連続殺人

CAST池端 杏慈池端 杏慈

作者:あいなん

新二コラ学園恋物語新二コラ学園恋物語2022.01.09

・*。・ 1 ・。*・





皆さん、ごきげんよう。
わたくしの名前は
池端アンジと申します。





この二コラ学園中等部に
通っている
2年生でございます。





わたくしの親は、
「コニラ財閥」を治めている
誇りのある方々でございます。





わたくしはその子供して
生まれてきたために、
とても裕福な家庭で
過ごしております。





わたくしの学校は
とても拘束が
厳しいものです。





二コラ学園中等部5か条
1、恋愛禁止
2、ケンカ禁止
3、メイク、ヘアアレンジ、
  私服禁止
4、私語を慎む
5、両親の年収が5000万円
  以下の人は退学





特に5番では、倒産してきた
家族が大変おり、
年に100人は
退学されておりました。





かわいそうな
お方たちですよね。
わたくしとは違って。





先生「では、これから
授業を始めます。
池端さん、挨拶を
お願いいたします」





アンジ「はい。先生。
これから授業を始めます」





先生「ではまず初めに、
今日退学になる方が
いらっしゃいます」





アンジ「誰なんでしょうか」





先生「阿部ここはさん。
いらっしゃい」





ここは「え・・・」





ここは「わたくしですか?
わたくしはこの学年で
2番目に収入が・・・」





先生「いいのです。
アンジさんのお父様が先ほど、
あなたの会社を買収しました」





ここは「アンジさん・・・!」





アンジ「ここはさん・・・」





わたくしとここはさんは
1年生から大変仲が
良かったのですが・・・





アンジ「ここはさん。
わたくしのお父様に
今から連絡してみます」





ここは「ありがとうございます!」





プルルル





??「もしもし」





アンジ「もしもし、お父様?」





??「ああ、お前の父親か、
お前の父親は今、死んだ」





アンジ「え・・・?」





??「俺は殺し屋。
お前の父親は
[阿部株式会社]の依頼により、
殺されることになった」





アンジ「ひどいわよ!
どこにいらっしゃるんですか!?」





ここは「アンジさん・・・」





先生「アンジさん!
今すぐ病院に!」





お父様は・・・
亡くなった。





すぐさま会社が倒産し、
貧乏生活となった。





ここは「アンジさん・・・
ごめん」





アンジ「・・・・・・」





ここは「わたくしのお母様が
頼んだようで・・・」





アンジ「もういいわよ」





ここは「・・・泣」





もう生きたくない。





ドサッ





アナウンサー「きょう未明、
二コラ学園中等部の生徒、
池端アンジさんが
亡くなっているのが
判明しました。
現場によると・・・」





ここは「アンジさん・・・!
なんで亡くなったの!
これからもっと
復讐しようとしてたのに!」





ドンッ





ここは「ちょっと!
痛いわよ!」





??「ここはさん、
ちょっといい?」





ここは「先生! はい!」





グサッ











・*。・ 2 ・。*・





グサッ





??「残念だがおまえにも
死んでもらう」





ここは「う・・・なんで!」





??「いえない」





これでよかったんだ・・・
アンジは間違ってない。





ピンポーン





レン「はーい、ってアンジ!
俺の夢か!?」





アンジ「ちがうの。
私は死んでいない。
あれは偽造ニュース。
ほら、私のうち
金持ちでしょ」





レン「そっか。
てかしゃべり方変わったな。
『おほほ』みたいな
やつじゃない」





アンジ「だって本心は
これだもん」





この人はレン。
幼稚園と小学校が一緒だった。
親が倒産したため、退学した。





レン「で、何の用」





アンジ「えっと・・・
ここに住ませてほしいの!」





レン「は!? お前
自分のうちあんじゃん。
こんなぼろ屋敷で
住む必要ねーじゃん」





アンジ「お父様が死んだのは本当。
お母さんは信じられなくて
病んでる」





レン「・・・いいよ」





アンジ「ありがとう!」





私は死んだことに
なっているため、
学校に通わず、
とにかく勉強をしていた。





こんなことになるとは
思わず。













・*。・ ある日 ・。*・





ピンポーン





レン「ごめん、アンジでて!」





アンジ「こんにち・・・」





??「ニュース見たか。
ここはは死んだ」











・*。・ 3 ・。*・





??「ここはは死んだ」





??「私は殺し屋」





アンジ「どういうことですか・・・?」





??「簡単に言うと、
ここはがあなたを殺そうと
私に頼んだ」





??「私のおきては、
相手も殺すこと。
だからここはを殺した後、
お前も殺す」





アンジ「そ、そんな・・・」





人生めちゃくちゃ。
もう嫌だ。





アナウンサー「速報です。
先ほど○○○住宅街の屋上で、
倒れている女子生徒がいるとの
通報が入りました。
現場では・・・」





アンジ「ちょ、ちょっと待って」





アンジ「あなた
どこかで見たことある・・・」





ここは「私はそんなの
気にしない。
あなたを殺す」





ドッドッ





近寄ってくる。





レン「アンジー
手づだってー」





アンジ「レン! 助け・・・」





アンジ「キャー!」





レン「どうし・・・」





??「お前は誰だ」





レン「内田レンです・・・」





バサッ





りみ「こっちにこい」





アンジ「り、りみ!?」





りみ「テッテレーん!」





ここは「ドッキリ大成功ー!」





アンジ「うわっ!?」





レン「?????????????????」





りみ「ドッキリでしたー!」





ここは「ほら、アンジ!
なんか言うことないの
(レンに)」





そうだ!













・*。・ 1週間前 ・。*・





ここはとりみと私、
3人の時は
自由に話せるの。





ここは「アンジ
好きな人いるのー?」





りみ「私も聞きたい!」





アンジ「んー・・・
レン君(〃▽〃)ホ°ッ」





ここは・りみ「キャー!」





アンジ「もう! やめてよ!」





そんなことがあった。





アンジ「レン君! 好きです!」





レン「ん? ちょっと待って。
まだ何が起こってるのか・・・」





りみ「いいから! 返事は!」





レン「はい!」





ここは「あ、! いった!」





ここは・りみ「いぇーい!」





アンジ「ね、ねえ
あのニュースは?」





ここは「ああ、うちのパパの
偽造のやつ」





りみ「うちのパパ
テレビ会社なの
覚えてないの?」





アンジ「あ・・・そうだった」





私はレン君と
付き合うことになった。





いろいろありすぎて
いまだに理解ができないけど(笑)











*end*

Like

この物語に投票する

池端 杏慈が主人公の物語が主人公の物語

NEWS!NEWS!

nicola TVnicola TV

物語募集

「ニコラ学園恋物語」では、ニコ読の
みんなが書いたニコモを主⼈公にした
オリジナルラブストーリーを⼤募集中!

応募する

主人公別 BACK NUMBER主人公別 BACK NUMBER

  • nicola TV
  • 新二コラ恋物語 恋愛小説を大募集!