恋のドキドキワクワク修学旅行

CAST佐藤 菜月海佐藤 菜月海

作者:みっしー

新二コラ学園恋物語新二コラ学園恋物語2022.07.17

私の名前はなつみ。
中学3年生。





好きな人がいる、





そして今月
修学旅行がある・・・!





距離を縮められる
大チャンス!





行き先は
有名な遊園地♪





「楽しみだなぁ!
修学旅行!
ね! かいら!」





「うん!
そうだね!
思いっきり
楽しみたいね!」





私は同じクラスのかいらと
とても仲がいい。
ずっと一緒にいる。





でも1つだけ
気がかりなことが・・・





私とかいらの
好きな人が・・・
被っている。





その好きな人は・・・
同じクラスのるわ君。





お互い負けず嫌いな
性格だから
修学旅行の自由行動とか
取り合いになりそうで
ちょっと不安・・・













*...・・・*...・・・*





迎えた修学旅行当日。





はぁ、楽しみだけど
ちょっと不安だなあ・・・





そう思いながら
遊園地へ向かった。





到着して先生が





「みんな仲良く、
1人になる人が
いないように遊べよ~!」





と大きな声で言う。





(私、るわ君も誘いたいけど・・・
かいらが1人に・・・)





その時かいらが





「ねぇねぇなつみ、
誰か男の子誘わない?
るわ君とかどう?」





「う、うん、
誘ってみよ!」





誘ってみたら、難なく
おっけーを貰えた!





なつみ「何乗る~?」





かいら「私、絶叫系とか
乗ってみたい!」





るわ「いいね! 乗ろう!」





なつみ「う、うん、乗ろ!
(本当は絶叫系が大の苦手・・・)」





乗り終わって
私は少し
体調が悪かった、





すぐ良くなると思って
次の乗り物に。





その瞬間・・・





私が目を開けると
そこには、るわ君が。





かいらが
見当たらない。





「あれ? かいらは?
ここはどこ?」





そう言うと、るわ君が





「なつみ、体調悪くて
倒れたんだよ。
大丈夫?
かいらはお土産買いに
行ってる」





私はびっくりした。





「うん! 大丈夫!
良くなったし、
みんなのところ行こう!
かいらも1人だし」





そう言って立った瞬間
腕を掴まれた。





「もう少しだけ2人でいたい。
まだ時間もあるし、
2人だけで
思い出作らない?」





ドキッとした。





「え!?」





「だって俺・・・・・・
なつみが好きだもん」





「私もるわくんのこと・・・
好き!」





「なつみが好き、
これからもなつみと
一緒にいたい」





「もちろん!」





そして私はるわ君と
付き合うことが出来た。





かいらにも
付き合ったことを言ったら
応援してくれた、一安心。





こうして修学旅行の思い出は、
とてもいい
最高の思い出になりました。







*end*

Like

この物語に投票する

佐藤 菜月海が主人公の物語が主人公の物語

NEWS!NEWS!

nicola TVnicola TV

物語募集

「ニコラ学園恋物語」では、ニコ読の
みんなが書いたニコモを主⼈公にした
オリジナルラブストーリーを⼤募集中!

応募する

主人公別 BACK NUMBER主人公別 BACK NUMBER

  • nicola TV
  • 新二コラ恋物語 恋愛小説を大募集!