タピオカか、それともはるかなのか、それとも?

CAST小原 唯和小原 唯和

作者:のんちゃん

新二コラ学園恋物語新二コラ学園恋物語2020.01.10






こんにちは!
小原ゆいとです。





ゆいと「なぁ、みんな
タピオカでタピろうぜ!」





かける「マジ?
誰が行くんだよー笑笑
そこら辺の女子と行けば?」





ゆいと「タピオカ
うめーじゃん?」





かける「俺は、
あいつらとカラオケ!」





じゃあなっと
グループに戻っていく
かける。





なんだよ、あいつ。





かのん「小原くん!」





ゆいと「かのん、何?」





かのん「タピオカ好きなの??」





ゆいと「好きだけど?
なにか?」





かのん「ううん、ごめんね!
あのね、駅前の
タピオカ店なんだけど、」





わかな「めっちゃ可愛い
女優さんが来るらしいよ!?」





かのん「あっそれ、
かのんが言う
台詞なのに!」





ゆいと「そっそうなんだ」





2人「だから、
気を付けなよ!」





どういうことだよ。





まあ、1人で
タピりにいこ。













*。・ お店 ・。*





結構、混んでたー。
でも買えた。





ゆいと「ふぅー」





?「あの、すみません」





ゆいと「はい?」





?「あの、出来れば
タピオカ買ってきて
くれません?」





ゆいと「えっと?
自分で買えば?」





?「人混み苦手でして。
あっ、私、
はるかと言います」





ゆいと「分かりました」





なんだよ!
ったく。もう!





ゆいと「買ってきましたけど?」





はるか「ありがとうございます!!」





ゆいと「良かったですね」





はるか「あっ、もしかして
怒らせてしまいました??」





ゆいと「あっ、いえ。
とんでもないです」





つい、恐い顔に。













*。・ 次の日 ・。*





かける「ゆいと! お前、
昨日1人で
タピリに行ったの?」





ゆいと「そうだけど?」





かける「あいつが
見たんだってよ!(笑)」





ゆいと「ふーん、
良かったね!」





かける「ありがとよ!」





といって、また
グループに戻るかける。





かのん「小原くん!!」





ゆいと「かのん!」





かのん「昨日の話だけどー、
その女優さんの名前は、」





わかな「平澤はるか!
はるか様!!
めっちゃ可愛いんだよー!」





かのん「だから、
私の台詞だってば!
もう」





ゆいと「えっ!?
あっ、そうなんだ。
それで?」





わかな「プライベートな
こともあるから、
気を付けてね!」





かのん「私も言いたい
台詞なのに!」





ゆいと「うん」





はるかさんって
昨日の!?













*。・ 放課後 ・。*





お店に行ってみよう。





あっ!、





ゆいと「はるかさん!!」





はるか「しーっ」





ゆいと「えっ?
どうして」





はるか「あっ、
えっとね。
名前なんだっけ?」





ゆいと「小原ゆいとです」





はるか「そう、ゆいとくんの
かっこいい声とか
聞かれたくないのよ!
沢山の女性がいるからね」





ゆいと「はぁ」





はるか「ほんと、
ゆいとくんって
カッコいいよね!!」





ほんとなのかな。













*。・ 次の日 ・。*





かけるに
いつものように
愚痴を言われる。





そして、





今日は、
かのんとわかなの
おしゃべりはない。













*。・ 放課後 ・。*





やっぱり、
女優なのかな?





あっ! いたっ!
って、えっ?





撮影してるの?





ゆいと「はるかさん?」





はるか「あっ、ゆいとくん。
ごめんなさい!
じつは、私女優の
平澤はるかなの。
人混みが苦手なのは嘘で」





ゆいと「知ってましたよ」





ファンの人「誰だよ、この人。
はるか様に失礼な」





はるか「私ね。
ゆいとくんのことが
好きなの!
付き合ってくれない?
年齢も同じだし」





ゆいと「どうせ、
嘘なんでしょ。
女優だって
最後にわかるなら、
はじめから教えてよ!!」





はるか「ゆいとくん」





ゆいと「俺が好きなんじゃなくて
タピオカでしょ?」





はるか「違うよ!
ほんとに好きなの」





ゆいと「ほんと?」





はるか「もちろん。
じっ、実はね。
かのんと友達なのよ!!」





ゆいと「かのんと?」





かのん「やっほー、
小原くん」





はるか「私、女優だから
恋できない。
だからいい人いないか
相談したの。
そしたら、
ゆいとくんだった」





ゆいと「でも、かのんは
気を付けろって!」





かのん「その方が
気になって
行くでしょ?」





ゆいと「うん、」





わかな「ほらね!」





かのん「私の台詞!!」





わかな「ふふん!」





ゆいと「はるかさん、
ごめんなさい!
俺、好きな人いるんで」





はるか「そう」





かのん「えっ!?
せっかく協力したのに!
はるか、
可愛いでしょ?」





ゆいと「可愛いいけど、
かのんまでじゃない」





かのん「えっ?」





ゆいと「いつも
そばにいてくれた
かのんが好きだよ!」





かのん「私も好き!
好きな人だから
いいかなって」





ゆいと「いいやつだな!」





かのん「ありがと!」







*end*

Like

この物語に投票する

小原 唯和が主人公の物語が主人公の物語

NEWS!NEWS!

nicola TVnicola TV

物語募集

「ニコラ学園恋物語」では、ニコ読の
みんなが書いたニコモを主⼈公にした
オリジナルラブストーリーを⼤募集中!

応募する

主人公別 BACK NUMBER主人公別 BACK NUMBER

  • nicola TV
  • 新二コラ恋物語 恋愛小説を大募集!