コクハク

CAST関谷 瑠紀関谷 瑠紀

作者:香羽

新二コラ学園恋物語新二コラ学園恋物語2021.03.16

こんにちは!
私、関谷ルキ
中学2年生です!





・・・突然ですが、
皆さんには好きな人は
いますか?





私には・・・います/////





それは、1つ上の
コウショウ先輩です。





コウショウ先輩は、
かっこよくて、
頭が良くて、
おまけにサッカー部の
キャプテン!





まあ・・・、
モテない訳が
ないんです。





コウショウ
ファンクラブが
あるぐらい(笑)





コウショウ先輩が
廊下を歩くだけで、
ほとんどの女子が
キャーキャー言うんです。





ちなみに私には、
親友がいます。





林めありちゃんです!





めありは、みんなから
天使って言われるぐらい
可愛いし、性格も
超超超超いいんです!笑





で、私が
コウショウ先輩のことが
好きだっていうことを
知ってます。





そんなある日、
コウショウ先輩が
めありのことを
好きだっていう噂が
流れました。





・・・そりゃそうだよね。





だって、めありが
モテないはずないもん・・・





お似合いだよ、
あの2人・・・





コウショウファンクラブ「ねぇ!
あんた、
コウショウ先輩のこと
好きでしょ!?」





?「いや、私は
コウショウ先輩のこと、
好きじゃないよ?
ただの先輩だよー」





そんな時、
難しい学校を受けるという
コウショウ先輩が
次の試合で引退するのだ、と
コウショウファンクラブの子達が
コソコソと話していました。





・・・そうなんだ
・・・ちょっと、
見に行こうかな・・・





私「めありー!
もし良かったら、
今度のコウショウ先輩の
引退試合、一緒に
見に行ってくれない?」





めあり「いいよー!!!
ニヤニヤ」





私「ほんと!?
ありがとうっ!」





まあ、そんなこんなで
今度の日曜日、
コウショウ先輩の
引退試合をめありと
見に行くことになりました。





・・・告白、しよっかな
・・・なーんてね!
ハハ!





めあり「ルキー!
ねぇルキ、
今度の日曜日、
コウショウ先輩に
告白したら?」





私「いやいや無理だよー!
絶対フラれるし!!!w」





・・・やっぱり
告白しようかな・・・













*。・ 日曜日 ・。*





めあり「よし!
いよいよだね!!!」





私「うん!」





めあり「早速コウショウ先輩に
LINEを送るべし!」





私「え、えぇ!?
もう!?
早くない?」





めあり「ダメダメ!
そうゆーのは、
早くするのが
鉄則なの!!!」





私「はーい・・・」





《コウショウ先輩
今日の試合、
頑張ってください!
あと・・・
もし良かったら、
試合が終わったあと
体育館裏に
来てくれませんか?》





私「よしっ!
これでOKっと!」





めあり「じゃあ、
行こっか!」





プルル!





私「あ、コウショウ先輩からだ!」





《了解だよ!
どうしたの?》





私「うわぁーっ!
コウショウ先輩、
もしかして鈍いの!?」





めあり「・・・っぽいね笑
んまっ、とりあえず
コウショウ先輩は
来てくれるってことで、
応援しに行こっ!」





私「う、うん!」













*。・ 試合終了 ・。*





私「試合、
終わったね・・・」





めあり「そうだね!
コウショウ先輩、
すごいじゃん!
2点も決めたじゃん!
お陰でニコラ学園
サッカー部優勝だ!!!」





私「うんうん!」





めあり「よぉーし!
試合も終わったことだし、
ルキちゃまよ、
告白に行ってこーい!
OKだったら大きく
丸をすること!
いいね!?」





私「うん!」













* ‐‐‐ * ‐‐‐ *





私「あの、あの・・・
私、コウショウ先輩のこと・・・」





コウショウ、私の口に
人差し指を突き出す。





コウショウ「シッ!
俺に言わせろ。
・・・俺、お前のことが
好きだ!!!
お前が入学して来た時から!
・・・一目惚れ、した・・・/////」





・・・え、え、
えぇぇ!?





コウショウ先輩が
私を!?





私「あ、あの・・・
コウショウ先輩は、
めあり・・・
林さんのことが
好きなんじゃ!?」





コウショウ「はぁ?
誰がそんなこと
言ったんだよ・・・
俺は、お前のことしか
好きじゃねぇんだよ!」





私「え?/////
よろしくお願いします!/////」





コウショウが
バックハグしてくる。





コウショウ「よろしくな!
ルキ!」





私「はい!!!」





私「あ! めありに
教えなきゃ!」





コウショウ「んぁ?
何それ?w」





私「あ、あ、
あのー、そのー、
めありに協力して
もらったんです!」





コウショウ「ふーん、
今日、俺、ルキに
告白しようとしてたから
そんなことしなくても
良かったのに・・・/////」





私「ふふっ!」





コウショウ「なんだよ!
悪いかよ!!!」





私「いえいえー笑笑」





まるー!





めあり「OK!
コウショウ、
ルキ、
ファイトー!」





こうして私は、
コウショウ先輩と
カレカノになることが
出来ましたっ!!!







*end*

Like

この物語に投票する

関谷 瑠紀が主人公の物語が主人公の物語

NEWS!NEWS!

nicola TVnicola TV

物語募集

「ニコラ学園恋物語」では、ニコ読の
みんなが書いたニコモを主⼈公にした
オリジナルラブストーリーを⼤募集中!

応募する

主人公別 BACK NUMBER主人公別 BACK NUMBER

  • nicola TV
  • 新二コラ恋物語 恋愛小説を大募集!