今年の夏私たちは・・・

CAST佐藤 菜月海佐藤 菜月海

作者:ユキナ

新二コラ学園恋物語新二コラ学園恋物語2022.05.24

私の名前は、
佐藤なつみ。





実は私、
付き合っている人が
います。





名前は、河島英人。





彼は、成績トップの
優秀者。





に比べて私は、
どこか抜けてる。





いわゆる
天然ってやつ。





自分じゃ
よく分かんないけど・・・





だから気づいて
ませんでした、





私たちが全然
カレカノらしくない
ことに・・・





そのことに
気づいたのは、
休み時間カイラと
話していたときの
ことでした。





ナツミ「エイトくんを、
初デートに
誘いたいんだけど、
どこがいいかな~」





私はそのことを、
親友のカイラに
相談していた。





カイラ「エイトを?
2人付き合いだしたんだ」





ナツミ「えっ!
付き合ったのは
2ヶ月くらい
前からだよ」





カイラ「にっ、2ヶ月前!
うそでしょ、
全然そんな風に
見えなかったんだけど」





そんな!





カイラ「2ヶ月も前に
付き合ってて
今さら初デート!」





ナツミ「初デートはまだだけど、
お揃いの文房具買ったり、
図書館で一緒に
勉強したりしたよ!」





カレカノらしいよね!





カイラ「全然カレカノらしく
ありません!」





そんな~!





カイラ「今度花火大会が
あるらしいから、
花火デートでもしてみたら?
少しはカレカノらしく
なれると思うよ」





ナツミ「花火デート!
誘ってみるありがとう」





カイラに相談して
よかった!













・*。・ 放課後 ・。*・





ナツミ「エイトくん
あの~、一緒に
花火見に行きませんか」





すごく緊張してる。





エイト「花火、デート?」





ナツミ「うん!」





エイト「いいよ」





やった!!













・*。・ 花火デート当日 ・。*・





エイト「この辺から
みよっか」





ナツミ「そうだね!」





今は花火を見る場所取り最中!





ナツミ「まだ始まんないね。
そろそろだと思うんだけど。
今日ね、初めてのデートだから
すごく楽しみにしてたんだよ!」





何気なく言うと、





エイト「そうだよな~、
デート初めてだったな。
ごめんな、俺付き合うとか
よく分かんなくて」





と反応してくれた。





ナツミ「全然大丈夫だよ!」





私は少し焦って
言った。





エイト「その・・・、
どうやって
誘ったらいいか
わからなくて、
なかなか誘えなくて・・・」





そうだったんだ~!





エイト「だから
誘ってくれた時、
すげー嬉しかった」





エイトくんは、
耳を真っ赤にしていった。





『ヒュー、ドーンー』





花火が上がった。





ナツミ「始まった!
きれいだね」





エイト「ナツミのほうが
きれいだよ~」





そんなこと初めて
言われたから
私は顔を真っ赤にして
しまった。





私たちはそっと
手をつないで、
花火を見た。





今年の夏、私たちは
カレカノらしくなれそうです。







*end*

Like

この物語に投票する

佐藤 菜月海が主人公の物語が主人公の物語

NEWS!NEWS!

nicola TVnicola TV

物語募集

「ニコラ学園恋物語」では、ニコ読の
みんなが書いたニコモを主⼈公にした
オリジナルラブストーリーを⼤募集中!

応募する

主人公別 BACK NUMBER主人公別 BACK NUMBER

  • nicola TV
  • 新二コラ恋物語 恋愛小説を大募集!