失敗しても私は私!

CAST安村 真奈安村 真奈

作者:にこらぶ

新二コラ学園恋物語新二コラ学園恋物語2019.10.11

私は安村真奈。
中3。





私は正直、
運動もできて、
勉強もできる。





だから、よく、
「失敗しない女」
と言われる。





「ごめん、俺、
他に好きな人が出来たから
別れてもらえる?」





そう、
失敗知らずだった私が、
恋愛で失敗した。





今まで付き合っていた
オオゾラに、今この瞬間、
振られたのだ。





リナ「マナ、
珍しく元気ないね」





リナは小1からの
付き合い。





だけど、リナも私のことを
失敗知らずだと思っている。





だから、いくら
リナでも失敗した、
なんて言えない・・・





マナ「げ、元気だよ!
それより、この前の、、
nicolaよかったね!」





リナ「あ、うん。
なんかあったら
教えてね?」





マナ「うん!」





もう、私は
勉強しかしない。





恋愛なんて
下手でもいいや。





できるものがあれば・・・
そう思って
机に向かった。





マナ(明日は学校遅く行こ・・・
なんかいつも通り
早く行く気にもなれないや)













**-・.・***・.・-**





翌日────





キーンコーンカーンコーン





マナ「遅刻しちゃった(苦笑)
まぁゆっくり行けばいいや。
信号も赤だし」





カケル「安村?
珍しく遅刻?」





マナ「あ、雨宮・・・笑」





カケル「お前、完璧女なくせに
遅刻かよー」





マナ「私だって、
出来ないことは
あるから・・・」





カケル「どんな安村でも
俺は好きだけどな」





マナ「え!?」





カケル「な、なんでもない」





私はカケルと一緒に
教室に入った。





教室はすごく
ザワついた。





リナ「マナ、
カケルと一緒に
学校来てんの?」





マナ「違うよ」





リナ「カケルくん、
マナのこと好きだから
一緒のタイミング
測ったんじゃない?」





マナ「いや、雨宮
私のこと
好きじゃないでしょー」





カケル「俺、マナのこと好きだ。
今の話全部聞いてたぞ笑
黒坂のいう通り、
お前が昨日落ち込んでたから
遅く来ると思って狙った笑」





マナ「まじで・・・?」





カケル「安村、
失敗しない女でも
失敗する女でも
俺は安村が好きだ。
俺と付き合ってください!」





マナ「はい///」







*End*

Like

この物語に投票する

安村 真奈が主人公の物語が主人公の物語

NEWS!NEWS!

nicola TVnicola TV

物語募集

「新ニコラ学園恋物語」では、ニコ読の
みんなが書いたニコモを主⼈公にした
オリジナルラブストーリーを⼤募集中!

応募する

主人公別 BACK NUMBER主人公別 BACK NUMBER

  • nicola TV
  • 新二コラ恋物語 恋愛小説を大募集!