妄想の世界。

CAST髙橋 快空髙橋 快空

作者:りっぴ

新二コラ学園恋物語新二コラ学園恋物語2021.09.12

こんにちは!
わたしはカイラ。
学校では、
ごくフツーの中学生。





でも・・・、
秘密があるの。





実は、大人気小説家、
『RAIKA』なの。





学校の図書室にも
わたしの本は並んでいる。
みんなに大人気なんだ。





中学校に行きながらの
小説家は大変だけど、
楽しいから、好きなんだ。





あっあと、ここだけの話!
実は、ルワくんが好き・・・
なんだ/////













・*。・ ある日の放課後 ・。*・





わたしはいつもどおり
小説を書いていた。





ヒロインのリミちゃんが、
コウショウくんを
好きになるお話。





『わたしは、やっぱり
コウショウくんが好きっ!
よし・・・
明日告白、する・・・!』





クライマックスというか。
この巻で1番大事なところ。





『コウショウくん・・・!
好きです!』





ドキドキドキドキ・・・





『・・・ごめんなさい』





『あっ・・・』





1回は振られちゃうんだ。





でも、それはコウショウくんが
サッカーに熱中したいから。





あとあと、
コウショウくんから
告白するってこと。





『うっ、うっ・・・
家で、たくさん泣く。
振られちゃったんだ、
わたし・・・』





リミちゃん、
ショック受けてるシーン。





この巻は、
ここでおしまい!





次巻に続く!





・・・と、ここまでは、
小説家としての。





だけど・・・
ここからは、妄想の小説。





この時間が至福/////
妄想の世界では、
ルワくんに告白されてるの/////













☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆





ルワ「カイラ!
好きです、
付き合ってください」





カイラ「えっ・・・
はっ、はいっ!」





ルワくんに
バックハグされる。





ルワ「大好き」





カイラ「わたしも!」

















☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆





んー・・・
妄想女子だよなぁ。





こうして妄想の世界を
書いてること知られたら、
いたい女子認定されるよなぁ・・・





でも、この妄想力のおかげで、
小説がかけるんだから。





続きは・・・えっと・・・
次の日から
かわれることにしよう。













☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆





次の日。





(妄想の世界)





男子「おいっ、ルワ?
カイラと
付き合い始めたって
ホントかよ?」





ルワ「おう、ホント。
告ったんだー」





カイラ(うわー、そっか、
付き合ってるんだよね。
実感湧いてきたー/////)





ユズ「えっ? カイラ、
あれ、ホント!?!?
えー、おめでとー!!」





カイラ「ありがと、ユズ!」





ココハ「えっ、やば!!
カイラ、両思いだったんだ!
しかも告られたって・・・」





カイラ「えへへ~」





ココハ「おめでと!!
カップル誕生/////」





カイラ「やめてよー、
照れるじゃん!」













☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆





うん、いい感じー//////////





毎日毎日ちょっとずつ
書くのがいいよねっ/////





今日はここまで!
あっ、ちなみに、
ユズとココハは大親友だよ!













☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆





次の日・・・(現実)





先生「さようなら!」





生徒「さようならー」





今日は全部活が
休みみたい。





なんか、先生が会議?
するんだって。





みんなが一斉に
教室を出る。





ココハ「カイラー、
ユズー、帰ろー」





ルワ「カイラ、
ちょっといい?」





同時に言われた。





ココハは
いつもどおりだけど・・・
ルワくんは?





カイラ「ごめん、
ちょっと待ってて!」





ココハに言って、
ルワくんについていった。





カイラ「うん、いいよー。
どうしたの?」





ルワ「うん・・・、
ちょっとね」





人通りの少ないところへ行く。





ルワ「カイラ!
好きです、
付き合ってください」





カイラ「えっ・・・?
は、はい!」





バックハグされた。





ドキドキドキドキ・・・





ルワ「大好き」





カイラ「わたしも・・・!」





ドキドキ!





やった・・・/////













☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆





家に帰っても
興奮はやまなかった。





でも、ルーティーンは
くずさない。





まずは仕事!





ぱぱっとあとがきを
仕上げて。





ていねいに保存。





わたしは子供だから、
締切になれば
編集部さんが
取りに来てくれるんだ。





よし、明日からは
趣味だけ。
妄想だけを楽しめる!!





まず、前までを読み返す。





そして、書こうと
したんだけど・・・





・・・あれっ?





昨日書いた内容、
今日現実で
起こったことと同じ・・・?





今日、告白されて・・・
バックハグもされた。





同じ・・・





じゃあ、明日は、
クラス中に広まるのかな。





妄想だし、理想の世界を
書いてるから、
現実になるなら
嬉しい限りだけど・・・













☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆





次の日。





放課後・・・・・・





同じだった。





書いたことと。
全く同じ。





ルワに言ってみると、
偶然でしょって。





でも、偶然なのかな。





・・・ラッキー!





これから、自由に
この世の中を操れるってこと?





書いた。
幸せになれることを。













・*。・ 1週間後 ・。*・





この世の中を楽しめない。





全てがわかっている。





ずっと、
ドキドキ感がない。





・・・やめることに、した。





それは、妄想の世界を
書くことを。





幸せな時間だと
思っていた。





ルワくんと両思いと、
分かるまでは。





ルワくんと
付き合うまでは。





だけど・・・
今は現実が充実している。





妄想の世界に行く必要が、
なくなったんだ。













☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆





クイズ!





あのあと、
どうなったでしょうか?





・・・わたしは、人生はやっぱり、
はじめから分かっているものだと
楽しめないなぁってわかったの。





だから、妄想の世界を
書くことはなくなったよ。





だけどね、
妄想の世界より
現実の世界のほうが
充実してるんだ。





ルワくんとは
相変わらず・・・/////





友達とも
いい感じに楽しいし。





ね? 現実も、
なかなかいいもんだよ。







*end*

Like

この物語に投票する

髙橋 快空が主人公の物語が主人公の物語

NEWS!NEWS!

nicola TVnicola TV

物語募集

「ニコラ学園恋物語」では、ニコ読の
みんなが書いたニコモを主⼈公にした
オリジナルラブストーリーを⼤募集中!

応募する

主人公別 BACK NUMBER主人公別 BACK NUMBER

  • nicola TV
  • 新二コラ恋物語 恋愛小説を大募集!