3人恋傘

CAST若林 真帆若林 真帆

作者:みお

新二コラ学園恋物語新二コラ学園恋物語2017.05.02

こんにちは! マホです!





実は、中1になってから、
好きな人が出来たの・・・





クラス一のモテ男子、
「ワタジュン」。





可愛らしいし、優しくて、
頼りになるんだ!





だけど・・・
まだ私には早いよね・・・





マホ「あ~。
ワタジュンと付き合いたい~」





ヒビキ「マホ、どうしたー?」





ヒビキは幼稚園からの幼なじみ!
小学校6年間一緒のクラスで、
中学でも同じクラスになったの!





マホ「ヒビキー! あのねあのね!
好きな人が出来たんだけど、
ヒビキはどうすればいいと思う?」





ヒビキ「えっ! 初じゃん!
好きな人とか今までいなかったのに!」





マホ「ワタジュンの事が
気になってて・・・」





そして、ヒビキに全部話して・・・





そして放課後・・・













.*





ヒビキ「ごめん!
私、今日、部活があるから、
さきかえってて!」





マホ「う、うん」





えっ! ってことは、
1人? 最悪~~~。





マホ「はぁー。帰るか~。
って、雨じゃん! どうしよー。
ヒビキ持ってるけど、部活中だからいけない!
どうしよう、どうしよう!
走って帰ろう」





バタバタバタ。(走る音)





ドン!(誰かとぶつかる音)





マホ「あっ! すみません!」





ワタジュン「あっ、マホじゃん。傘は?」





あっ! ワタジュン・・・





マホ「あっ、家に忘れちゃって・・・」





ワタジュン「バカだな~。
まっ、俺と帰るか」





マホ「えっ???」





ワタジュン「俺の傘、入りなっ。
一緒に入る?」





えっ! ワタジュンと?





ヤバイヤバイ! ムリムリ!





マホ「えっ! いいよっ!
走って帰るから」





ワタジュン「そんな女子、カッコ悪いよ。
びしょびしょなマホ見たくない。
早くとにかく入って!」





マホ「えっ! ・・・う、うん」













*.





そして、帰り道・・・





ワタジュン「あのさ~。
マホって好きな人いる?」





マホ「もちろん! いるよ」





ワタジュン「マホ!
僕と付き合ってください」





マホ「えっ・・・??」





なになになに?
なにが起こってるの?





絶対これ夢だよね!
今何してるの? マホ!





ワタジュン「ごめんね。急に・・・」





マホ「うん・・・
私も中学生になってから、
ワタジュンの事好きだったの」





ワタジュン「えっ? マジ? 嬉しい」





そして、マホの初恋は、
相合傘!





気持ちが伝わって良かったー!





マホ「うん! ありがとう!
気持ち伝わって嬉しい!」





そして、私は、ワタジュンと
付き合うことになって・・・





ワタジュン「俺も! 中学生になってから、
1番最初に気になったのが、マホなんだ」





マホ「私も!」





ワタジュン「今度から、
俺の傘で帰ろう!」





マホ「うん!」





私とワタジュンは
特別なカップルになったよ!





ヒビキ「カップルになったんだね!
おめでとう!」





マホ&ワタジュン「ありがとう!」





ヒビキ「マホ! これから、
2人の特別な傘作るよ!」













.*





そして、1日後・・・





ヒビキ「ジャジャン~!
どう? 可愛いでしょ」





マホ「私達のために・・・!
ありがとう!」





ワタジュン「じゃあ、ヒビキも入る?
3人にしようよ!」





ヒビキ「えっ・・・?? いいのっ?
だって2人の傘じゃん」





ワタジュン「ヒビキもいいよ!
なっ! マホ!」





マホ「もちろん! 親友だもん!」





ヒビキ「じゃあ! 遠慮なく!」





そして、3人は特別な親友になったよー。







*END*

Like

この物語に投票する

若林 真帆が主人公の物語が主人公の物語

NEWS!NEWS!

nicola TVnicola TV

物語募集

「新ニコラ学園恋物語」では、ニコ読の
みんなが書いたニコモを主⼈公にした
オリジナルラブストーリーを⼤募集中!

応募する

主人公別 BACK NUMBER主人公別 BACK NUMBER

  • nicola TV
  • 新二コラ恋物語 恋愛小説を大募集!