体育祭から始まった恋

CAST小松崎 ふたば小松崎 ふたば

作者:かの

新二コラ学園恋物語新二コラ学園恋物語2022.05.11

やっほー!
フタバでですっ!





ちょっとドジな
中学生!





今日は、
待ちに待った体育祭!





練習だって
頑張ったもん!





だから絶対、
徒競走で
1位取るもん!













・*。・ 徒競走本番 ・。*・





?「位置について
よーいパッンッ!
(ピストル)」





スタート、
上手くいった!





と思いきや、
もうゴール目前。





このまま1位で・・・





フタバ「うわっ!」





痛っ!





みんな「www」





ヤッバッ!





転んじゃった(泣き)





もう、
最下位じゃん。





とにかく走ろう!





?「大丈夫ですか?」





だ、誰???





?「とりあえず
保健室行きましょう」





フタバ「ただの擦り・・・」





突然持ち上げられた。





キャー
お姫様抱っこなんて
夢みたい/////





じゃなくて、誰?





てか、知らない男子に
お姫様抱っこされてるって
ヤバくない!





妄想に浸っている間に
保健室に着いた。





養護教諭「小松崎さん
大丈夫?」





フタバ「大したことないです。
と、言うか
さっきの男子って
誰か知ってますか?」





養護教諭「あの子は、
保健委員長の
河島エイト君」





フタバ「そう、なんですか」





手当が終って
保健室を出ると
そこには、
河島さんの姿があった。





フタバ「さっきは、
ありがとうございます」





エイト「いえ、全然。
ご無事で
良かったです」





なんか、
不思議な子だなぁ~。













・*。・ 次の日 ・。*・





コハナは、
私の親友!





保健委員で社交的で
勉強もできて
とっても頼りになる。





フタバ「コハナー。
河島エイトさんって
知ってる?」





コハナ「委員長でしょ!
知ってるよ!
委員長、めっちゃ
モテるらしいよ」





フタバ「そうなの!」





コハナ「お姫様
抱っこしてもらった生徒は、
羨まし過ぎて
恨まれるらしい」





フタバ「げっ!
じゃあ私、
恨まれるの(泣き)」





コハナ「大丈夫だって!
私がいるから」





フタバ「心強いですっ」













・*。・ 約10か月後 ・。*・





今までエイト先輩とは、
仲良くさせてもらった。





10か月後なんて
あっという間。





もうエイト先輩が
卒業する日が
近づいてきた。





私たち2年生は、
在校代表として
卒業式に出る。













・*。・ 卒業式の日 ・。*・





お世話になった先輩たちが
卒業するということで
泣いていた人もいた。





私もエイト先輩と
これから会えない日が
続くと考えると
涙が溢れてきた。













・*。・ 卒業式後 ・。*・





エイト「今までありがとう。
小松崎さんの笑顔、
素敵だから
これからも
笑顔でいてください」





フタバ「はいっ!
また会いたいです」





エイト「そうですね」













・*。・ 1年後 ・。*・





ついに私たちの
卒業式がやってきた。





無事、第一志望に
合格できた。





1年前のことを
思い出すなぁ~。













・高校、初登校日・





うわぁ~
高校って
こんなんなんだぁ~。





色んな委員会が
あるんだなぁ~。





委員会の宣伝を
見ていると
ふと思い出した。





エイト先輩も
保健委員だったから、
私も保健委員に
なってみようかな!





やっぱ人数多っ!













・*。・ 次の日 ・。*・





エイト「保健委員になった
河島エイトです。
よろしくお願いします」





拍手





河島エイトって
もしかして・・・













・*。・ 放課後 ・。*・





フタバ「あの、先輩」





エイト「どしたの?」





フタバ「小松崎フタバですっ」





エイト「ホントに!
ニコラ中の?」





フタバ「はいっ」





エイト「すっごい
大人っぽくなったね。
気づかなかった」





先輩、まえは
真面目君っていう
感じだったけど
あか抜けてる!





エイト「俺、あの日から
小松崎さんというか
フタバに
ひとめ惚れしたんだ」





そう、だったの!





なんか、嬉しい!





エイト「俺、フタバのことが
好きだ。
だから、もし俺で良ければ
付き合ってください」





フタバ「は、はいっ」





みんな見てるー。





ちょー恥ずかしい/////





でもいっか!







*end*

Like

この物語に投票する

小松崎 ふたばが主人公の物語が主人公の物語

NEWS!NEWS!

nicola TVnicola TV

物語募集

「ニコラ学園恋物語」では、ニコ読の
みんなが書いたニコモを主⼈公にした
オリジナルラブストーリーを⼤募集中!

応募する

主人公別 BACK NUMBER主人公別 BACK NUMBER

  • nicola TV
  • 新二コラ恋物語 恋愛小説を大募集!