漫画と違う三角関係

CAST足川 結珠足川 結珠

作者:naho

新二コラ学園恋物語新二コラ学園恋物語2022.04.22

私はユズ。
地味で目立たない
中学生。





漫画を読むのが
大好き。





私の好きな人は、
同じクラスのレン君。





レン君はイケメンで
クラスの人気者だ。





私は実は
レン君の幼馴染で、
小さい頃は
仲が良かった。





でも、大きくなるにつれて
段々と話す機会も
なくなって、
今は会話することもない。





「もう諦めようかな・・・」





そんなことを考えながら
学校の窓を見つめていたら、
誰かに肩を叩かれた。





「な~に
暗い顔してんの?
親友の私に相談して!」





「カイラ!」





カイラも幼馴染で
大親友。





人見知りで暗い
私と違って
カイラは、明るくて
友達も多い。





そしてレン君とも
仲がいい。





「なっ、なんでもないっ」





「え~?
絶対なにか悩んでると
思うんだけどな~、
あっ私も相談
あるんだった!」





「え? 何?」





「実は・・・
私、レンに
告白しようと思う!」





その言葉を聞いた瞬間、
私の心臓の音が
ドクンと大きく
鳴った気がした。





「カ・・・カイラ
レン君のこと
好きだったんだ」





「実はそ~なの!
最近話してるうちに
段々好きに
なっちゃってさ~!!」





「そ・・・
そうなんだ・・・」





「ユズは私のこと
応援してくれる?」





「・・・うん」





「ありがと~!
さっすがユズ!
よしっ、今日の
放課後に
告白しよう!」





「ほ・・・放課後!
早くない!?」





「ずっと悩むんだったら
もう早めに
言っちゃったほうが
いいかなって」





「さすがカイラ・・・」





「んじゃあ
放課後来てって
言ってくる!」





これってよく
漫画で見る三角関係・・・!?





でもカイラは
超美人で性格もいい。





もう結果は
分かった気がした。





「私も早く
自分の気持ち
言えばよかったな・・・」













・*。・ 放課後 ・。*・





「待たせたね~。
帰ろ!」





「あれっカイラ、
告白は?」





「もう終わった」





「早すぎない!?
・・・どうだったの?」





心臓がバクバク
言っているのがわかる。





でももう心から
おめでとうって言おう。





「振られちゃった」





「え・・・」





正直ホッとした
気持ちもあった。





でもその気持ちの中に
カイラが無理なんだから
私は絶対に無理
ということが
分かってしまった。





「他に好きな人が
いるんだって」





「えっそうなの!?」





「誰だろう・・・
でも私は諦めない!」





また心臓が
ドクンと鳴った。





言ってしまおうか。





言って
スッキリしたい。





あの時みたいに
後悔したくない!





「実は私、
レン君のことが
好きなの!」





「え・・・?」





「ずっと
黙っててごめん・・・
カイラに
幸せになってほしい
気持ちもあるんだけど
諦められなくて!」





もう友達辞めると
言われてもいい。





覚悟はできている。





「なんだ・・・
もっと先に言ってよ~!」





「え・・・怒んないの?」





「怒ってるよ!
違う意味で!
もっと正々堂々
戦いたかった!」





「じゃあこれから
ライバルだね・・・!」





「うん!
どっちが付き合えるか
勝負ね!」





それから私達は
レンくんと
仲良くなるように
沢山努力した。





いまでは3人で
仲がいい。





まだ告白は
できてないけど
もう少し
このままでいいかな、
とも思っている。





でも、漫画みたいじゃ
なくても、
こういう三角関係も
いいよね!







*end*

Like

この物語に投票する

足川 結珠が主人公の物語が主人公の物語

NEWS!NEWS!

nicola TVnicola TV

物語募集

「ニコラ学園恋物語」では、ニコ読の
みんなが書いたニコモを主⼈公にした
オリジナルラブストーリーを⼤募集中!

応募する

主人公別 BACK NUMBER主人公別 BACK NUMBER

  • nicola TV
  • 新二コラ恋物語 恋愛小説を大募集!