こう言った。





「ごめん」





ナオヤは
泣き出した。





「ごめんナオヤ、
嫌いなわけじゃないの。
ナオヤのことは好きだよ。
でも、他にナオヤのことが
好きな人がいるんだ。
私はその人を応援するって
決めたから」





「そうなんだ、メアリはすごく
優しい子なんだね。
自分より友達を優先するなんて。
だったら友達のままでいてね」





「分かった!
これからもずっと
友達だよ!」







*end*

Like

この物語に投票する

林 芽亜里が主人公の物語が主人公の物語

NEWS!NEWS!

nicola TVnicola TV

物語募集

「ニコラ学園恋物語」では、ニコ読の
みんなが書いたニコモを主⼈公にした
オリジナルラブストーリーを⼤募集中!

応募する

主人公別 BACK NUMBER主人公別 BACK NUMBER

  • nicola TV
  • 新二コラ恋物語 恋愛小説を大募集!