空色コレクション

CAST髙橋 快空髙橋 快空

作者:momo

新二コラ学園恋物語新二コラ学園恋物語2023.02.12

私、髙橋かいら、
中学3年生。





私たち中学3年生は
もうすぐ卒業を迎える。









・*。・ かいらのクラス ・。*・





ゆあん「かいら先輩、
おはようございます!
今日も好きです!」





かいら「ゆあんくん!」





ゆず「また来てる~笑」





ゆあん「先輩、好きです!
オレと付き合ってください!」





かいら「ゆあんくん、、
毎日告白してくれるけど、、
ごめんなさい」





ゆあん「諦めません、
また来ます!」





ゆず「毎日
告白しにくるよね~笑」





かいら「うん、、」













・*。・ かいらの部屋 ・。*・





かいら「う~ん、、」





実はかいらには
ある秘密があった。





親友である、ゆずにしか
話していない。





それは、かいらが
中学校に入る前のこと、、





かいらは、そのことがきっかけで
心に深い傷を負った。













〘~回想~〙





るわ「かいら、好きだ!
オレと付き合ってください!」





かいら「、、、はい!」





るわ「良かった。
よろしく!」





かいらとるわは
クラスメイトだったが、
るわに告白され、付き合い始めた。





かいら「るわ、教室にいるかな~??」





かいら「ん?? 誰かいる、
るわかな?」





るわ「かいらさ~、
なんかつまんねぇー。
遊びで付き合ってみたけど
やっぱ無理w」





??「お前、ほんと性格わりぃなw」





かいら(ドアを開ける)





るわ「かいら、、?!
あ~あバレちゃった~」





家に帰り、かいらは
ベッドに突っ伏して泣いていた。





その時からかいらは
男子と付き合うのが
怖くなってしまった。





かいら「はぁ、、
思い出すだけで憂鬱、、」













・*。・ 次の日 ・。*・





ゆあん「かいら先輩、
おはようございます!」





かいら「ゆあんくん、、おはよ」





ゆあん「なんか
元気なくないですか?」





かいら「えっ、
そんなことないよ、、」





ゆあん「、、、先輩!
ちょっと来てください!!」





かいら「え?! ゆあんくん?!
授業始まるよ?!」













・*。・ 屋上 ・。*・





ゆあん「悩みごとあるんだったら
言ってください!
オレが聞きます!」





かいら「ゆあんくん、、
ここ風が気持ちいいね、、」





ゆあん「お気に入りの場所なんです!」





気がつくと、かいらは
ゆあんにすべてを話していた。





ゆあんの優しさと爽やかな風が、
かいらの心を
とかしたのかもしれない。





ゆあん「つらい思いをしたんですね、、
話してくれてありがとうございました。
オレが毎日告白しにいくのも
先輩にとってはつらかったんですよね、
もうこれからは行かないので
安心してください!、、」





かいら「まって!!
ゆあんくんは、
るわみたいな人じゃないって
信じてるし、分かってる。
それに、、
毎日告白しに来てくれるのも
嬉しかったよ///」





かいら「好きです!
付き合ってください!」





ゆあん「、、、!
やった、!!」





かいら、ゆあん「「大好きだよ!!///」」







~おわり~

Like

この物語に投票する

髙橋 快空が主人公の物語が主人公の物語

NEWS!NEWS!

nicola TVnicola TV

物語募集

「ニコラ学園恋物語」では、ニコ読の
みんなが書いたニコモを主⼈公にした
オリジナルラブストーリーを⼤募集中!

応募する

主人公別 BACK NUMBER主人公別 BACK NUMBER

  • nicola TV
  • 新二コラ恋物語 恋愛小説を大募集!