オタク×オタク ~私しか知らない裏の顔~

CAST林 芽亜里林 芽亜里

作者:りなまなくるみんちょ

新二コラ学園恋物語新二コラ学園恋物語2020.07.11






私、林メアリといいます。





これは私の友人、
深尾アムと
紀田ナオヤの物語です。





この2人の恋愛物語を
お見せしましょう。





アムとナオヤ、
実は付き合っているんです。





深尾アムは私の親友。
成績優秀で運動もできる、
女子力も高くて
男子から注目の的。





紀田ナオヤは
幼稚園の頃からの幼馴染。





サッカー部所属の
スポーツ男子。





勉強もできて
女子からはモテモテ。





そんな2人が
付き合うことになって、
周りには「お似合いね」だとか
「2人に勝るカップルはいない」
って言われている。





けれど私は、
お互いがお互いに隠している
裏の顔を知っている。





2人はオタクなのだ。





アムはジャニーズオタク、
ナオヤはアイドルオタク。





お互いにそれを
秘密にしている。





それは私しか知らない。





今日も2人は
ラブラブしている。





アム「おはようナオヤっ」





ナオヤ「アム、おはよ」





アム「ねぇねぇ、
来週の土曜日、
デート行こっ」





ナオヤ「その日は・・・
用事があるんだ」





アム「そうなんだ、」





ナオヤ「日曜日はどう?」





アム「ごめん・・・
その日は・・・」





ナオヤ「最近さ、
デート行けてないよね」





アム「うん・・・、
スケジュール合わないね」





ナオヤ「ねぇ、なんで
行けないの?」





アム「それは用事が・・・」





ナオヤ「用事ってなに?
言えない用事なの?」





アム「ナオヤこそっ、
用事って何なの?」





ナオヤ「それは・・・」





アム「ごめん・・・」





そう言って
アムは席に着いた。











*。・ 休み時間 ・。*





アムが私に
相談に来た。





アム「ねぇメアリっ、
朝の話、聞こえてた?」





メアリ「まぁ、
聞こえてたけど?」





アム「ジャニオタのこと、
言った方がいいかな・・・
実は日曜日はライブで
行けないんだ・・・」





その後、ナオヤも
相談に来た。





ナオヤ「メアリ、
朝のアムとの話、
聞いてたか?」





メアリ「うん、聞いてたけど」





ナオヤ「俺、土曜日は
握手会あって
いけねぇんだ。
オタクってこと
言った方がいいんかな・・・」





私は2人が同じ
相談をしてきて
心の中で笑った。





そして2人に
同じ返事をした。





メアリ「言った方が
いいんじゃない?
きっと受け入れてくれるはず」





昼休み、
アムに近くにいてと
言われたので、
屋上のドアの後ろに隠れて
2人のことを見ていた。





アム「あの・・・
実はナオヤに
言いたいことがあって・・・」





ナオヤ「俺も言わなきゃ
いけないことが
あるんだ・・・」





アム「な、ナオヤからいいよ」





ナオヤ「実は俺・・・
ドルオタなんだ」





アム「え・・・」





ナオヤ「やっぱ引くよな、
オタクなんて」





アム「実は私、
ジャニオタなの」





ナオヤ「えっ?」





アム「日曜日は
ライブがあって・・・」





ナオヤ「俺も土曜は
握手会が・・・」





アム「あははっ、
私達同じことで
悩んでたんだ」





ナオヤ「ごめんな、
握手会優先させて、」





アム「私こそ
ライブ優先させて
ごめん」





ナオヤ「今度、また
空いてる日あったら誘って」





アム「うん。
メアリっ、
受け入れてくれたよっ」





メアリ「よかったね、2人とも」





ナオヤ「お前のおかげだよ」





アム「もしかして
ナオヤもメアリに
相談したの?」





ナオヤ「もしかしてお前も?」





メアリ「2人が同じ
相談してきて
笑っちゃいそうになったよ笑
でも、上手くいってよかった」





アム「ありがとね、メアリ」





ナオヤ「せんきゅっ」





メアリ「いつまでも
リア充でいてねっ」





ナオヤ&アム「もちろんっ!」







*end*

Like

この物語に投票する

林 芽亜里が主人公の物語が主人公の物語

NEWS!NEWS!

nicola TVnicola TV

物語募集

「ニコラ学園恋物語」では、ニコ読の
みんなが書いたニコモを主⼈公にした
オリジナルラブストーリーを⼤募集中!

応募する

主人公別 BACK NUMBER主人公別 BACK NUMBER

  • nicola TV
  • 新二コラ恋物語 恋愛小説を大募集!