1番幸せなテスト返し

CAST林 芽亜里林 芽亜里

作者:ぶどう

新二コラ学園恋物語新二コラ学園恋物語2020.10.28






私の名前は、
林めあり受験生。





私は昔から頭がよくて
みんなから頼られるし





学力の1位だし
完璧だった。





でも、私も叶えられないものが
ひとつあった。





それを持ってるのが
親友の阿部ここは。





彼女は昔からのモテ女。
ここはがいるだけで
周りは皆
ここはのところへ行く。





「めありー!
ここ教えて!」





「あっここは!
いいよ。
これはね・・・」





「めあり?」





「あっごめん。
考え事しちゃった・・・」





「仕方ないなー笑笑」





「また今度教えるよ」





私はこう言って帰った。













・*・―――・*・―――・*・





「ただいまー」





「お帰り」





はぁー・・・
なんで私
こんなんなんだろ。





いつもここはといるときでも、
蓮くんを見ちゃう。





蓮くんっていうのは
私とここはの友達。





フルネームで言うと
内田蓮。





実をいうと
ここはの幼なじみ。





ここはとレオンくんが
くっつくっていうのは
何となく予想できている。





「蓮く~~~ん」





私は叫んだ。





あっやば
何やってんの私!!





もう寝なきゃ。











*。・ 次の日 ・。*





「おはよ!
めあり」





「こっこは!?」





「あー付き合っちゃった」





「おっおめでと」





「上まで一緒にいこ」





「ごめん。
今日はひとりで行く・・・」





「分かった・・・」





あーぁ
私どうしよ・・・













*。・ 一方 ・。*





「蓮! めありは
絶対あんたのこと
好きなんだから!」





「は、は、ーい」





「早く告白してきな!」





「えっえーー!!
無理無理」





「はぁー、!?」













*。・ 1週後 ・。*





「テスト返すぞー。
林めあり」





「はい」





「おい、お前
テストの点数が
下がりすぎてるぞ。
何かあったか?」





「いえ、何もないです」





「もっと勉強しろよ」





「はい」





もー恋するの
やめなきゃ。





「めありー!」





「蓮くん??」





「好きだ」





「えっ!? ここはと
付き合ったんじゃ」





「嘘だよ。
めあり騙された?」





「ここはまで!?
もっもうーー」





「返事聞いてもいい?」





「よろしくお願いします」





テスト返しの時間なのに
この教室だけ
拍手で包まれた。





大好きだよ、
レオンくん。





「ちょっとー
私を置いてかないでよ」





「ここは!」





「ごめん笑笑」





私は完璧だぁーー!





心のなかで叫んだ。







*end*

Like

この物語に投票する

林 芽亜里が主人公の物語が主人公の物語

NEWS!NEWS!

nicola TVnicola TV

物語募集

「新ニコラ学園恋物語」では、ニコ読の
みんなが書いたニコモを主⼈公にした
オリジナルラブストーリーを⼤募集中!

応募する

主人公別 BACK NUMBER主人公別 BACK NUMBER

  • nicola TV
  • 新二コラ恋物語 恋愛小説を大募集!