フラグ通りに行かない恋

CAST林 芽亜里林 芽亜里

作者:きむじゅう

新二コラ学園恋物語新二コラ学園恋物語2021.12.04

こんにちは!
私は、めあり!
ニコ学に通ってる
高1だよ!!





実は私には
悲しい過去がある。
それはね・・・





(中学に戻る)











*・*・*・*・*・*・***
*・*・*・*・***
**





こんにちは!
私は、めあり!





ニコ学に通ってる
中1だよ!!





ある日
私が掃除をしていると、
るわ君と、ヨシトが
私のところに来た。





るわ君は私の席の隣の子で、
最近話があって
仲良くなったの!





それでヨシトは
私の幼馴染。





しょっちゅう私に
絡んでくる。





「お前は鈍感だから
騙しやすいw」





とか言ってから
しょっちゅうだましてくる。





(まぁ騙すって言っても
たいしたことじゃないけどね!)





それでヨシトが、





ヨシト「おいめあり!
るわがお前のこと
好きだって!
付き合っちゃえよ!」





(え・・・???)





るわ君は下を向いている。





教室掃除の子が
みんな私達をみつめてる。





わたしはとっさに





「やだよ!!」





と言った。





だってヨシトがいるんだから
嘘告でしょ??





ほんとあのとき
「はい!」なんて
言わなくてよかった!!





言ってたらどんなに
笑われて
馬鹿にされたことか・・・





でもちょっと残念だった。





るわ君も
そんなことするんだ・・・
私を騙そうと。





まぁ終わったことだから
気にしなくていいよね???





その日の午後の授業で
るわ君に話しかけると、
るわ君はいつものノリでは
なかった。





おかしい・・・





私はヨシトなら
知ってるかもしれないと
ヨシトに聞いてみた。





そしたら、





ヨシト「当たり前だろ。
お前にあんな振られ方
したんだから。
お前ももうちょっと
振り方考えろよ」





と言われた。





え?? あれって・・・
本気だったの??





こんなことがあって
私とるわ君は
話さなくなった。





それから中2、中3と
クラスも別で
全く話さない状況だ。





それで今高1って訳。





実はるわ君と
同じ高校なんだよね・・・





しかも同じクラス・・・
きまずっ。





しかも私はるわ君に
告られて気づいた。





私はるわ君が
好きだということに。





あのときOKしていれば
今どうなってたんだろうとか
いつも考える。





少女漫画とかだったら
あそこのシーンでOKして
ハッピーエンドでしょ?





でも私は違う。





恋ってフラグ通りには
行かないよね・・・













・。・。・。・。・。・。・。・。





そしてある日の席替え。





うわっるわ君と隣だ・・・
どうしよう・・・
何か話さないと・・・





めあり「えっと・・・
よろしくね」





るわ「あっ、うん・・・
よろしく」





きっまず!!
ココハに相談しよ!!





めあり「ココハー!!
助けてー!」





ココハ「めあり!
どうした?!
あ! もしかして
るわ君のこと?」





めあり「うん・・・
実は・・・・・・」





ココハ「だったら
告っちゃいなよ!、
好きなんでしょ?」





(そうだけど・・・
振ったってことになってるのに
気まずいんだよなぁ・・・)





めあり「まぁ考えてみる!
ありがと! ココハ!」













その後ココハは・・・





ココハ「あのっ!
マノカ先生!
お願いがあるのですが・・・」





マノカ先生「??」













・*。・ その日の道徳の授業 ・。*・





マノカ先生「それでは
隣の席の人と仲良くなるために、
お互い質問してみましょう!!」
(キラーン)





(えっー!!!!
話すのー!?)





めあり&るわ「・・・
(沈黙が続く)」





るわ「あのさっ!
中1の時俺告ったよね?!
あのとき・・・ごめん!!
あんなみんなのいる前で
告られても、めありちゃん
嫌だったよね!
本当ごめん!
ずっと謝りたくて・・・」





めあり「いや!! 私こそ!
やだなんて言っちゃって・・・
ごめんね!
実は私、嘘告だと思ってたの!
だからなんか怒っちゃって・・・
本当ごめんね!!」





るわ「え・・・
そうだったの!?
よかった・・・」





るわ「じゃあさ」





るわ「もう1回いい??」





めあり「??」





るわ「めありちゃん、
大好きです。
俺と付き合ってください。
(小声)」





めあり「え・・・?、
!!! はい!!」





マノカ先生&ココハ「やったー!!
(ガッツポーズ)」





ココハ「マノカ先生。
わざわざ授業の時間を使ってまで
協力していただき、
ありがとうございます!!((泣))」





マノカ先生「いいえ!!
それより良かったぁ!
あの2人くっついて!
私達、恋のキューピッドね!/////」





ココハ「ですね!!」





るわ「じゃあ俺の好きなところ
言ってよ(小声)」





めあり「え!? ・・・えっと、、
優しくて・・・一途で・・・
かっこよくて・・・」





るわ「///」





めあり「るわ君は?
めありのどこが好きなの?」





るわ「そういうとこだよ」





めあり「??」





るわ「あざとくて可愛いとこ///
(小声)」





めあり「もう!!」





最初はフラグ通りには
行かなかった恋だけど、





そんな恋も、ありだよね!!











*end*

Like

この物語に投票する

林 芽亜里が主人公の物語が主人公の物語

NEWS!NEWS!

nicola TVnicola TV

物語募集

「ニコラ学園恋物語」では、ニコ読の
みんなが書いたニコモを主⼈公にした
オリジナルラブストーリーを⼤募集中!

応募する

主人公別 BACK NUMBER主人公別 BACK NUMBER

  • nicola TV
  • 新二コラ恋物語 恋愛小説を大募集!