俺と君との残酷ラブストーリー。

CAST野口 義斗野口 義斗

作者:モチモッチーノきょん

新二コラ学園恋物語新二コラ学園恋物語2020.04.22






ヨシト「ただいまー」





俺はヨシト。





今は文化祭のおつかいで
コンビニに出かけて
帰ってきた。





まさか、こんなことに
なっているなんて・・・





ヨシト「え・・・
なんだこれ・・・」





それはなんとも
残酷な光景だった。





学校が血まみれで、
みんな、鬼に
殺されていたんだ。





俺は、恐怖で
震えあがった。





ヨシト「まさか・・・」





俺は走った。





クラスには
マホがいる。





マホは俺の彼女で
付き合って1年になる。





ヨシト「まさか、マホまで
殺されてなんかないよな・・・?」





マホも殺されて
いるんじゃないかと
心のどこかで
思ってしまっている。





だが、俺はマホが
生きていると信じたい。





ヨシト「はぁ、はぁ・・・
マホ!!!」





マホ「はぁ、はぁ・・・」





ヨシト「マホ!!!」





マホは生きていた。





だが、
鬼になっていた。





ヨシト「マホ、大丈夫か?
マホ・・・?」





マホ「はぁ、はぁ・・・」





ヨシト「ま、まだ鬼が
中にいるかもしれない。
外に出よう」





俺はマホをおぶって
外に出た。





その時、





マホ「うわぁぁぁぁぁ!」





マホが突然唸り声をあげて
俺に襲いかかってきた。





ヨシト「マホ、
やめてくれー!」





そこに、





カナミ「マホっっ!」





マホの親友のカナミが
助けに来てくれた。





ヨシト「カナミ、
お前は生きていたのか!」





カナミ「私をバカにしないでよね。
私のおじいちゃん、
有名な剣士なのよ」





ヨシト「そうだったのか・・・!」





カナミ「でも、このまま
マホを放っておくと、
私達にまで危害を与えてしまう。
悔しいけど・・・
マホを殺すしかない」





ヨシト「マホを殺す・・・?
そんなこと
できるわけがない!」





カナミ「ごめん・・・マホ。
本当に、ごめんなさい」





カナミがマホを
刺そうとした。





ヨシト「やめろ!」





俺の体は
自然と動いた。





カナミ「ヨシト! どいて!
このままだと、
あなたが死ぬのよ!」





ヨシト「俺は死んでもいい!
でも、マホは
助けてやってくれ」





カナミ「・・・あなた、
どこまでお人好しなのよ。
わかった。じゃあ、
あなたが責任を持って
マホを預かりなさい」





ヨシト「・・・カナミ。
ありがとう」





カナミ「・・・預かったところで、
あなたどうするつもり?」





ヨシト「俺はマホを人間に戻す。
命をかけて・・・!」





そう誓って
俺はマホと旅に出た。





俺のマホへの愛は大きい。
その思いは負けない。





だから、
マホを人間に戻す、
その時まで





俺はマホと
頑張ることにする。













・*・―――・*・―――・*・





それから俺は
鬼殺隊になり、
マホを人間に戻す方法を
探し続けた。





そして、
10年の時が過ぎた。





マホはいつのまにか、
人間に戻っていた。





それは突然のことで、
俺もなぜ戻ったのか
今でもわかっていない。





だけど、
俺はこう思っている。





俺のマホに対する
愛の強さで
マホは救われた。





マホもそう
思ってくれている。





あの日、あんなことが
あったけど





俺がマホを救ったことで
俺とマホの愛情は
深まった気がするし、





こうして
結婚まで至った。





人間に戻るまでの道のりは
大変だったけど、





マホのためなら
頑張れた。





俺はマホと一生
生きていこう。





そう決めたからだ。







*end*

Like

この物語に投票する

野口 義斗が主人公の物語が主人公の物語

NEWS!NEWS!

nicola TVnicola TV

物語募集

「新ニコラ学園恋物語」では、ニコ読の
みんなが書いたニコモを主⼈公にした
オリジナルラブストーリーを⼤募集中!

応募する

主人公別 BACK NUMBER主人公別 BACK NUMBER

  • nicola TV
  • 新二コラ恋物語 恋愛小説を大募集!