好きと好きが重なる密接な恋

CAST佐藤 菜月海佐藤 菜月海

作者:ゆ~りん

新二コラ学園恋物語新二コラ学園恋物語2021.04.05

私、ナツミ。
YouTubeで
「歌ってみた動画」を
出してるんだ!
流行りの曲中心だよ!





さて、今日も撮りますか!





なつみ「どうも~、
なつみかんです!
今日は、夜に駆けるを
歌っていくよ~」





この曲はラップっぽい
ところがあって、
息継ぎが大変なの。





なつみ「♪♪♪」





・・・・・・・





なつみ「はぁ、終わった。
DM返信しようかな。
・・・ん?」





?“僕は、なつみかんさんが
大好きです。
どこに住んでいるんですか?”





これに返信しよう。





なつみ“神奈川です。
あなたは?”





ピローン





?“僕もです!
嬉しいな~!”





へぇ、
そうなんだ。





ちょっと
親近感わいたかも。





なつみ“お名前
なんて言うんですか?”





・・・これ送ったら
怒るかな?





ピローン





?“僕はE(3・13)です!”





Eさんでいいかな?





なつみ“もう、
ご飯なので
返信できないです!”





E“分かりました!
これからも
頑張ってください!”





ヤバッ、この人
めっちゃ
タイプなんだけど!





まさか・・・恋!





まさか? 私が!?





そんなことないでしょ・・・





だって、顔
分かんないんだよ?





危ないよ・・・

















・・・・・・・*





・・・・・・・なんか、
昨日のDMが気になって
しょうがない・・・





なつみ「おはよ~!」





かいら「おはよう!
なつみ今回もすごいね!
もう1億回
再生してるじゃん!」





まじか、
あれノー編集
なんだけどな・・・





なつみ「私はもっと上を
目指すんだ!」





かいら「さすが私の親友!」





なつみ「エヘヘ」





えいと「おはよう!
昨日さ、
なつみかんのとこに
DM送ったんだけど、
返信来たのよ。
めっちゃ嬉しい!
おんなじ神奈川県に
住んでるんだって!」





いや、
目の前にいるし・・・





ん? え!?
Eさんって、
エイトのこと!?





っていうことは・・・
私、エイトに
恋してるんだ!





ど、どうしよう!!!





あ・・・
意識が薄れてって・・・





バタッ





かいら「でしょー?
ナツミ!
え、ナツミ?
大丈夫!?
ちょ、ヤバイって!
エイト!
先生呼んで!」





えいと「はいよ!」





よしと「もう呼んだ!」





かいら「あ、ありがとう!///」

















・。・。・。・。・。・。・。・。





なつみ「・・・ん・・・
ここは・・・?」





えいと「保健室だよ、
なつみかん」





なつみ「え!?
なんで知ってるの?」





えいと「カイラが
教えてくれた。
お、俺、
ナツミが好きなんだ。
なつみかんの時も、
ナツミの時も」





よしと「ちょっと待て!
本当にお前が
好きなのは俺だ!」





なつみ「待って、
1回状況を整理しよう。
エイトとヨシトは
私のことが好きで、
カイラはヨシトのことが好き。
よ、四角関係!?」





えいと「ナツミは?」





なつみ「あ・・・えっと・・・
申し訳ないけど、
エイトだよ。
ヨシトはただの
幼なじみとしか
感じてなかった。
エイト、改めて言います、
好きです」





ガララッ





かいら「ヨシト!
私、ヨシトのことが好き!
でも、ナツミが
いいんでしょ?
それじゃ、諦めるね。
じゃ!」





今いきなりヨシトに
ぶっこむか?
それ・・・





よしと「ま、待て!
ナツミはエイトと
付き合うらしい。
だから、俺たちも付き合おう?
カイラ」





チュ





かいら「///
ち、ちょっと・・・!///
もう」





えいと「・・・俺らもするか?」





なつみ「う、うん!」





チュッ





えいと「は、恥ずかしいっ///」







*END*

Like

この物語に投票する

佐藤 菜月海が主人公の物語が主人公の物語

NEWS!NEWS!

nicola TVnicola TV

物語募集

「ニコラ学園恋物語」では、ニコ読の
みんなが書いたニコモを主⼈公にした
オリジナルラブストーリーを⼤募集中!

応募する

主人公別 BACK NUMBER主人公別 BACK NUMBER

  • nicola TV
  • 新二コラ恋物語 恋愛小説を大募集!