遊園地で君と。

CAST田中 南田中 南

作者:みなな

新二コラ学園恋物語新二コラ学園恋物語2021.10.19

こんにちは。私、ミナミ!
好きな人がいます///





?「誰が好きなの?」





ミナミ「ハアト君!
って言わせないでよ!」





あ、私はちょっと変わった
ペットを飼っているんです。





その名もラスカル!





私の心の声を読めるし、
喋れるアライグマなんです!





というのは置いといて、
もう学校の時間だぁ~





学校に向かわないと!













・*。・ 学校 ・。*・





ミナミ「みんなおはよー!」





リミ「ミナミおはよっ!」





ルキ「おはよー!!」





この子達は私の親友の
リミとルキ!





ハアト「おっミナミ
おはよーさん!」





ハアト君だ!





レン「おはよ」





こいつはレン!
幼馴染!





レオン「ミナミちゃん
おはよう」





この人はレオン君!
学校一のモテ男!
リミと付き合ってるんだ!





この6人が
イツメンなんだっ!





リミとレオン君が
付き合ってて、
ルキはレン君のことが好きで、
私はハアト君のことが好きなんだ~。





レオン「もうチャイムなるよ!
みんな座って~」





みんなが席に座って
チャイムが鳴った。





先生「はぁーい
授業始めますよ」





そして、
授業が始まった。













・*。・ 授業後 ・。*・





リミ「みんな~
明日学校休みじゃん?
みんなで遊園地行こうよ!」





ミナミ「いいね!」





ハアト「俺も行きたい!」





レオン「いこーぜー!
ルキちゃんと
レンもいいよな?」





ルキ&レン「もちろん!」





リミ「じゃあ放課後に
話そっか!」













・*。・ 放課後 ・。*・





ルキ「明日どーするのー?」





リミ「ニコ遊園地はどう?」





みんな「いいね!」





リミ「じゃあ決まり~!」





ミナミ「時間は?
10時からでいいかな?」





みんな「OK!!」





と言うことで、
私たち6人は遊園地に
行くことになった。













・*。・ 翌日 ・。*・





ミナミ「お洋服どうしよ~
可愛い服がいいな~」





ラスカル「遊園地だから
動きやすい服装が
いいんじゃない?
それに可愛い服か~
白オーバーオールに
袖がフリルの服とかは?」





ミナミ「ラスカルないすぅ!
めっちゃいい! どう?」





ラスカル「可愛いよ~」





ミナミ「じゃあ
この服で行こ~!」





ラスカル「じゃあ
いってらっしゃい~
今日は暑いから
帽子を忘れないでね~」





ミナミ「わかってるって!
じゃあいってきまーす!」





ラスカル「いってらっしゃーい~」













・*。・ 遊園地 ・。*・





ハアト(みんなまだかな~)





ミナミ「あっハアト!
まだみんな来てないんだね~」





ハアト「ミナミおはよう。
だってまだ待ち合わせ時間の
10分前だもん」





ミナミ「ほんとだ!笑」





ハアト君
かっこいいな~。





ハアト(ミナミ
やっぱ可愛いな~)





ハアト「み、ミナミ、
ジェットコースターとか、
好き?」





ミナミ「ジェットコースター
苦手なんだよね~
ハアトは?」





ハアト「めっちゃ苦手!笑笑」





ミナミ「あはは!
まじ?
得意そうに見える」





ハアト「それどう言う意味~?笑」





リミ&レオン「やほ!」





リミ「まった~?」





ハアト「いや俺らが早く
来すぎただけ笑」





レオン「それなら良かった。
ルキとレンは?」





ミナミ「あっ今来たよ!」





ルキ&レン「遅れてごめん~」





リミ「私も今来たばっかりだから
大丈夫!」





ミナミ「じゃあチケット
買いに行こっか」













・*。・ ジェットコースター前 ・。*・





リミ「みんな~
ジェットコースター
のらない?」





ルキ&レン&レオン「いいよー!」





ミナミ「ごめん! 私
ジェットコースター苦手で、、、」





ハアト「俺も!」





リミ「じゃあうちらで
ジェットコースター
乗ってくるから
2人は観覧車へGO!!」





ミナミ「えっわかった」





そしてリミは
私にウインクをして
行ってしまった。





ハアト「どうする?」





ミナミ「観覧車、、行く?」





ハアト「良いけど、、、」





ミナミ「けど?」





ハアト「なんでもない!
行こ!」





ミナミ「いいよー!」





そして、私はハアトと
2人きりで観覧車に
乗ることになってしまった。





遊園地の人「2人ですか?
なら、このハート形観覧車が
おすすめですよ~」





ミナミ「あ、えっと、
いや、付き合ってるわけでは、、
ない、、」





遊園地の人「すみません、
もう1回言ってもらっても
いいですか?」





私の声が小さくて
聞こえなかったようだ。





ミナミ「あの、私たち、」





遊園地の人「あっハート形観覧車
ちょうど来ましたよ~
どうぞ、お乗りください~」





私が言いかけたところで
観覧車が来てしまった。





ミナミ「あっすいません
ありがとうございます」





そして、2人で
ハート形観覧車に
乗ってしまった。





ニコ遊園地では、恋人どうしで
ハート形観覧車に乗ると
ずっと一緒にいられるという
噂があるんだ。





といっても私とハアトは
恋人どうしではないけど、、、





ハアト「ミナミ」





ミナミ「はひ!?」





ハアト「俺、ミナミのこと好き。
付き合ってください!」





ミナミ「ほんと?
よろこんで!
私もハアトのこと好き。
大好き」





ハアト「まじ?」





ミナミ「まじ!」





ハアト「はぁぁぁ緊張したぁ~
まじで観覧車の中で振られたら
どうしようかと思ったけど
こんな2人きりのチャンス
もうないと思ったから、、」





ミナミ「告白してきてくれて
ありがとう/////」





ハアト「うん/////」





ミナミ「この観覧車乗って
良かったね!」





ハアト「ずっと一緒に
いられるね/////」





ミナミ「うん!」





そうして、観覧車が
地上に戻ってきた。





観覧車の下には
リミ達が待っていた。





リミ「おめでとー!!!」





ミナミ「なんで知ってるのー?」





リミ「ラスカルが教えてくれた」





ミナミ「えーー
ラスカルったらーー」





リミ「まぁまぁ、2人とも
おめでとう!」





ハアト&ミナミ「ありがとう」





リミ「でもまだ、、、」





レオン「なんか言いたい人、
いるよねーーー?」





ルキ&レン「/////」





ミナミ「レン!
もじもじしてないで
言っちゃいなよ!」





レン「ルっルキ!
好きだ!
付き合ってください!」





ルキ「私も好き!」





そうして、みんな
好きな人と結ばれて、
幸せになりました/////





あとから聞いたところ、
リミがラスカルと
計画を練ってくれてたんだって!





遊園地、一生の思い出に
なりそうです。







*end*

Like

この物語に投票する

田中 南が主人公の物語が主人公の物語

NEWS!NEWS!

nicola TVnicola TV

物語募集

「ニコラ学園恋物語」では、ニコ読の
みんなが書いたニコモを主⼈公にした
オリジナルラブストーリーを⼤募集中!

応募する

主人公別 BACK NUMBER主人公別 BACK NUMBER

  • nicola TV
  • 新二コラ恋物語 恋愛小説を大募集!