過去の壁を突き抜けて

CAST若林 真帆若林 真帆

作者:はる

新二コラ学園恋物語新二コラ学園恋物語2017.03.13

私がまだ小さい頃――





幼なじみに恋をした。





ずっと一緒だった、
ずっと見てきた彼に。





彼がいない世界なんて、
想像できなかった













*。*。*。*。*。*。*。*。





カヤ「で、相手はシュンヤくん」





マホ「うん」





カヤ「で?
どこ行っちゃったの?」





実は――





「ごめん、オレ――」





小4のとき、
彼はどこかへ行ってしまった。





マホ「ショックすぎて、
聞き取れなかったんだ」





カヤ「そっか」





マホ「確か外国行くって言ってたかな・・・」





ずっと一緒で、
恋をして、恋が終わった。





マホ「いなくなって変わったもん、
私の人生」





カヤ「やり直してるってこと?」





マホ「うん」





今は――





カヤ「で!
ハルキとはどーなの」





マホ「片思いなだけだよ///」





部活が同じで同級生の
ハルキくんに片思い中。





カヤ「シュンヤくんのことは
もう好きじゃないの?」





マホ「好きかもしれないけど・・・
いないし」





カヤ「ま、ハルキもカッコイイもんね」





今も好きかとか分かんない。





小4だったし、
ホントに好きだったのかも分かんないし。





カヤ「ねー、どんなコだったの、
シュンヤくんは」





マホ「サッカー好きで
その頃から背が高かった」





マホ「あとは優しくて、
ちょっとシャイ」





マホ「私は小さかったから
よくチビって言われてたなー」





カヤ「へー、会ってみたいなー」











*。*。*。*。*。*。*。*。





その日の部活――





マホ「ハルキくん」





ハルキ「ん?」





マホ「ハルキくんは
なんで美術部に入ったの?」





ハルキ「なんでって?」





マホ「運動トクイだって聞いたから」





ハルキ「絵描くのも好きだから」





マホ「そうなんだ」





意外な一面発見!





ハルキ「あっ!
カヤから聞いた?」





マホ「何を?」





ハルキ「あー、聞いてない?」





ハルキ「今度みんなで出かけようって」





マホ「え!?」













*。・ 休憩中 ・。*





マホ「聞いてないんだけど!?」





カヤ「ごめんごめん」





カヤ「ハルキがどーしても
行きたいところあるから、
ハルキと私とマホとあと友達連れて行こうって」





マホ「え!? じゃあ
1日一緒ってこと!?」





カヤ「うん。
近づけるんだからいいじゃん」





マホ「う、うん・・・」













*。*。*。*。*。*。*。*。





そして当日――





ハルキ「カヤ! マホちゃん!」





カヤ「早くない?」





ハルキ「いーだろーが。
てか、そっちもな」





カヤ「うるさい」





となりにいるの・・・
友達さんかな?





なーんか見たことある。





ハルキ「あ、コイツ友達」





シュンヤ「金子シュンヤです」





え!?





カヤ「例のシュンヤくん!?」





シュンヤ「え、知ってますか?」





カヤ「えっと・・・
あ! コレ、マホ!」





シュンヤ「マホ・・・え、マホ!?」





ハルキ「え、どうなってんの?」





カヤ「いーから2人にしてあげてー」













*。*。*。*。*。*。*。*。





マホ「外国行ったんじゃなかったの」





シュンヤ「去年帰ってきたんだよ」





マホ「またデカくなったね」





シュンヤ「お前は相変わらずチビ」





マホ「はぁー!?」





シュンヤ「ほーれ、ココタッチしてみー」





マホ「あー!!」













*。*。*。*。*。*。*。*。





その頃――





カヤ「マホとシュンヤくんは、
元幼なじみ」





カヤ「マホは好きだったんだけど、
引越しちゃったって」





ハルキ「オレは去年、学園祭で知り合って」





カヤ「久しぶりなんだから、
2人っきりにしてあげよ」





ハルキ「じゃ、オレらも2人っきりか」





カヤ「/// 変なコトしないでよ」





ハルキ「しねーわ///」













*。*。*。*。*。*。*。*。





カヤ「お昼ご飯食べよっか」





マホ「うん」





。。。。。。。。。。





ハルキ「カヤ、それ取って」





カヤ「どれ」





ハルキ「それ、それだって」





シュンヤ「なぁ、マホ」





シュンヤ「あの2人、付き合ってる?」





マホ「ううん」





シュンヤ「付き合えばいいのにな」





マホ「確かに」





カヤ「何? ニヤニヤして」





マホ「いやー、お似合いだなーって。ね」





シュンヤ「うん」





ハルキ「そんなんじゃねーわ///」





シュンヤ「照れてる」





カヤ「じゃ、あとは、それぞれで」





シュンヤ「うん」













*。*。*。*。*。*。*。*。





シュンヤ「おい。こっち歩け」





マホ「うん、ありがと」





シュンヤ「それ、持つわ」





マホ「えっ、うん」





優しいところは変わってない。





ドキドキする。





やっぱりまだ好きなんだ。





マホ「あのさ・・・
今好きなコいる?」





シュンヤ「いるよ」





マホ「だよね・・・」





やっぱ長く離れてた溝がある。





他校だし。





もしかしたら行ってた外国にいるのかも。





マホ「あのね・・・私・・・」





言えない。





振られるのが怖い。





あー・・・小4のとき
言っとけばよかった・・・





マホ「あっ、どこの学校行ってるの?」





シュンヤ「となりのニコラ中」





シュンヤ「てかさ・・・」





シュンヤ「オレ、好きなんだけど」





マホ「え? 何が?」





シュンヤ「マホが」





マホ「えっ!?」





シュンヤ「自分で言おうとしたくせになんだよ」





マホ「だって・・・
私の片思いだと思ってたから・・・」





シュンヤ「外国にいても、離れてても好きだった。
おっちょこいなとことか、
強気だけどちょっと内気なとことか、
オレが1番マホを理解してるから。
他校とかどうでもいい。
ずっと一緒にいてください」





マホ「うん!」













*。*。*。*。*。*。*。*。





2年後――





「カシャッ」





マホ「こっちこっちー」





カヤ「うわー!
ちょっとハルキ、シュンヤー!」





ハルキ「きれいだなー」





カヤ「それ、私のこと?」





シュンヤ「攻めるねーカヤ」





私たちwカップルは
2年後も一緒に――





いつまでも一緒に――





過去の伝えられなかった想い





今までの溝とかお互いの壁





でも、そんなのどうでもいいって
言ってくれた。





ありがとう。
もう離れないから。







*END*

Like

この物語に投票する

若林 真帆が主人公の物語が主人公の物語

NEWS!NEWS!

nicola TVnicola TV

物語募集

「新ニコラ学園恋物語」では、ニコ読の
みんなが書いたニコモを主⼈公にした
オリジナルラブストーリーを⼤募集中!

応募する

主人公別 BACK NUMBER主人公別 BACK NUMBER

  • nicola TV
  • 新二コラ恋物語 恋愛小説を大募集!