さよなら。私の恋

CAST野崎 奈菜野崎 奈菜

作者:まい

新二コラ学園恋物語新二コラ学園恋物語2020.09.06






こんにちは。
私はナナ。
中3の受験生です。





私の志望校は
今住んでる町から遠いから
友達は誰1人として
一緒に行く子はいない。





でも、そんなのいいと
思ってた。





あの日までは・・・











*。・ 中2冬 ・。*





アム「おはようナナ」





ナナ「おはよう」





今日も普通の1日。





志望校合格に向けて
親友のアムと
勉強を頑張る。
そんな感じ。





カケル「おはよう」





ナナ「おは・・・よう?」





この人はクラスメートの
カケル。





私は、、あんまり
話したことがないから、
わからないんだけど、
ちょっとヤンチャな子って感じ。。





なのに、なんで
いきなり?





アム「いきなりなんなの?
カケル」





ナナ「さ、さぁ?」





なんなんだろう?













*。・ ホームルーム ・。*





先生「今日は、ナナさんと
カケルさんは掃除当番です。
よろしくお願いしますね」





カケル「はいはい。
わかりましたー」





そっか、、
私、今日は
掃除当番だったんだ。
トホホー。





カケル「よろしくな」





ナナ「う、うん」





朝、話しかけて来たのは、
掃除当番だったからなのかな?













*。・ 下校(掃除) ・。*





ナナ「掃除当番だよー」





アム「仕方ないよ。
頑張って」





ナナ「うーーーん・・・」





アム「じゃねバイバイー」





ナナ「あ、ぁ」





仕方ない、やるか・・・





カケル「よし、頑張ろうな。ナナ」





ナナ「う、うん。
頑張ろう」





今日は帰りに塾があるから
早くかえらないとなのに、





カケル「あのさ、ナナは
志望校決めたのか?」





ナナ「う、うん。
一応」





カケル「そうか」





ん?
授業の時よりも
なんかおとなしい?





カケル「頑張ろうな」





ナナ「うん。
お互いね」





そんな話をしながら、
掃除は終わった。













*・*・・・*・・・*・*





塾も終わり、
帰ろうとした、その時。





ナナ「あ・・・」





カケル「・・・」





買い物帰りらしいカケルと
あってしまった。





ナナ「か、買い物?」





カケル「お、おう。
夕飯は俺が作る決まりなんだ」





ナナ「そうなんだ。
じゃーね」





カケル「おう」





家族のために買い出し。
全然、学校の時と
雰囲気違う。





なんか、すごく
家族思いじゃん。





そして、次の日から、
私はずっとカケルを
目で追いかけるようになった。













*。・ 中3 ・。*





アム「もうすぐ受験じゃーん」





ナナ「うん。そうだね」





アム「やっぱり、
あの志望校にするの?」





ナナ「うん。
私はあそこに行きたいの」





アム「カケルのところは?
家から近いし、
毎日会えるよ?」





私もそれは思った。
中3に上がる前に
志望校をカケルと一緒に
しようかと思った。





でも、





ナナ「やっぱり、
自分の夢だったから。
あの高校にいくの」





アム「そうか。
頑張ろう!」





ナナ「うん!
絶対受かる!」





そして、時が過ぎ、
受験も完璧に合格した。





カケルとは違う学校。





少し、いや、
少しどこじゃない。
さみしいさ。













*。・ 学校 ・。*





先生「令和2年度。
卒業生退場」





たくさんの拍手の中、
私は赤いカーペットの上を
歩いた。





卒業なんだ、、、
実感がない。





後でカケルに
お別れの言葉を言おう。





ナナ「カケル!」





カケルがふりかえる。





カケル「ナナ?」





ナナ「お別れだね」





カケル「そうだな」





ナナ「楽しかったよね、
中学校生活」





カケル「あぁ」





カケルの横顔、
あと少しで咲きそうな
桜を見つめている。





終わりなんだ。





もう、カケルの横に
いられない。





告白はしない。





この思いは、
心の奥深くに
しまっておこう。





カケル「写真撮るか?」





ナナ「え? う、」





2ショットはちょっと・・・
恥ずかしい。





ナナ「みんなとも、
撮ろうよ」





カケル「そうだな。
みんなで撮ろう」





カケル「おーい、
アムーユイトー
とるぞー」





アム&ユイト「おっ、いいね。
撮ろう撮ろう」





「はいチーズ」





みんなで撮った写真。





でも、私には
カケルと私しか
写ってないように見える。





さよなら。カケル。





いつか、
また会えるといいな・・・







*end*

Like

この物語に投票する

野崎 奈菜が主人公の物語が主人公の物語

NEWS!NEWS!

nicola TVnicola TV

物語募集

「新ニコラ学園恋物語」では、ニコ読の
みんなが書いたニコモを主⼈公にした
オリジナルラブストーリーを⼤募集中!

応募する

主人公別 BACK NUMBER主人公別 BACK NUMBER

  • nicola TV
  • 新二コラ恋物語 恋愛小説を大募集!