恋愛いじめから助けてくれた君

CAST小松崎 ふたば小松崎 ふたば

作者:はむちーずトースト

新二コラ学園恋物語新二コラ学園恋物語2023.07.22

こんにちは~
フタバだよ~。





私には幼なじみ(年上)が
いるんだけど、
ユアンっていう人で・・・





その人は、かなりモテるらしくて、
女子に人気なんだよね~。
(ちなみに少しいじめられてる)





だから・・・
少し落ち込んじゃうんだ・・・













・*。・ 登校中 ・。*・





友達のレイナと一緒に
歩いてる。





レイナ「暑いね~」





フタバ「そうだね~」





たったったっ





ユアン「急がないと遅刻するぞ~」





頭を撫でられた。





フタバ「っ・・・」





レイナ「あれ~?
照れてんの~?」





フタバ「いやっ・・そんなこと・・」





ユアン「もっと正直になったほうがいいぞ~」





フタバ「あなたに言われたくないです!」





ユアン「一応言っとくけど
敬語禁止ね~」





フタバ「・・・・」





レイナ「2人の恋
叶ってほしいな~」













・*。・ その近くで ・。*・





カイラ「あれ、
何やってんのユアン
年下と」





ユズ「あんなやつなんか
関係ないでしょ。
なんで話してんだろ。
もしかしてだけど~
幼なじみとか?」





カイラ「そんなわけないでしょ。
私達のほうがかわいいから」





ユズ「そうだねーん」













・*。・ 学校 ・。*・





レイナ「ねぇフタバ」





フタバ「?」





レイナ「さっき学校行ってる時、
女の先輩に見られてたよ」





フタバ「えっ・・・
付き合ってもないのに・・」





レイナ「まぁ大丈夫でしょ!」





カイラ「ちょっと~
このクラスに
フタバっている~?」





フタバ「はっ、はい・・」





(やばい・・・・)













・*。・ 屋上にて ・。*・





カイラ「今日の朝さ、
ユアンと一緒だったでしょ」





フタバ「・・・はい」





ドンッ





私は倒れた。





ユズ「絶対さ、
ユアン好きでしょ。
でも私達のほうが好きだから」





フタバ「え・・・」





カイラ「だ、か、ら!
これ以上ユアンに
近づいたらぁ・・・!」





ユズ「あなたがユアンのことを
好きなのを
学校中にバラしまーすっ」





カイラ「あははっ!
おもしろ~
最高の結果が待ち遠しいな~」





フタバ「・・・・やめてください」





ユズ「あ?
私達に文句あるのか?」





カイラ「これ以上
ユアンに近づくな。
分かったか?」





フタバ「・・・・はい」





ユズ「OK!
じゃあユアンは
私達のものだ!」





フタバ「・・・・痛い・・」













・*。・ 教室 ・。*・





レイナ「おーいフタバ
何かあったの?」





フタバ「・・実は・・」





私は先輩から
あのいじめを言われたことを
すべて話した。





レイナ「それは・・・許せない!
フタバを好きにさせる作戦しよう!」





フタバ「えっ・・・急に何するの?」





レイナ「とにかく! 帰ろ~」













・*。・ 次の日 ・。*・





ユアン「おっは~」





レイナ「おはよう!」





フタバ「・・・・」





ユアン「おーい、フタバ」





カイラ、ユズ「おっ!
早速やってるな!」





フタバ「・・・・」





ユアン「お前たち
何してるんだよ」





カイラ「私がユアンと
近づくなっていったの~!(笑)」





ユアン「・・は? なんでだよ」





カイラ・ユズ「だって~ん
私達はユアンのこと好きだから~」





ユアン「俺はお前たちなんか
好きじゃない」





カイラ「・・・は?」





ユアン「こっち来い、フタバ」





フタバ「えっ・・・ちょっ」





その後、2人が
にらみつけてるような
感じがした。













・*。・ 屋上にて ・。*・





ユアン「さっきは
カイラとユズが
邪魔してごめん」





フタバ「・・・大丈夫です」





ユアン「あと・・・
言いたいことがあるんだけど」





フタバ「・・?」





ユアン「俺、ずっと
フタバが好きだったんだ!
俺と付き合ってくれ!」





フタバ「・・えーっ」





ユアン「・・ダメ?」





フタバ「・・・はい!
よろしくお願いします!」





ユアン「だから
敬語はダメだって・・」





フタバ「・・・うん」





ユアン「かわいい・・」





フタバ「・・・!」





なんとユアン先輩から
告白されました!





いじめから助けてくれて
とても感謝です!





あの後、2人の女先輩から
謝れられて
許してあげました!





この恋を大切にしたいです!







~End~

Like

この物語に投票する

小松崎 ふたばが主人公の物語が主人公の物語

NEWS!NEWS!

nicola TVnicola TV

おススメ!おススメ!

物語募集

「ニコラ学園恋物語」では、ニコ読の
みんなが書いたニコモを主⼈公にした
オリジナルラブストーリーを⼤募集中!

応募する

主人公別 BACK NUMBER主人公別 BACK NUMBER

  • nicola TV
  • 新二コラ恋物語 恋愛小説を大募集!