遠距離恋愛まであと3分

CAST髙橋 快空髙橋 快空

作者:nicolove

新二コラ学園恋物語新二コラ学園恋物語2023.01.14

私、髙橋かいら。
ニコラ学園に通っていて、
幼馴染のれんのことが好きなんだ///





****** 教室でおしゃべり ******





かいら「もうすぐ冬休みだね!」





ゆず「そだね~!!
やっっと冬休み来るぅ~
(目キラキラ)」





この子は、れんと同じく
私の幼馴染のゆず!
ちっちゃい頃からの
大親友なんだ!





私が、れんを好きなことも
知ってるの///





かいら「れんは
何か予定あるの?」





れん(転校するのは
バレたくない・・・)





れん「特に何もないと思うけど・・・ 
かいらは楽しいこと
いっぱいしろよ!」
(頭ぽんぽん)





かいら(キュン///
れん優しい///)













* ‐‐‐ * ‐‐‐ *





2学期の終業式のあと・・・





かいら「やばいぃ~
先生に職員室に来いって
呼び出されてたの忘れてたぁ~!
このあとゆずと
遊ぶ約束してるし、
早く行かなきゃ!!」













****** 職員室前 ******





かいら「失礼しまぁ・・・」





先生「そうかぁ
冬休み中には
シンガポールに・・・」





れん「今までありがとう
ございました」





かいら(えっ何それ
どういうこと?!
れん転校するの?!
シンガポール?!)





職員室の中での会話を
聞いてしまったかいら。





かいら「先生の用事より
れんのこと皆に伝えなきゃ!!」













****** 教室 ******





かいら「みんな~!!!
れんが、
転校しちゃうんだって!」





教室の皆「えぇぇぇぇ~!?」





かいら「多分れんは、
秘密にしてるんだよ。
でも私たち皆、れんに
助けられてきたよね、
皆でれんの
ありがとうパーティーしよう!!!」





教室の皆「うんっ!!!」





その日の放課後・・・
かいらとゆずは2人で
帰り道を歩いていた。





かいら「ゆず~、
れんのこと、どうやって
パーティーに誘う?」





ゆず「う~んそうだなぁ、
一緒に遊ぼって
さり気なく誘うとか?」





かいら「だね~そうする!
それで、その帰りに、
れんに告白する!///」





ゆず「マジか!!
がんばってかいら!!
全力で応援してる!!」





その日から皆で
パーティーのために
冬休みを削って準備した。













****** パーティー当日 ******





れん(急に遊ぼうって、
どうしたんだ?
ていうか、
かいら来ないし!!)





かいら「れん~!!!!
ごめぇん!
遅れちゃった」





れん「い、いつもと違う感じで
か、かわ、いいじゃん///」





かいら「へ?!
あ、ありがと///!」





キュン死にする・・・///
照れながら
そういうこと言われたら・・・///





かいら「じゃあ~、行こ!」













****** パーティー場所 ******





ドアを開けると・・・





クラスの皆「れん、
今までありがと~!!!!」





れん「え?!?!」





クラスの皆「大好きだよ~!
シンガポール行っても頑張れ~!!
優しさにいつも助けられた!
元気でね!」





れん「皆・・・」





パーティーは
遅くまで続いた。





解散の時間に
なってしまった。





れん「かいら、送ってくよ」





かいら「え! ありがと///」













****** 帰り道 ******





れん「転校のこと
皆に言ったの、かいらだろ?」





かいら「え! なんで・・・」





れん「終業式のあと、
先生と職員室で話してたんだ。
知ってるだろうけどねw
話し終わったあと、職員室から出たら
かいらが走ってくのが見えたから
そうかなって」





かいら「そういうことかぁ」





話しながら歩いていると
気づいたら家がもう
すぐそこになっていた。





覚悟を決めたかいら。
よし! 告白する!





かいら「れん! 私、
れんのことが好き!」





かいら「あ、あのじゃあ、
わ、わ、私、帰るね!
返事は、れんが出発する日に
聞きたい!」





れん(ポカーン・・・
う、嘘だろ??
かいらが俺のこと・・・///
可愛すぎんだろ///)













****** かいらの部屋 ******





う~告白しちゃったよぉ。
れんはどう思ってるかなぁ。





ゆずに報告と相談しよ・・・





ゆずに電話・・・





ゆず「え~!
かいらすごいじゃん!!
やったね!」





かいら「大丈夫かなぁ・・・」





ゆず「かいらなら大丈夫!!
私がついてるからね!」





かいら「ありがとう、ゆず・・・!!」













****** れんの出発当日 ******





れん「かいら・・・
告白の返事、していい?」





かいら「う、うん・・・///」





れん「俺もかいらが好きだ!
俺と付き合ってください!」





かいら「うそ・・・///!!」





れん「嘘じゃないよ。
(微笑んでかいらを
見つめるれん)」





かいら「嬉しい・・・!!」





かいらとれんの
遠距離恋愛まで、
あと3分。







*end*

Like

この物語に投票する

髙橋 快空が主人公の物語が主人公の物語

NEWS!NEWS!

nicola TVnicola TV

物語募集

「ニコラ学園恋物語」では、ニコ読の
みんなが書いたニコモを主⼈公にした
オリジナルラブストーリーを⼤募集中!

応募する

主人公別 BACK NUMBER主人公別 BACK NUMBER

  • nicola TV
  • 新二コラ恋物語 恋愛小説を大募集!