初恋だったけど・・・

CAST宮本 和奏宮本 和奏

作者:マヌルネコ@

新二コラ学園恋物語新二コラ学園恋物語2021.12.06

私、宮本ワカナ。
あんまり目立たない性格で
人見知り。





でも私には
初恋のヒトがいたから
学校にも行けたんだ。





初恋の人は
内田レン君っていう男の子。





とってもカッコ良くて、
運動も出来るみたいなんだ。





部活には陸上部に
入ってるみたい。





ちなみに私は合唱部。





大きな部屋で活動していて、
窓から見えるのは校庭。





だからレン君が部活を
練習している姿が見えるわけ。





ずっと眺めていられる。













*。・----。・----・。*





私がレン君に恋に落ちた
きっかけは
今からおよそ1年前のこと。





実は私はクラスのみんなから
いじめを受けていた。





クラスのみんなから
無視されるのはもちろん、
教科書に落書きされたり、
時には上履きを隠されたり、
捨てられたりした。





先生に言う
勇気すらなかった。





ある時、突然トイレに
閉じ込められた時は
正直怖かった。





トイレの上から
水をかけられたり、
悪口も言われた。





もうイヤで
泣きそうになった。





その時、





「おいお前ら、
いじめはもうよせ。
可哀想だろ」





誰かが
そう言ってくれた。





その人は
レン君だった。





そして私をトイレから
出してくれた。





「もう大丈夫だよ、
ケガはないか?」





「うん、大丈夫。
ありがとう」





私はその男の子のおかげで
いじめが無くなったんだ。













・*。・ 次の日の放課後 ・。*・





私は合唱で使う楽譜を
教室に置いてきちゃったから
教室に取りに来た。





ガラガラ
(ドアを開ける)





「あ! レン君」





「えっ?
あぁ宮本か。
どうしたの?」





「えっ、あ、あの
合唱で使う楽譜を
取りに来たの」





「あー、そう」





「あ、じゃぁ私
部活あるから行くね」





「うん、頑張れよ」





「ありがとう」













・*。・ その翌日の朝 ・。*・





なんとレン君に
彼女がいるとの噂が
広がってるの。





私信じられなくて
トイレに行こうと
廊下に出たの。





そしたら、レン君と
その隣にいる女の子と
恋人繋ぎをして歩いていたの。





私はショックで
床に座り込んでしまった。













・*。・ 放課後 ・。*・





私は今日の放課後は
委員会の仕事があるから
学校に残らなきゃいけなかった。





掃除をしなきゃ
いけないから、
掃除用具を教室に
取りに行く。





・・・ガラガラ





「あ!」





「また昨日と同じで
会ったね、宮本」





「うん、そうだね(笑)」





“ズキン”。





レン君に彼女がいたことを
思い出すと胸が痛い。





とりあえずお礼を言って
終わらせよう・・・
それでいいんだよね・・・





「あのさ、レン君。
覚えてないかもしれないけど、
1年前の時、
私がいじめられていたのを
助けてくれてありがとう。
本当にありがとう」





「当たり前だろ」





照れ臭そうに言う
彼でした。





私の初恋は
これで終わり。











*end*

Like

この物語に投票する

宮本 和奏が主人公の物語が主人公の物語

NEWS!NEWS!

nicola TVnicola TV

物語募集

「ニコラ学園恋物語」では、ニコ読の
みんなが書いたニコモを主⼈公にした
オリジナルラブストーリーを⼤募集中!

応募する

主人公別 BACK NUMBER主人公別 BACK NUMBER

  • nicola TV
  • 新二コラ恋物語 恋愛小説を大募集!