最低カップルっていうのは私達のことです・・・

CAST林 芽亜里林 芽亜里

作者:りのん

新二コラ学園恋物語新二コラ学園恋物語2021.03.18

私は林芽亜里!
中学3年生!





私は最低な女、
秘密の彼氏がいるの・・・





それはレオン。





レオン「林さん!
おはよう!」





めあり「おはよう
ございます・・・」





こうやって
付き合ってることは
隠してる・・・





ここは「めあり!
おはよ!」





めあり「ここは、おはよ・・・」





ここはは
私の友達。





レオン「ここは!
明日空いてる?」





ここは「空いてるよ!
どっか行く?」





そう。
この2人は
付き合ってる・・・





で、私もレオンと
付き合ってる。





ここは「めあり!
明日、
空いてる?」





めあり「あっごめん。
明日ちょっと
用事あって・・・」





ここは「そうなんだ!」





レオン「じゃあ、
明日はデートだな!」





でもその後私は
レオンとのデートの
約束をしてる。













*。・ 次の日 ・。*





レオン「ここはとの
デート終わった!
めあり!
今日はどこ行く?」





めあり「あのさ!
この関係もう
終わりにしない?
私とここはどっちが
本当に好きなの??」





レオン「めありだよ!
俺が本当に
好きなのはめあり!」





めあり「じゃあなんで
ここはとも
付き合ってるの!」





レオン「うーん。
ここはと一緒にいても
楽しいんだけど、
ここはとは
友達みたいな
関係だから」





ここは「レオン!
忘れ物~!」





レオン「あっごめん!
ちょっと待って!」





レオン(ちょっと
めありは
隠れてて・・・)





ここは「そこで何してたの?」





レオン「えっちょっと
出かけにきた」





ここは「なんで? 誰と?」





レオン「えっ1人で、
ちょっと
待ち合わせ・・・兄と」





ここは「そうなんだ!
じゃあね!」





レオン「じゃあね・・・」





めあり「今、めっちゃ
ばれそうだったじゃん!」





レオン「俺さ、
ここはとは別れるわ、
ちょっと待ってて」





めあり「えっ!
ちょっと・・・」





レオンは
私の腕を掴んで
ここはのところへ
行った・・・





レオン「ここは!
ちょっと話が
あるんだけど・・・」





ここは「何? 話って・・・」





レオン「俺、他に好きな人がいて、
もうその人と付き合ってる・・・
だからここはとは別れる」





ここは「はっ!
それって誰?」





レオン「めあり!
俺と付き合ってるのは
めあり!」





めあり「本当に
黙っててごめん。
でも私、レオンのことが
好きなの!」





ここは「何それ、なんで?
めありだけは
信じてたのに!!」





レオン「そういうことだから・・・
じゃあ」





めあり「レオン!
私って最低だよね・・・」





レオン「うーん、
俺が全部悪いんだから
めありは何にも
気にしないで!」





めあり「レオン!
最低カップルだね!
私達」







*end*

Like

この物語に投票する

林 芽亜里が主人公の物語が主人公の物語

NEWS!NEWS!

nicola TVnicola TV

物語募集

「ニコラ学園恋物語」では、ニコ読の
みんなが書いたニコモを主⼈公にした
オリジナルラブストーリーを⼤募集中!

応募する

主人公別 BACK NUMBER主人公別 BACK NUMBER

  • nicola TV
  • 新二コラ恋物語 恋愛小説を大募集!