心の中のパーセンテージ

CAST白尾 留菜白尾 留菜

作者:ししゃも

新二コラ学園恋物語新二コラ学園恋物語2023.06.19

私の名前は、白尾ルナ。
一見は、普通の中学生。





だけど、
実は、私には、
自分への好感度が
パーセンテージで見えてしまう
超能力があるんです!





それも昨日から!





正直好感度のパーセンテージが
低かったら悲しいから、
嫌なこともあるかも。





でも、明日の学校も楽しみだな!













・*。・ 学校 ・。*・





?「おはよう!」





[好感度100%]





この子は、私の親友のヒメノ。





いつも好感度が100%で
本当に嬉しい!





ルナ「おはよう。
相変わらずヒメノは明るいね。
私の太陽だわ」





ヒメノ「ほんと!? 嬉しい!」





いつも明るくて可愛い
最高の親友!





?「おはよう」





[好感度30%]





この子は、
私のいつメンのミユウ。





・・・あれ?
パーセンテージが低い。





私は恐る恐る聞いた。





ルナ「ミユウ、
私のこと嫌い?」





ミユウ「・・・まさか!
んなわけないじゃん。
(本当は嫉妬しちゃってるんだけどな)」





ルナ「そ、そうだよね!
ごめん、変なこと聞いて!」





本当に何もなかったら良いな。





ルナ「おはようー、タイヨウ!」





?「・・・おはよう」





[好感度120%]





この人は、幼なじみのタイヨウ。
好感度は・・・





120%!?!?!?





え、見間違いだよね!?
・・・いや、ガチだ。





タイヨウ「どした?」





ルナ「いや、なんでも!
あはは」





こりゃびっくりするでしょ!





ルナ「ねえ、タイヨウ。
好きな人いる?」





タイヨウ「いるけど」





ルナ「え、誰ー?」





タイヨウ「お前だけには
絶対言わない」





ルナ「なんだ、
相談乗ってあげようと思ったのに」





タイヨウ(言ったら
お前が好きってバレるだろ、
可愛いからいいけど)





ミユウ「・・・」













・*。・ 休み時間 ・。*・





ミユウ「ねえルナ、」





ルナ「ミユウ! どした?」





ミユウ「昨日タイヨウくんに
好きな子聞いてたよね?」





ルナ「うん、聞いたよ?」





ミユウ「誰って言ってた?
私、タイヨウくんのこと
好きなんだよね」





ルナ「あ、そうなの?
なら言ってよー!
じゃあ意地でも言わせてくるわ(笑)」





ミユウ「お願い!」





[好感度70%]





ミユウからの好感度上がったー!
よかった。













・*。・ 次の日 ・。*・





ルナ「ねえタイヨウ、
マジでタイヨウの好きな人誰よ!」





タイヨウ「なんで言わなきゃいけねーんだよー」





[好感度150%]





好感度めちゃ上がってるし。





ルナ「だってさー、気になるやん!」





タイヨウ「ならいいよ。
言ってあげるわ。
絶対驚くなよ?」





ルナ「うん」





タイヨウ「お前だよ」





ルナ「・・・知ってた(照)」





タイヨウ「付き合ってください」





どうしよう。
ミユウがいるし・・・





?「付き合っちゃいなよ」





ルナ「ミユウ!?」





ミユウ(言っちゃえ!)





ルナ「お願いします!」





タイヨウ「いいのか!?」





ルナ「うん。
ミユウありがとう!」





ミユウ「負けちゃったけど
タイヨウがルナのこと好きなの
知ってたし。おめでとう」





[好感度100%]





ミユウからの好感度も上がって、
恋も実った!





好感度のパーセンテージのおかげで
幸せです!







*end*

Like

この物語に投票する

白尾 留菜が主人公の物語が主人公の物語

NEWS!NEWS!

nicola TVnicola TV

おススメ!おススメ!

物語募集

「ニコラ学園恋物語」では、ニコ読の
みんなが書いたニコモを主⼈公にした
オリジナルラブストーリーを⼤募集中!

応募する

主人公別 BACK NUMBER主人公別 BACK NUMBER

  • nicola TV
  • 新二コラ恋物語 恋愛小説を大募集!