クリスマス記念日

CAST高比良 由菜高比良 由菜

作者:あんこ

新二コラ学園恋物語新二コラ学園恋物語2021.12.25

シャンシャンシャンシャン
・*:・・・。*°¨°°・*:・・・*°





ゆなな「あ~あ・・・。
最近クリスマスばっかり~!」





うちはゆなな!!
今はクリスマスシーズン中。





街では、カップルが
イチャイチャイチャイチャ・・・。
なのにうちは図書館で勉強中・・・泣





リミ「しょーがないでしょぅ?!
リア充じゃないひとは
さみしいもんねぇ笑」





こちらは親友のリミ!
1歳年上のコウショウ先輩と
ラブラブです!!
すっごく羨ましい・・・。





リミ「で?
ナオヤとは
どうなってんの?」





ゆなな「何も進展なし・・・
です・・・泣」





そう、恋してない
わけじゃない。
同クラのナオヤが
好きなんです。





リミ「あ、噂をすれば!
ナオヤーーーーーー!!」





ナオヤ「お!! ゆなな! リミ!
お前らも勉強?」





リミ「そーそー!
(早く話しかけな! 小声)」





ゆなな「ナッ・・・
ナオヤも勉強なんだ!?」





ナオヤ「おう!
ちょっと受験が
ヤバイと思ってな苦笑。
ゆなな頭いいだろ?
ここ教えて~!」





ナオヤはうちの近くに
問題集を置いた。





むっ・・・無駄に距離が
近いんですけどッ/////





リミ「あっ!! ごめん
うちもう行かなきゃ!」





フ・リョ「えぇぇ!?ヽ(´Д`;)ノ」





リミ「頑張って!」





リミがうちの耳元でささやいた。





ありがとう! リミ。
うち、頑張るよっ!!





ナオヤ「・・・なぁゆなな?」





ゆなな「ふぇ!?
なっ・・・なに!?」





ナオヤ「お前好きな奴いんの??」





ゆなな「・・・え・・・?」





なんでそんなこと・・・
聞くの?





もしかして・・・
告白のチャンス!?





ゆなな「いっ・・・いるよ!?///」





ナオヤ「へー・・・。
俺の知ってるやつ??」





ゆなな「知らない!!
ナオヤは・・・
知らないよ」





そう。ナオヤは
自分のことを知らない。





かっこいいのに
自分はブサイクってゆう。





ナオヤ「俺さッ・・・
好きな人いるんだよね・・・」





ナオヤ・・・
いるんだ・・・。





ゆなな「へー・・・。
うちの知ってる人??」





ナオヤ「・・・知らない」





ゆなな「やっ・・・やっぱり?
アハハハハ・・・」





急にズキってきた・・・。





ははは・・・
本音言ったって
どうせ振られるだけ
だったじゃん。





ナオヤ「女子ってさ、
男子に何やってもらいたい?」





ゆなな「かっ・・・壁ドン・・・
とかかな? アハハハ・・・」





ナオヤ「こんなふうに?」





ドンッ。
ナオヤが近い・・・////





もう諦めなきゃ
ダメなのにッ・・・。





なんで
ドキドキしちゃうの・・・?





バッ。
私はナオヤを
突き放した。





ゆなな「すっ・・・
好きな人にやったら?」





ナオヤ「今やってたじゃん?」





え・・・?
今なんて・・・
言ったの?





ゆなな「どうゆう・・・意味?
それ・・・」





ナオヤ「お前が好きってこと」





嘘・・・でしょ?





ゆなな「でも、うちが
知らない人って
言ったじゃん!」





ナオヤ「お前、自分のこと
全然わかってねぇもん。
完璧じゃん?
何もかも・・・。
なのに全部否定しちゃうだろ?
お前」





うちとおんなじ理由・・・?





ゆなな「ねぇナオヤ!」





ナオヤ「・・・ん??」





ゆなな「うちらって・・・
似た者同士だね!」





ナオヤ「おう!」





ナオヤと私は
笑いあった。









*。。・☆。。*。。・☆。。・*。。・☆。。*。。・☆。。*





12/26☆・。・:*・





はぁっ・・・はぁっ・・・。





ゆなな「ごめん!! 待った?」





ナオヤ「待ったけど・・・
お前見たら
待ってて良かったって
思えた・・・///」





ドキッ・・・。





ゆなな「あ・・・ありがと・・・」





ナオヤ「あ!
クリスマスプレゼント!!
あげる~!」





ゆなな「え? いいの?
ありが・・・」





CHU





ゆなな「ナオヤって
ずるいっ・・・///」





ナオヤ「そう思うなら・・・
ゆななもやれば? ニヤ」





ゆなな「うっ・・・ううう・・・」





CHU





ナオヤの顔が
真っ赤っかになった。











ねぇナオヤ?
うちね、思うんだ。





ナオヤとなら
幸せな未来が
待ってると思う。





だから・・・
待ってて。
うちが自分から
好きって言えるまで。





言えてない期間が長くても
行動でナオヤを好きって
表すから。





ずっと一緒にいようね?
ナオヤ。











☆・。・:・END☆・。・:・





*ニコ学名作リバイバル*
この作品は過去に投稿された作品を
アレンジしたものです。

Like

この物語に投票する

高比良 由菜が主人公の物語が主人公の物語

NEWS!NEWS!

nicola TVnicola TV

物語募集

「ニコラ学園恋物語」では、ニコ読の
みんなが書いたニコモを主⼈公にした
オリジナルラブストーリーを⼤募集中!

応募する

主人公別 BACK NUMBER主人公別 BACK NUMBER

  • nicola TV
  • 新二コラ恋物語 恋愛小説を大募集!