世界中に恋とロックとメロディを!

CAST高比良 由菜高比良 由菜

作者:りの

新二コラ学園恋物語新二コラ学園恋物語2022.11.01

今日は
ニコラ学園の入学式。





こんにちは
高比良ゆなです!





みんなからは
ゆななって
よばれてるんだ!





私が受験してまで
このニコ学に入った理由は、、





ロックバンド部があるから!





ずっと憧れている
ロックバンド
みたいになりたくて
ニコ学に入学したの!





でも、
どんな部活なのか不安。





?「あぶなーい!!!」





どーんっっっ!!!





?&ゆなな「いてて、、、」





?「ごめんなさい!!!」





ゆなな「全然大丈夫だよ!
私こそ何も周り
見えてなかったから!
ニコ学の1年生だよね?」





?「うん!
髙橋かいらっていうんだ!
カイラって呼んでね!
よろしくね!!!」





ゆなな「よろしく!
私のことは、ゆななって
呼んでほしいな、
カイラはなんで
ニコ学に入学したの?」





カイラ「ロックバンド部が
あるから!!!」





ゆなな「え! 同じ!!!」





カイラ「ほんとに?!
一緒にがんばろ!!
ゆなな、可愛いのに
ロックバンドとか
ギャップもかわいいね!」





ゆなな「ずっと憧れてる
バンドがあるから!」





カイラ「それもしかして、
ニコ3?」





ゆなな「そう!!!」





ニコ3は、ニコ学出身の
ルキさん、りみさん、
アンジさん!





学生の頃に
ろじょうらいぶをして
そこから話題になって
テレビにひっぱりだこの
3人組バンドのこと!





カイラ「一緒にニコ3にも
知ってもらえるような
ロックバンドになろ!」





ゆなな「うん!!!」





カイラ「でも、ロックバンド
頑張ろとか言ってたけど、
全然いいあん
おもいうかばないよね」





ゆなな「そうだよね、、、」





?「何話してんの?」





カイラ「あっ! ルワ!」





ゆなな「知り合い?」





カイラ「幼馴染なの」





それからルワくんに
ロックバンドのことを
色々話した。





ルワ「それなら、俺のルキに
頼めばいいじゃん。
今日ルキ、入学式くるし」





ゆなな「え?」





カイラ「忘れてた!!!
ルワのお姉ちゃん
ニコ3のルキちゃんだ!」





ゆなな「カイラ
なんでそんな大事なこと
忘れてるの? 笑」





すごい!
ルワくんのお姉ちゃんが
憧れのルキさんなんて、!





?「ルワ!
ネクタイまがってるよ!」





ルワ「え、ガチで?
あ、ルキ!
ゆなとカイラから
お願いがあるんだけど」





ゆなな「あのニコ3みたいな
ロックバンドになりたくて!
わたしたちにロックバンドを
教えてもらえませんか???」





カイラ「ルキちゃん、お願い!」





ルキ「なるほどねー」





ゆなな&カイラ「どうですか、、、?」





ルキ「いいよ! のった!
でも、私が教えるからには
バシバシいくよ!」





カイラ&ゆなな「よろしくお願いします!」





ルワ「俺もロックバンド部入るわ、
楽しそうだし!
一緒に頑張ろうぜ!」





それから
特訓が始まった。





ルキ「ルワ!
音程ずれてる!
カイラ!
ギターのソ出てないよ!
ゆなな!
ドラムもうちょい
レパートリー増やして!」













・*。・ それから1ヶ月後 ・。*・





ルワ「俺らずいぶん
上手くなったんじゃない?」





ゆなな「ね!!!」





カイラ「頑張ったよね!」





すごく頑張った。





ルキさんも見てくれて、
褒められることが増えて
もっとロックバンドが
大好きになった。





ルキ「うん!
すごく成長したよ!
だから担当を決めよう!」





ルワ&カイラ&ゆなな「担当?」





ルキ「そう! 担当。
ボーカル、ドラム、ギター」





ルキ「あと、教えることは
何もないかな。
バンドって、そのバンドに
色々な個性があるから
面白いんだよ、
これ以上教えても
みんなの個性がなくなるだけ、
これから3人で頑張ってね!」





ゆなな「でもどうやって、、、」





ルキ「そのうちわかるよ!」





カイラ「これから
私たちの個性を
見つけて行こう!」





ルキ「その調子
がんばってね!」





ルワ「ルキ
今までありがとう」





カイラ&ゆなな「ほんとうに
ありがとうございました」













・ルキさんとお別れした後・





ルワ「どうする、担当」





カイラ「そうだよね」





ゆなな「私、ボーカル行く」





カイラ&ルワ「いいじゃん!」





ルワ「俺、ドラム!」





カイラ「私、ギター!」





ゆなな「これから
がんばっていこう!
えいえい」





みんな「おー!!!!」





それから私たちは
すごく練習した。





放課後いつもいつも
集まって練習した。













・*。・ ある日の放課後 ・。*・





カイラ「今日外せない
用事入ってて、
先帰るね! ごめんね!」





ゆなな&ルワ「ばいばーい!」





ルワ「ゆなな、
すごくギャップだよな。
その見た目で
ロックバンドって、
いいと思う」





ゆなな「なにそれ 笑笑」





ルワ「だって、ゆなな
かわ、、、
なんでもない」





ゆなな「え?」





ドキッとした。





屋上で、
さわやかな風が
流れている。





この気持ちは
なんだろう。













・*。・ 次の日 ・。*・





カイラ「いいこと
思いついたんだけど、
YouTubeにロックバンドを
発信しない?
こんな練習してるから!
それを発信する
いいきかいじゃん!」





ルワ&ゆなな「いいね!!!
そうしよ!」





ゆなな「いくよ!」





私たちのメロディが
屋上をかけはしっている。





終わった時には
校庭に人が
集まっていて
拍手が巻き起こった。





ゆなな「ロックって
こんなに楽しいんだ!」





カイラ&ルワ「楽しい!!!」





そのYouTubeは、1ヶ月で
1000万回再生に
のぼった。





そして、私たちは
いちやく有名になった。





ルワ「ゆなな
ちょっといい?」





ゆなな「いいよ」





ルワ「おれ、
ゆななと出会った時から
ゆななに一目惚れしたんだ、
ロックバンドを
一緒にしているうちに
もっとゆななを
好きになっていったんだ。
すきです。
付き合ってください!」





ゆなな「はい!」





カイラ「おめでとー!!!
ずっとルワ、私に
相談してきてたんだよ 笑
ゆななとどうやったら
付き合えるかって 笑」





ルワ「いうなよー!!!」





ゆなな「そうだったの?!」





カイラ「でも、もっと
頑張ろうねロックバンド、
いつかニコ3みたいに
有名な音楽番組に出ようね!
カップルになったって
うかれちゃだめだよ!」





ゆなな&ルワ「うん!」





それから私たちは、
有名なロックバンドになり、
テレビなどで
引っ張りだこになった。





みんな「ずっと世界中に
恋とロックとメロディを
届け続けようね!」







*end*

Like

この物語に投票する

高比良 由菜が主人公の物語が主人公の物語

NEWS!NEWS!

nicola TVnicola TV

物語募集

「ニコラ学園恋物語」では、ニコ読の
みんなが書いたニコモを主⼈公にした
オリジナルラブストーリーを⼤募集中!

応募する

主人公別 BACK NUMBER主人公別 BACK NUMBER

  • nicola TV
  • 新二コラ恋物語 恋愛小説を大募集!