実らなかった一途な思い

CAST関谷 瑠紀関谷 瑠紀

作者:はるひ

新二コラ学園恋物語新二コラ学園恋物語2021.12.27

私はルキ!
その辺にいる
地味な中学生。





小1から小2は
まだモテてたんだけど。





周りが女子力を
付け始めたのと
私がメガネをかけたせいで
全くモテなくなっちゃった。





私には好きな人がいる。
それは幼なじみのレン。





私は幼稚園の頃から
ずっと彼に一途な
片思いをしている。





私の幼馴染は3人!





レンとずっと仲のいい
オシャレなルミ。





そして、1つ年上の
コウショウ。





この4人組は
ずっと仲がいいの!





でも、正直最近
コウショウはウザイ。





優しいし、
顔もかっこいいんだけど、
ひっつき虫みたいに
ずっと登下校中
ついてくる。





ましてや私が
レンのことを
好きなことまで
バレている。





まぁ恋愛相談
のってもらってるから
偉そうなことは
言えないんだけどね!





ある日、レンに
仲良し4人組で
デートに行かないって
言われた!





実は私ここで
告白するつもりなんだ!





コウショウに
勘づかれないように
頑張る!













*...・・・*...・・・*





そしてデートも終盤。





今日までルミに
協力してもらって
メガネをコンタクトにしたり、
オシャレをしたりして
精一杯頑張ってきた。





ルミにアドバイスされた通り、
2人きりになる場所を作った。





そして





「ずっと前から好きでした。
付き合ってください!」





私は真面目に正直に
思いを伝えた。





でも、レンは
大きな声で
笑うだけだった。





「ルミに全部聞いてたぞ!
いくら可愛く
オシャレしても
地味なことに変わりはねぇ!
そんなやつが俺と
付き合えるわけねぇじゃん。
な、ルミ」





すると、
ルミが出てきて





「当たり前じゃん。
レンとお似合いなのは
私以外いないよ」





と言った。





ルミとレンは
付き合っていたんだ。





ルミは
私がレンのこと
好きだと知ってて・・・





今にも泣いて
逃げ出したくなった。





その時だった。





「うるせぇ!!!」





コウショウが
走ってきた。





「ルキは、今までずっと
お前を一途に思ってきたんだ。
お前なんかにこいつは
もったいねぇ!
ボコる前に帰れ!」

レンとルミは
帰って行った。





私はこんなコウショウを
初めて見た。





「ごめんな。ルキ、
うるさい声出して」





私は、泣きすぎて
首を横にふることしか
出来なかった。





「お前のことが好きだ。
幼稚園の頃からずっと、
俺もお前に一途な
片思いをしてきた。
俺と付き合ってくれ!」





よく考えたら
彼はいつも
私のそばにいてくれた。





「はい」





私は涙ながらに
返事をした。





結果的にレンへの思いは
実らなかったし、





幼馴染の4人組の仲も
壊れた。





でも、大丈夫。





コウショウのことが
好きだから。











*end*

Like

この物語に投票する

関谷 瑠紀が主人公の物語が主人公の物語

NEWS!NEWS!

nicola TVnicola TV

物語募集

「ニコラ学園恋物語」では、ニコ読の
みんなが書いたニコモを主⼈公にした
オリジナルラブストーリーを⼤募集中!

応募する

主人公別 BACK NUMBER主人公別 BACK NUMBER

  • nicola TV
  • 新二コラ恋物語 恋愛小説を大募集!