推してる私と推されるおまえ

CAST阿部 ここは阿部 ここは

作者:れんか

新二コラ学園恋物語新二コラ学園恋物語2021.11.08

ココハ「部活ー部活!!」





あ、どうも!
中3のバスケ部の
ココハです。





実は私。
同じ部活の男バスに
推しがいるんです。





男バスの中では
そんな身長が高いわけでは
ないんだけど
とにかく顔面がどタイプ。





それは





ナオヤ「よっ。ココハ。
なにしてんの?
部活早く行こうよ」





このナオヤ。





同い年で
幼稚園からずっと
一緒の幼なじみ。





いつのまにか
好きになってました。





でもね。





なんかナオヤには
噂があって。





それが。





アイドルやってるって。





ほんとにびっくりした。





だってそんなこと
聞いたことなかったもん。





ずっとずっと気になってて
今日聞いてみようかと思った。





それが何日も続いて
聞けなかった。





でも今日は聞く。





そう決めた。





ココハ「ねえ。ナオヤ」





ナオヤ「ん?」





ココハ「ナオヤの噂知ってる?」





ナオヤ「あーアイドルしてるっての?」





ココハ「それほんとなの?
ほんとだったら
なんで教えてくれないの」





ナオヤ「ん。ほんとかな」





ココハ「じゃあなんで
教えてくれなかったの?」





ついいらだって
言ってしまう。





ナオヤ「ココハ1番
分かってるじゃん。
ココハもちょっと前まで
芸能活動してた。
でもあることがあってやめた。
俺が芸能活動してるって知ったら
心配するじゃん」





そう。





ココハはずっと
小学生の時から
モデルの仕事をしていた。





でもずっと一緒に
活動してた子から
急に突き放された。





それが原因でやめた。





それを1番に
心配してくれたのは
ナオヤだった。





ココハ「でも言って欲しかっ・・・」





温かいもので包まれた。





ナオヤの体が
ココハを包んだ。





ココハ「えっ?」





ナオヤ「俺はお前がずっと
心配だったんだよ。
俺はお前を追いかけて
事務所に入った。
今将来の夢は
デビューすることになった。
俺はココハに応援して欲しい。
ずっとそばにいて欲しい」





ココハ「うん」





ナオヤ「俺と付き合ってくんない?」





ココハ「え? いいの?」





ナオヤ「お前以外に
隣にいるのを
想像できない」





ココハ「嬉しい。
お願いします」





恋がかなった瞬間。





こんなにも幸せなんだ。





これからはナオヤの秘密の
彼女 兼 ナオヤ担として
支えていく存在になっていきます。











~END~

Like

この物語に投票する

阿部 ここはが主人公の物語が主人公の物語

NEWS!NEWS!

nicola TVnicola TV

物語募集

「ニコラ学園恋物語」では、ニコ読の
みんなが書いたニコモを主⼈公にした
オリジナルラブストーリーを⼤募集中!

応募する

主人公別 BACK NUMBER主人公別 BACK NUMBER

  • nicola TV
  • 新二コラ恋物語 恋愛小説を大募集!