聞き慣れた声

CAST若林 真帆若林 真帆

作者:ななみん

新二コラ学園恋物語新二コラ学園恋物語2017.12.12

「こーい!!
バッチこーい!!」





聞き慣れた野球部の声。
聞いてると落ち着く。







* ――― * ――― *







どうも!
ニコラ中学、2年、
ソフトボール部の
若林真帆です!





ちなみに私には
彼氏がいます!w





彼氏は・・・
同い年で野球部の
岡田翔大郎!





翔大郎は優しくて、
野球してる姿が
かっこよくて・・・





ポジションはセンターw
私はピッチャーなんだw





今日は私と翔大郎が
付き合うまでの話をするね。
最後まで読んでね♪











*。・ 4月 ニコラ中学入学 ・。*





入学した時は
誰1人知ってる人がいなくて
ぼっちだったw





でも、だんだん馴染めてきて
仲良くなった人が
多くなったんだw







*。・ 5月 ・。*





中学入って初の
校外学習!





この時は翔大郎のこと
知らなかったw











*。・ 6月 ・。*





初の彼氏!
でも2週間で別れたw





この時から翔大郎は
私のこと
気になってたらしい!w











*。・ 7月 ・。*





翔大郎から
LINEの追加が来た。





でも、
誰か分からなかったから
拒否しちゃったw











*。・ 8月 ・。*





他の学校の友達から
告白された。





でも振った。







*。・ 9月 ・。*





夏休み明け、
朝練の時に
翔大郎を知ったw







*。・ 10月 ・。*





翔大郎と仲良くなって、
LINEも交換した。





良く6人ぐらいのグループで
遊ぶようになった!







*。・ 11月 ・。*





翔大郎と付き合ってる
疑惑が!!





私はもだんだん翔大郎が
気になってきた。







*。・ 11月12日 ・。*





ついに私が翔大郎に
告白しました!





11月12日のこと
詳しく説明するね!





この日は学校の行事で、
学校に行かなくちゃいけなかった。





学校に行く前に
翔大郎と2人であって
話をしてた。







真「翔大郎!
私、私翔大郎のこと・・・
ウ゛ッッ」





翔「まじでうざい。
何で俺に言わせてくれないの?
俺から言いたかったのに・・・」





そう言いながら
私のことをハグしてた。





真「じ、じゃあ
今のなかったことに・・・」





翔「それなら
俺から言わせて」





そう言って
私の目を見て
話しだした。





翔「真帆、俺、
真帆が凱斗と付き合ってる時、
真帆のこと知った。
真帆見るとキュンキュンして、
いつしか部活中に、
真帆を直視しちゃうほど好きになった。
こんな不器用で
なんにも出来ない俺だけど、
良かったから付き合ってください!」





真「はい!
お願いします!」





翔「まじで!?
ほんとに?
真帆・・・大好き」





chu//





真「私も・・・大好き!」





chu//













* ――― * ――― *





私たちは今日で
1年記念日を迎えました!





翔「真帆!
はい・・・
これ、プレゼント」





真「え!?
開けてもいい?」





翔「うんw いいよw」





開けるとそこには
Pinky Ringが入ってた。





真「え、これって
Pinky Ring!?
うそ!
すごい嬉しい!」





翔「ほんとに?
良かった。
これからも俺らは
一緒だぞ!」





真「うん!
大好き!」





chu//





翔「俺もだよ」







この声もだんだん
私の聞き慣れた声に
変わるのかな?





なるといいな。







*END*

Like

この物語に投票する

若林 真帆が主人公の物語が主人公の物語

NEWS!NEWS!

nicola TVnicola TV

物語募集

「ニコラ学園恋物語」では、ニコ読の
みんなが書いたニコモを主⼈公にした
オリジナルラブストーリーを⼤募集中!

応募する

主人公別 BACK NUMBER主人公別 BACK NUMBER

  • nicola TV
  • 新二コラ恋物語 恋愛小説を大募集!