勇気がついた私の方法。

CAST近藤 藍月近藤 藍月

作者:ピンクノフセン

新二コラ学園恋物語新二コラ学園恋物語2022.05.26

私はアキ。
ニコラモデル。





今日は親友のカイラと一緒に
『カイアキ』の写真撮影を
しているんだぁ!





でも実は、私とカイラには
ファンのみんなには
話せない秘密のことがあるんだ。





今日は特別に
教えてあげる。





それは・・・
ギャルってこと!!!





でもギャルってことを
知られたら
私達の印象
ガタ落ちでしょ?





だからいつも
秘密にしてるの。





カイラ「行こっ?
アキぃー早く!」





アキ「あー
分かった分かった。
行こっか」





「ちょっと
待ってください!」





カイラ「ふえっ?!」





後ろにはニコラと
私たちの通っている学校の
両方の生徒会長をしている
リミさんが!





リミ「2人とも?
学校で最近
あなた達の悪い噂が
広まってるけど、
何もしてませんよね?」





アキ「ハハハハハハ
ハハハハハイっ!!!
してません!」





リミ「・・・そうですか、
すみません」





信じてないな。
これは。













・*。・ カイラの家 ・。*・





カイラ「ひゃー、危なかったね。
ま、そんなことより
ギャルメイク練しよ」





アキ「このY2Kな
デザインの服素敵!!
インスタに載せよ~って
すぐコメントきた!
『アキちゃんのセンスが光ってる』
だってー」





カイラ「REN?
レンくん?
あ、クラスの!!
アキの好きな人じゃん」





アキ「ちょっ、カイラ!!」





カイラ「告白しちゃえー」





じゃ、返信してみる?





アキ『ありがとう。
レンくんだよね』





レン『そう。
アキちゃんのギャル好き。
オシャレ』





アキ『あちゃ。
ギャルってことバレてた?』





レン『そりゃあ
好きな人のこと、
少しは知りたいし』





アキ『す・・・好きぃ?!』





あ、心の声
コメントに
書いちゃった・・・///





レン『はい。
僕と付き合って』





カイラ「きゃー!!!
漫画のシーンじゃん!
ギャル、悪くないね!」





ふふっ。
こんなこと、ある?





この後、私は
『私も、好き。付き合お。』
と返信し、
こうして私はレンくんと
付き合って撮影も絶好調。





リミさんはと言うと、
このことを知り
ギャルに目覚めてました。







*end*

Like

この物語に投票する

近藤 藍月が主人公の物語が主人公の物語

NEWS!NEWS!

nicola TVnicola TV

物語募集

「ニコラ学園恋物語」では、ニコ読の
みんなが書いたニコモを主⼈公にした
オリジナルラブストーリーを⼤募集中!

応募する

主人公別 BACK NUMBER主人公別 BACK NUMBER

  • nicola TV
  • 新二コラ恋物語 恋愛小説を大募集!