恋愛禁止学園の壁。

CAST高比良 由菜高比良 由菜

作者:なごぴよ

新二コラ学園恋物語新二コラ学園恋物語2021.01.24

私は、高比良ゆな。
ゆななって呼ばれてる。





私は中学1年生。
でも、中学校生活を
楽しいと思ったことなんて
一度もない。





だって・・・













・.・.・・.・.・





ここは、みんなが
恐れる学園。





まず厳しいルールを・・・





1・恋愛禁止!
2・付き合うの禁止!
3・男女交流禁止!





だってよ。





この学園は、
男女混合なのに、
校舎がキレイに
分かれていて、
その間には、
分厚い壁がある。





昔、乗り越えた人が
いたらしいけど、
そのせいでもっと
分厚くなってしまった。





この学園に、自分から
入る人なんていない。





この地域の中学生が
集まっているんだ。





ゆなな「・・・」





小学校に戻りたい。





私には、
付き合ってる人がいる。





でも、分厚い壁で
会いに行けるわけがない。





だから、
みんな諦めてる。





先生「おはよう!
みんな!」





みんな「おはようございます」





先生「着席!」





ガタガタ





先生「ルールを読み上げる・・・」





ゆなな「必要なさすぎ」





先生「高比良。立て」





ゆなな「あ・・・」





先生「廊下に立ってろ」





ゆなな「・・・」





ガララ・・・ピシャン!





ゆなな「っ・・・!!」





?「あなたも・・・廊下組?」





ゆなな「はい。
あなたも?」





ルキ「私、るき!
先生に追い出された!(笑)」





ゆなな「そうですか」





ルキ「名前は?」





ゆなな「高比良ゆな・・・
ゆななって
呼んで下さい」





ルキ「敬語禁止ゲーム。
始め!!」





ゆなな「え?」





ルキ「敬語使ったら、
罰ゲームで、
男子の所いってね!(笑)」





ゆなな「行けないよ。
分厚い壁があるから」





ルキ「へぇ~・・・!」





ゆなな「そう」





ルキ「私、彼氏がいるの!」





ゆなな「!」





ルキ「ゆななは?」





ゆなな「私もい・・・た」





ルキ「いた? 今は?」





ゆなな「もう1年も
会ってないから」





ルキ「分厚い壁の
向こうにいるんでしょ?」





ゆなな「なんで・・・?!
分かったの?」





ルキ「私も!
オソロじゃん!」





ゆなな「るきさんも・・・」





ルキ「よし!
敬語使ったね?
てことで、
男子のところいってね!」





ゆなな「るきさんって
ダメなの?(汗)」





ルキ「うん! ダメ!(笑)
るきって言って!」





ゆなな「る・・・ルキも
行くでしょ?」





ルキ「どうしよっかなぁ~(笑)」





ゆなな「ル~キ~!!(泣)」





ルキ「じゃ! 明日!」





キーンコーンカーンコーン





先生「入れ!!」





ゆなな「は・・・はい」





ルキって、
不思議な子だな・・・





ルキも彼氏いるんだ。
私と一緒なんだ。













*。・ 次の日 ・。*





ルキ「ゆーなーなー!!」





ゆなな「ルキ!」





ルキ「よし、行くか!」





ゆなな「行く道っていうか・・・
壁があるんだよ?」





ルキ「近づいたこと・・・
ある?」





ゆなな「ないよ。
どうせ、
無理だから」





ルキ「でしょ?
だから・・・」





ゆなな「近づいたことないよ?」





ルキ「みんな諦めて
近づかないから、
あえて近づく!!」





ゆなな「エー!!
絶対危ないって!!」





ルキ「もー!
前に壁あるんだからさ!
色々さ、
やってみよ!」





ゆなな「不安しかない」





ルキ「とりあえず・・・」





バンっ





ゆなな「何してんのっ!!」





ギギギ・・・





ルキ「あ、開いた!」





ゆなな「蹴っただけで!?」





ナオヤ「あ、」





ゆなな「え?」





タカト「ルキ?
てか、お前ら
何してんだよ」





ルキ「あ・・・
会いに行こうと・・・
思って・・・」





ゆなな「何した?
ナオヤ達!」





ナオヤ「タカトが
蹴ったんだよ(笑)」





ルキ「私も! 蹴った!(笑)」





タカト「一緒のタイミングで
蹴ったからだ!(笑)」





ゆなな「なるほど!!」





ナオヤ「よく分かんねーけど・・・
ゆなな。久しぶり」





ゆなな「うん。久しぶり!
ナオヤ!(泣)」





ルキ「ゆなな!
泣いちゃダメだって!!(笑)」





タカト「ルキも!
久しぶり!」





ルキ「タカトもね!」





先生「ついに、
気づいたんだね・・・」





ルキ「あ・・・先生・・・」





先生「壁の秘密に、
よく気づいた!!」





ゆなな「は?」





先生「先生実は、
ここの卒業生なの!」





ナオヤ「え!
そうなんですか!!」





先生「私も昔、
この壁を蹴って
彼氏に会ったわ!」





タカト「今もその彼氏さんと?」





先生「知らないの?
壁を壊して出会った
カップルは
永遠に幸せになるのよ!」





ゆなな「ステキ・・・」





先生「その人とは、
結婚しました!」





ルキ「すご!」





先生「あなた達も、
ステキな恋しなさいよ!」





タカト「はい!!(笑)」





ナオヤ「ゆなな、
ずっと一緒にいような」





ゆなな「うん!
ナオヤ、
大好きだよっ!」





厳しさの壁を越えれば
幸せが待っている。





そう信じて、
私達はまた
歩きだした。







*end*

Like

この物語に投票する

高比良 由菜が主人公の物語が主人公の物語

NEWS!NEWS!

nicola TVnicola TV

物語募集

「ニコラ学園恋物語」では、ニコ読の
みんなが書いたニコモを主⼈公にした
オリジナルラブストーリーを⼤募集中!

応募する

主人公別 BACK NUMBER主人公別 BACK NUMBER

  • nicola TV
  • 新二コラ恋物語 恋愛小説を大募集!