片想いだと思ってたけど、、、

CAST若林 真帆若林 真帆

作者:りのん

新二コラ学園恋物語新二コラ学園恋物語2021.01.24

私は若林まほ!
高校1年生!





私には
好きな人がいる。





でもその人は
クラスも部活も違う。





だけど、友達のかなみが
その人と仲良くて
同じクラスだから、
よく見かけるだけ。





だから
喋ったことないし、





ただ自分が勝手に
好きって思ってるだけ。





かなみ「まほ!
おはよう!
今日から3学期だね!」





まほ「かなみおはよう!
3学期になっても
かなみのクラス
毎日行くからね!」





かなみ「レオン君
めあてでしょ!」





そう、
私の好きな人は
丸田レオン君。





私が好きだってことは
かなみしか知らない。













*。・ 休み時間 ・。*





まほ「かなみ!
来たよ!」





かなみ「まほ!
ちょっと
話があるんだけど」





まほ「それより
レオン君は?
今いないの?」





かなみ「あの、
そのことなんだけどさ、
レオン君、
冬休みに部活で骨折して
今入院してるらしい」





まほ「えっ嘘。
そんな。
私、今すぐ病院いく!」





かなみ「行ってきな!
ニコラ総合病院に
いるらしいよ!」





まほ「教えてくれて
ありがとう!」





私は急いで
病院に向かった。





レオン君の部屋に
着いた。





まほ「トントントン」





レオン「はい」





まほ「あの、レオン君と
同じ学校で同学年の
若林まほと言います」





レオン「あっ。
入っていいですよ」





まほ「失礼します。
あの、かなみから
部活で骨折したって聞いて。
本当に急にごめんなさい。
困りますよね。
こんな急に知らない人が
入ってきて」





レオン「知ってるよ。
若林さん。
ありがとう。
来てくれて。
いつも休み時間に
僕のクラスに
来てくれてる子だよね?」





まほ「あっそうです。
あの今日はレオン君に
伝えたいことがあって
来ました」





レオン「あっ。
僕も話したいことが
あったんどけど、
直接はあれだから、
かなみに伝えといてって
言ったんだけど
伝わってないかな」





まほ「えっ。
特には聞いてないです」





レオン「そっか。
あっでも、
若林さんの話から聞くよ」





まほ「あっ、
レオン君の方から
話してください」





レオン「あの、
僕のクラスに来るように
なってから、
ずっと思ってたんだけど
僕、若林さんのこと好きです」





まほ「私も同じこと、
話そうと思ってたの」





レオン「えっ。
そうなの?」





まほ「私もレオン君のクラスに
行くようになってから
ずっと好きでした」





レオン「じゃあ、若林さん
付き合ってください」





まほ「あの、
若林さんじゃなくて、
まほって呼んでくれたら
付き合ってあげる」





レオン「付き合ってください。
まほ」





まほ「はい。
よろしくお願いします」





レオン「よかったー。
でも、この骨折治らないと
しばらくまほに
迷惑かけるかもしれない」





かなみ「大丈夫だよ!
私も手伝うから!」





まほ「かなみ!?
なんで。
いつからいたの?
もしかして聞いてた?」





かなみ「まぁ。途中から?
よかったじゃん!
2人とも!
レオンのこと、
2人で手伝おうね!
まほ!」





まほ「かなみ。
ありがとう」





こうして、2人で
レオン君をしばらく手伝い、
3ヶ月後、ようやく学校には
通えるようになり、
最高の高校生活を
レオンとかなみとも、
過ごしています!







*end*

Like

この物語に投票する

若林 真帆が主人公の物語が主人公の物語

NEWS!NEWS!

nicola TVnicola TV

物語募集

「ニコラ学園恋物語」では、ニコ読の
みんなが書いたニコモを主⼈公にした
オリジナルラブストーリーを⼤募集中!

応募する

主人公別 BACK NUMBER主人公別 BACK NUMBER

  • nicola TV
  • 新二コラ恋物語 恋愛小説を大募集!