女だって、男だって。

CAST小松崎 ふたば小松崎 ふたば

作者:ゆずな

新二コラ学園恋物語新二コラ学園恋物語2023.01.10

こんにちは!
フタバです!
私には、幼なじみの
コハナがいます!





コハナ「ねーねー」





フタバ「何?」





コハナ「私、リュウノスケ先輩のこと、
好き、なんだよね」





フタバ「っ・・・
す、素敵な人だもんね、
頑張ってね!」





コハナ「どうしたの?
フタバ」





フタバ「いや、
な、なんでも、ないよ」





コハナ「あ、もしかして、
フタバも
リュウノスケ先輩のこと・・・?」





フタバ「そんなわけないじゃん!
コハナの恋を応援するよ!」





好きな人は、いる。
けど、絶対に伝えられない。





私の好きな人は、
今、目の前にいる。
コハナだ。





私は男子を
好きになれなかった。





コハナと話すとき、
ちょっと緊張するときがある。





私は、普通じゃないんだ。





調べたら、
レズビアン・・・
女性同性愛者というらしい。





誰にも言えなかった。





親以外
このことは誰も知らない。





コハナ「じゃあねー!!」





フタバ「うん、バイバイ」





私は、コハナ。
最近、フタバの元気がない。





私の好きな人を伝えてから。





フタバは違うと言っていたけど、
フタバもリュウノスケ先輩のこと、
好き、なのかな。





でもフタバは
リュウノスケ先輩の近くに行っても
緊張する素振りはない。













・*。・ 次の日 ・。*・





今日は土曜日。
フタバと一緒にお買い物に行く。





コハナ「おはよー!!」





フタバ「うん、おはよ・・・」





フタバ「・・・」





コハナ「どうした?
体調悪い?」





コハナ「え、ちょっ、
フタバ!!
どこ連れてくの!?」





フタバがおもいっきり
私の腕をつかんだ。





それと同時に、
私をどこかへ連れてった。





フタバ「・・・ごめん。
連れ回して」





コハナ「・・・ここ、ニコラ展?」





フタバ「うん。行きたかったの」





コハナ「皆、キラキラしてる」





フタバ「あのね、コハナ」





コハナ「うん?」





フタバ「私、コハナが・・・好き、
なんだよね」





コハナ「・・・え?」





フタバ「驚くかもしれない。
私、レズビアン・・・なんだ」





驚いたよ。驚いた。
けど、





コハナ「好きになるのに
女の子も男の子も
関係ないよね!」





フタバ「え・・・うん!」





コハナ「いいよ。
私、フタバと付き合う」







*end*

Like

この物語に投票する

小松崎 ふたばが主人公の物語が主人公の物語

NEWS!NEWS!

nicola TVnicola TV

物語募集

「ニコラ学園恋物語」では、ニコ読の
みんなが書いたニコモを主⼈公にした
オリジナルラブストーリーを⼤募集中!

応募する

主人公別 BACK NUMBER主人公別 BACK NUMBER

  • nicola TV
  • 新二コラ恋物語 恋愛小説を大募集!