落語? 恋? おそらく、落語?

CAST若林 真帆若林 真帆

作者:Shiori Sasano

新二コラ学園恋物語新二コラ学園恋物語2018.05.20

どうもどうも、
若林真帆です。





私には、
あるコンプレックスが
あって、、、





それは、、、
落語オタなんです!!!





自分では、
落語オタ、って
思ってないんだけど、、





親友の花南からすると
スーパーハイパー
オタクらしい(泣)





ニコ平「くだらない話に、
ちょいと
お付き合いいただいて、、、」





お! ニコ平、
次は、、、







(3分後)





おー!!!
なるほどね、
匂いの分金を払えと、
じゃあ音でお金を払う。
ナイッス!





カナミ「マーホ!
またニコ平の落語聞いて
ニヤついてる!」





マホ「えー、
そーかなー?」





こんななんとでもない
日々を過ごすと
思っていたんだけど、、、





マホ「えーっと、
メトロからNR、、、」





慣れない電車通学も、
なんとかこなして、
ニコラ線に乗ったトキ。





ニコ平「どうもどうも、
ニコ平です。
そこで、、、」





やばい!
ヘッドホン
つけ忘れてた!!!





うわー、みんな
こっちみてる、、、
恥ずー!!!





??「よっ!
落語オタ!」





よ、よりによって
なんでクラスの
超人気男子、
ユイトなのー?!?





ってか、
私が落語オタ、
って知ってるの
カナミしか
いないんですけどー!?!













*。・ 帰宅後 ・。*





・謎1・
なぜ、アイツが
落語オタなのを知っているのか。





・謎2・
アイツに言われた時に
なぜ苦しかったのか。





わかんなーい!!!





これは、
いとこのシオリに
聞くしか、、、
ないっ!





あ、そーいやシオリも
オタなこと知ってるわ。





もし、シオリでも
わかんなかったら
カナミにも聞こ!





マホ「ねー、
どー思う??」





シオリ「2つ目は
ラクショー」





マホ「え、何!?」





シオリ「苦しさの正体は、、、
こ・い、
というものです!」





マホ「はぁ!?」





シオリ「まぁ、
もうちょっと
お聞きになすって。
あんたがオタなこと
知ってんのは、
そいつもあんたのこと
見てっからじゃなーいの?
ほら、カナミちゃんとの会話
聞いてたら
一発でわかるでしょ、」





マホ「えーーーーーーーーー!」













*。・ 後日 ・。*





ニコ扇「えー、
続いてはニコ扇の
くだらんくだらん、、」





え!?
私今聞いてたの
夏風亭昭太だけど!?





??「あ、すんません」





振り返ったら、、、
そこに、、、
ユイトッ!!!
OMG、、、、





「三鷹ー三鷹ー
お出口は、、、」





あ、降りなきゃ。





あ、あいつもなんだ。
初シリー!





マホ「ね、ねぇ!」





ユイト「ん?」





マホ「人のこと
オタ、って言ったくせに
自分はどーなの!!」





ユイト「好きなやつの趣味
理解しよーとして
何がわりーんだよ!!」





マホ「//////
も、恥ずいじゃん!」







えんど!(^o^

Like

この物語に投票する

若林 真帆が主人公の物語が主人公の物語

NEWS!NEWS!

nicola TVnicola TV

物語募集

「新ニコラ学園恋物語」では、ニコ読の
みんなが書いたニコモを主⼈公にした
オリジナルラブストーリーを⼤募集中!

応募する

主人公別 BACK NUMBER主人公別 BACK NUMBER

  • nicola TV
  • 新二コラ恋物語 恋愛小説を大募集!